岩SHOW マジック:ザ・ギャザリング『基本セット2019』プレビュー

text by 岩SHOW


 『ドミナリア』は長年マジックに触れているプレイヤーにとっては、まさしく旧友との再会であった。「懐かしい」と思わせる要素を持ったカードが満載!新カードで過去を思い出させるなんて、カードデザイナー達はまさしく魔術師だ。

多くのプレイヤーに愛される『ドミナリア』に続くセットは、これまたお久しぶりな基本セットの最新版だ。『基本セット2019』は『マジック・オリジン』以来の基本セットとなる。そんな最新セット収録カードの中から今回BIG MAGICがご紹介するのは...『ドミナリア』で郷愁に浸ったプレイヤーにとってはこれもまた「懐かしい1枚」になるんじゃないかな?再録カードの登場だ!












0619_Magistrates_Scepter_JP-1.png


《市長の笏/Magistrate's Scepter》③
アーティファクト


④,T:市長の笏の上に蓄積(charge)カウンターを1個置く。
T,市長の笏から蓄積カウンターを3個取り除く:あなたはこのターンに続いて、追加の1ターンを行う。




 シブイなぁ!『メルカディアン・マスクス』より《市長の笏》が再録だ。追加ターンを得られるけども、そのプロセスは決して楽じゃない...マジック黎明期より存在し続ける、クセの強い追加ターン系アーティファクトの系譜に名を連ねる1枚だ。


 3回タップして蓄積カウンターを貯めたら、ようやくそれらを消費して追加ターンが1ターン得られる。この額面のまま用いるにはやや悠長。なので、どうにかして速度アップを狙いたい。


現スタンダードには、アーティファクトをアンタップする手段がそれなりにある。それらの中で最もインパクトが大きいのは《パラドックス装置》である(BIG MAGIC所属のプロプレイヤーにこのカードについてのツイートばかりしている人がいるね!)。


《パラドックス装置》と十分なマナを生み出すクリーチャー&アーティファクト、カードをドローする手段を併せれば...大量に得たマナで何度も何度も追加ターンを得ることだって可能だ!...いや、オーバーキルなのはわかっている。それでもやってみたくなる、そんなロマンがこのカードにはあるんだって!


 かつてこのカードがスタンダード現役だったころ、なんとか追加ターンを得られないかと色々と考えたものである。その時は《通電式キー》くらいしか選択肢がなかったが、今の時代はその後継機《通電式召使い》をはじめとし、《砂時計の侍臣》に《劇的な逆転》に《時を曲げる者、テフェリー》に...色々とやれそうなカードは揃っている。


スタンダードでは厳しそうでも、ブロールであれば思っているよりも簡単に永遠のターンを得られるかもしれない。遊び道具が増えるのは良いことだ。懐かしいカードがまだ見ぬ新カードとコンボする可能性、基本セットにはそういう魅力も溢れている。『基本セット2019』は7月13日(金)発売予定!お買い求めは是非、BIG MAGICで!


 


マジック:ザ・ギャザリング『基本セット2019』Bigweb特設サイトに戻る


マジック:ザ・ギャザリング『基本セット2019』Bigweb特設サイト


↑↑現在BigwebにてMTG『基本セット2019』予約受付中です!!予約特典あり!!↑↑

カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑


この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0