BIGs加入インタビュー:仲田 涼 ~「みんなといっしょ」の真意~

By Riku Imaizumi


大型の大会に参加すれば、BIG MAGICのユニフォームを着たプレイヤーを見たことがあるとだろう。
彼らはBIG MAGICとユニフォーム契約を結んでいる、BIGsというプレイヤーたちだ。グランプリ京都2019でトップ4に入賞した加藤 健介や、グランプリ千葉2019を優勝した中道 大輔などが所属している。2019年だけでもしっかりとタイトルを獲得しており、これからも活躍が期待されている。


マジック・フェスト名古屋が開催された、2019年11月。プロ制度や競技イベントのあり様が大きく変貌を遂げる中、BIG MAGICはBIGsに新たなメンバーを迎えることに決定した。その数、総勢6名。


本記事では、そのうちの1名、仲田 涼(ナカダ リョウ)について紹介する。
マジック・フェスト名古屋2019の会場で、インタビューを受けてもらった。


仲田 (351).JPG




仲田 涼について


――まずは、プロフィールとして在住地域、良く行くお店、それからマジック歴について教えてください。


仲田「在住地域は神奈川県で、良く行くお店は......最近はMINT横浜店です。マジック歴は、18年くらいですね。『ネメシス』の頃からプレイしていました」


仲田 (331).JPG


――どのようなきっかけでマジックを始めましたか?


仲田「もともと他のカードゲームをやっていたんですが、小学校の時に友人がマジックをしているのを見て触発されたんです。やってみたら面白かったですね」


――主な戦績や、それに関したエピソードを教えてください。


仲田「グランプリ静岡2014優勝です。その時、決勝が高尾 翔太さん(ジョニーのお店所属プロ)だったんですけど、決勝ラウンドの前に対戦して、負けていたんです。その上で勝利して優勝できたのが良かったです」


18年間、マジックをやり続けていた


――さきほどマジック歴18年と仰られていましたが、長いですね。休止期間はないんですか?


仲田「ずっとやっていますね。半年くらいやってなかった時期はあるかもしれませんけど、1年間やらないようなことはありませんでした」


――すごいと思います。他の人に話を聞くと1年間くらいの休止なんて良く聞くんですが、続けられるような環境だったということですか?


仲田「いや、そういうわけじゃないんです。高校の頃なんか、同級生でマジックをプレイする人なんていませんでしたし」


――18年間自分のモチベーションだけで続いている、ということですか?


仲田「モチベだけ......だったかもしれませんね。とはいっても、プレイする人がいなかったわけではないんです。中学時代は部活仲間と、高校時代にはカードショップの人たちとプレイしていました。大学時代にはPWC(関東の草の根大会)に出たくてプレイしていましたね」


――カードショップにはいつも友人がいたんですね


仲田「はい、最近はほとんどカードショップに行かなくなったんですが、グランプリ静岡で優勝するまでは通っていたお店がありました。」


――優勝するまで、ですか。なにか変化があったんですか?


仲田「優勝した次の年、神奈川から出ていたんですよ」


――では、その間はマジック・オンラインをプレイしていたんですか?


仲田「マジック・オンラインはやってないんです。アリーナを始めたのも今年ですね。僕、紙が好きなんですよ。わかります? あの遊ぶ感じ(笑)」


――わかります(笑)。


仲田「カードショップに行かなくなったのは3、4年前くらいからですね。仕事が忙しくなってお店にはいかなくなりました」


――カードショップには行かない、オンラインでプレイもしない......のに、休止せずに続けられたんですか?


仲田「そうですね。僕、学生時代にグランプリ優勝したんですけど、それからさらに勝ちたいと思うようになったんですよ。でも、学生だったのでお金がなかったんですよね。社会人になるとお金が得られるようになったので、色々なデッキを組めるようになったのが続いた理由ですかね。
忙しい時期でも土日は時間をとれたので、コミュニティの中で色々と話ができたのが良かったです」


――お話しを聞いていると、モチベーションを保っていたと表現すると語弊がありそうですね。


仲田「そうですね。もともとカードゲームがすごく好きなので、モチベをーション保っていたというよりは......好きだからずっと続いていた、という感じです」


――なるほど。競技マジックに臨むことになったきっかけはなんですか?


