日下部恭平『くーやんの「今」、これを買え!』第121回

どうも~!


先週末はMOCSでしたね!


《精神を刻む者、ジェイス》を狩るためにジャンドを選択したプレイヤーが多く、それを読み切ったメインから《神聖の力線》4枚入りのButakov選手のボーグルが優勝とモダンのメタゲームの面白さを再確認した週末でした!


さらについに『マスターズ25th』のカードリストが公開されました!


満を持して再録されるカードや「再録されると思っていたのに!!?」と一喜一憂した方も多いと思います。


というわけで今週もいってみましょう!


 





《闇の腹心/Dark Confidant》


korekae121 01.jpg


一時期は再録に加えてモダン、レガシー共に使うデッキが減少しかなりお手頃な値段で取引されていましたがここに来て再評価され、需要が供給を上回っています。
『マスターズ25th』に再録されないことが決まったので既に海外ではかなり高くなってきています。
日本の方がまだ安く手に入りますよ!
もし買おうか迷っている人がいたら早めに買っておけ!!!!


 





《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》


korekae121 02.jpg


レガシー、モダン共にどうしても《ヴェールのリリアナ》が優先されがちでしたが最近ではこちらが優先されることもあるくらい活躍しているカードですね。
さらにPWルール変更後《ヴェールのリリアナ》と併用出来ることもあってさらに活躍の場を広げています。
下の環境でも需要のあるPWは再録が無い限り上がり続けるのが常なので気になっている人は早めに買っておけ!!!
『異界月』は他にも《約束された終末、エムラクール》《無私の霊魂》《異端聖戦士、サリア》《集団的蛮行》《騒乱の歓楽者》《異界の進化》《残忍な剥ぎ取り》《呪文捕らえ》など下の環境で使い今後高騰する可能性のカードも多いのでもしかして今買うべきなのは『異界月』のPack/BOXなのかも知れませんね(笑)


 





《魔の魅惑/Aluren》


korekae121 04.jpg


《帝国の徴募兵》再録記念とでも言いましょうか(笑)
やはり手に入れてみると使ってみたくなるもの、最近ではアルーレンコンボと言えばBUGカラーの物が主流で懐かしの《帝国の徴募兵》入りのコンボは見かけなくなりましたがもしかしたら《帝国の徴募兵》が出回ることによって再度赤入りの研究が進むかも!?
僕は常々言っていますがもしも《The Tabernacle at Pendrell Vale》が5000円前後のカードだったならもっと前からLandsデッキの研究はされていただろうと思っていて、アルーレンデッキも同じような可能性はありますね。
《魔の魅惑》は再録禁止カードでもあるので取り返しのつかないことになる可能性はあります。気になっている人は揃えておけ!!!


 





《秘教の十字軍/Mystic Crusader》


korekae121 03.jpg


『オデッセイ』の所謂残念レアですが・・・最近MOでDeath&Taxes系のデッキがちょくちょく出してきます。
トップメタであるグリクシスデルバーの《グルマグのアンコウ》を止めつつ《稲妻》と《致命的な一押し》が効かない上にスレッショルドすると《墓忍び》までガッチリとキャッチと言うまさにメタの産物で採用されだした生物!!
もしかすると本当に採用がメジャーな物になれば少しは値上がるかも!?
持っていなければ安いうちに揃えておけ!!!


 





実は海外で高いカード



《ドラゴンの門/Dragon Arch》


korekae121 05.jpg


『アポカリプス』に収録されているコスト踏み倒しカードですね。
《流転の護符》しかり海外の方はとにかく踏み倒すのが好きなようです(笑)
日本では見向きもされていませんでしたが気が付けば6ドル前後まで・・・
ちなみにFOILになれば20ドルまで上がっちゃいます!
カジュアルカード恐るべし!!



それでは今週はここまで!


また次回お会いしましょう!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑記事で書かれているカードはこちらのページでご購入いただけます↑↑

カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0