BIGs加入インタビュー:矢田 和樹 ~プレイで語る! 画面の向こう側の存在へ~

By Riku Imaizumi


大型の大会に参加すれば、BIG MAGICのユニフォームを着たプレイヤーを見たことがあるとだろう。
彼らはBIG MAGICがユニフォーム契約を結んでいる、BIGsというプレイヤーたちだ。グランプリ京都2019でトップ4に入賞した加藤 健介や、グランプリ千葉2019を優勝した中道 大輔などが所属している。2019年だけでもしっかりとタイトルを獲得しており、これからも活躍が期待されている。


マジック・フェスト名古屋が開催された、2019年11月。プロ制度や競技イベントのあり様が大きく変貌を遂げる中、BIG MAGICはBIGsに新たなメンバーを迎えることに決定した。その数、総勢6名。


本記事では、そのうちの1名、矢田 和樹(ヤダ カズキ)について紹介する。
マジック・フェスト名古屋2019の会場で、インタビューを受けてもらった。


矢田 (265).JPG




矢田 和樹について


――まずは、プロフィールとして在住地域、良く行くお店、それからマジック歴について教えてください。


矢田「神奈川県在住、良く行くお店は晴れる屋です。マジック歴は、『ラヴニカへの回帰』からなので......7、8年ですね」


――どのような経緯でマジックを始めましたか?


矢田「大学のサークルで、先輩たちから誘われたんです。しばらくブースタードラフトだけやっていたんですけど、レアも集まってきたので構築をやろうかと手を出し始めてのめりこんでいきました(笑)」


――一気にハマったわけではなく、だんだん始めていったんですね。


矢田 (281).JPG


矢田「はい、ちょうどニコ生でプロツアーの放送をやっていたというのも大きいですね。市川 ユウキ(Cygames所属プロ)さんや三原 槙仁(プロツアー殿堂入りプレイヤー)さんのプレイを見て、こういう世界もあるんだ、と憧れを抱きました」


――では、競技マジックに臨むきっかけもそこからですか?


矢田「そうですね。プロツアーを見て、レベルの高いプレイが繰り出されていることや、プロという世界に憧れたのがきっかけです。『ドラゴンの迷路』の次......『テーロス』くらいから競技マジックを始めました」


――主な戦績を教えてください。


矢田「グランプリトップ8が3回(2016年東京、2017年京都、2019年台北)です。グランプリ京都の時、スイスラウンド最終戦でウィリアム・ジェンセンと当たって、両者が緑多色のデッキだったんですけど、お互いで卓内のレアを分け合ったんじゃないかってくらいの派手なゲームをしたことが印象的です。
ウィリアム・ジェンセンは憧れのプレイヤーだったので、嬉しかったですね」


――ウィリアム・ジェンセンが好きだったんですね。


矢田「チーム"桃園の誓い"のオーウェン・ターテンワルド、リード・デューク、ウィリアム・ジェンセンの三人が昔から好きなんです。全員紳士的で、かつ安定した成績を残しているところに憧れますね」


競技マジックや、プロ・プレイヤーの活躍に興味を持つ人に向けて


――競技マジックをやっている人の中には、なかなか勝ちきれなくて悩んでいる人がいると思います。他にも、競技マジックに興味があっても参入しにくいと感じている人もいると思います。そういった人々に向けて「競技マジックのこういうところが良かった」と思えた瞬間を教えてください。


矢田 (287).JPG


矢田「カバレージをとってもらったり、有名プレイヤーと当たった瞬間が良かったと思いますね。やっぱり自分の名前と写真が掲載されて記事になるのは嬉しいです。
競技マジックを始めたきっかけが生放送だったので、画面の向こう側の存在だった人たちとプレイができるのが良いですね」


――矢田さんのカバレージには、どんなものがありますか?


矢田「グランプリ京都グランプリ東京、それからPTQ(プロツアー予選)トップ8の時です。やっぱりウィリアム・ジェンセンとのカバレージが印象的で、プレイヤー仲間に評判なだけではなく、マジック関係ない友人にも受けが良いです(笑)」


――今後スポンサードプレイヤーとして活動するにあたり、何か意識したいことはありますか?


矢田「プレイで語ります


――かっこいい......!


矢田「やっぱり、上手いプレイ、ベストなプレイを見せたいです」




プレイで語る。今後スポンサードプレイヤーとして活動していくにあたり、矢田はそう口にした。


プロツアーの生放送で憧れを抱いて競技マジックに参入した彼にとって、言葉は不要なものなのだろう。マジック・プレイヤーとして重要なものはプレイにある。その姿勢がスポンサードに繋がった。


画面の向こう側の存在へ、今後は矢田がなっていく。彼のプレイは、あらゆるプレイヤーに憧憬を与えてくれるだろう。


矢田 (268).JPG



マジックフェスト・名古屋2019 サイドイベントカバレージページ


マジックフェスト・名古屋2019 TOPページ

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0