仲田「グランプリを優勝してプロツアーに参加した時、レベルが高くて驚いたのが大きいですかね。あと、もともと強い人に勝ちたくてカードゲームをしているので」


――そう考えると、最初から競技志向だった、ということですか?


仲田「そうですね。そういう意味では、昔からあまり変わっていませんね。強い人に勝ちたいし、勝てると嬉しい


競技マジックや、プロ・プレイヤーの活躍に興味を持つ人に向けて


――競技マジックをやっている人の中には、なかなか勝ちきれなくて悩んでいる人がいると思います。他にも、競技マジックに興味があっても参入しにくいと感じている人もいると思います。そういった人々に向けて「競技マジックのこういうところが良かった」と思えた瞬間を教えてください。


仲田「強い人と対戦できること。それに興味を持つ人ならば、競技マジックはぴったりだと思います。
最近だと、ストリーマーとして市川ユウキさんや行弘賢さんが有名です。そういうプレイヤーに憧れる人でも、実際に彼らと対戦できることは十分な魅力なんじゃないでしょうか。


あと、対戦することによってお話しもできるじゃないですか。リアルで話せることは良いことですよね」


――仲田さんも、以前に強いプレイヤーと当たって嬉しかったことはありますか?


仲田「僕はあまりミーハー感を出したくないので、当たっても口に出さないようにしています。でも、心の中で"良し!"なんて思ってたりしますね(笑)」


――今後スポンサードプレイヤーとして活動するにあたり、何か意識したいことはありますか?


仲田 (337).JPG


仲田「あまり気負わない感じでやっていこうと思います。というのも、気軽に声をかけて欲しいと思っているからです。
僕もすごい人というわけではないんです。他の方々でも、勝っていればいずれ認知度が上がります。そうすると(こうして企業から)声をかけられるんです。僕もその1人だった、という認識です。そういう意味ではみんなといっしょなので、気軽に声をかけてほしいですね」


――というと、仲田さんの中で認知度が上がったと感じた瞬間があったんですか?


仲田「実はグランプリ優勝以外はあまり目立った成績ないんですよね(笑)。でも、もともとPWCにたくさん出場していた時は、全然知らない人から"仲田さん頑張ってください"って何回か言っていただけたことがありますね。
あの頃は、渡辺雄也さんと良く対戦していました。レベルの高い大会に出るのは良い刺激です」


――フライデー・ナイト・マジックとPTQ(プレイヤーズツアー予選)の間のレベルの大会が欲しいところですね。


仲田「そうですね。PTQはあれはあれで殺伐としているところがあって......。優勝しなければいけないというピリピリ感が嫌という人はいるかもしれませんね。ウィナー・テイク・オールの大会ですから。
フライデー・ナイト・マジックとPTQの間、ワンクッションの大会があると良いですね。


多分、店舗の告知の方法が上手くいっていないということもあると思います。少なくとも店舗では頑張って大会は開催していると思いますよ」




18年間、休止することなくマジックを続けている仲田。カードショップに行かず、オンラインのマジックもプレイしていない期間があったというのだから驚きだ。


それだけマジックを続けられる理由に、カードゲームが好きだからということを挙げている。「強い人に勝ちたい」と言う彼の欲求は、マジックをプレイするうえで単純明快。その想いを持つからこそ、こうしてスポンサードされるに至ったのだろう。
それでも、彼は自分を「みんなといっしょ」と評する。マジックが好きなら、皆一度は「強い人に勝ちたい」と思ったことがあるだろう。彼はそんな皆と「いっしょ」なのだ。


みんなといっしょ。誰もが活躍できることを証明するため、仲田のマジックは止まらない。


仲田 (354).JPG



マジックフェスト・名古屋2019 サイドイベントカバレージページ


マジックフェスト・名古屋2019 TOPページ

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0