BIGs加入インタビュー:渡邊 崇憲 ~「俺は渡邊さんに勝ったことがあるんだ」と言われるため~

By Riku Imaizumi


大型の大会に参加すれば、BIG MAGICのユニフォームを着たプレイヤーを見たことがあるとだろう。
彼らはBIG MAGICとユニフォーム契約を結んでいる、BIGsというプレイヤーたちだ。グランプリ京都2019でトップ4に入賞した加藤 健介や、グランプリ千葉2019を優勝した中道 大輔などが所属している。2019年だけでもしっかりとタイトルを獲得しており、これからも活躍が期待されている。


マジック・フェスト名古屋が開催された、2019年11月。プロ制度や競技イベントのあり様が大きく変貌を遂げる中、BIG MAGICはBIGsに新たなメンバーを迎えることに決定した。その数、総勢6名。


本記事では、そのうちの1名、渡邊 崇憲(ワタナベ タカノリ)について紹介する。
マジック・フェスト名古屋2019の会場で、インタビューを受けてもらった。


渡邊 BIGS加入 (3).jpg




渡邊 崇憲について


――まずは、プロフィールとして在住地域、良く行くお店について教えてください。


渡邊「現在は茨城に住んでいます。転勤が多いので、東日本を転々としていますね。6月までは横浜に住んでいました。
新潟とか、東北に住むことも多かったので、そのあたりのプレイヤーとの交流が多かったです。


東北にいたころには岩手のホビーショップパワーナインに良く行っていました。新潟に帰る時(※渡邊は新潟出身)に良く行くのはカードオブパラダイス桜木店ですね。どちらも住んでいた期間が長く、良く通ったお店です」


――マジック歴はどのくらいですか?


渡邊「ローウィン(2007年発売)から始めました。きっかけは高校生の時、友人に誘われたことですね。5人の仲間内でドラフトをしていたのが懐かしいです(笑)」


――その5人の友人は、まだマジックをしているんですか?


渡邊「いえ、もうみんなやっていないです(笑)。でも、日本選手権2019で入賞した時には連絡があって、嬉しかったですね」


――TOP8に入られていましたね。それでは、主な戦績を教えてください。


渡邊「グランプリ静岡2017 TOP8、The Finals 2018 優勝、日本選手権2019 TOP8です」


――直近の成績が多いですね。何か、それらに付随するエピソードはありますか?


渡邊 BIGS加入 (1).jpg


渡邊「グランプリ静岡2017が復帰戦だったんですけど、ラッキーパンチでTOP8に入賞したことですね」


――復帰戦だったんですか!?


渡邊「はい、社会人になってから時間が取れず、競技マジックをできてなかったんですよ。2016年ころにひと段落したんですけど、ちょうどその時、同郷の友人である木原 惇希(hareruya pros)や佐藤 啓輔(hareruya hopes)がグランプリ千葉でTOP8に入賞してたんです。それを見て、自分と一緒に店舗大会出てたような人たちが勝っているのを見ると、やっぱり俺もそういう舞台で闘いたいなと思ったんです」


――では、それが競技マジックに臨むことになったきっかけなんですね。


渡邊「はい。社会人になるまでは店舗大会が中心で、時々グランプリに参加する程度でした。グランプリ千葉では一緒に遊んでいた友人たちの活躍を動画で見て、悔しくなりましたね(笑)」


Onogames に関して


――渡邊さんといえば、Onogamesのメンバーとして有名です。Onogamesはどのような経緯で発足したんですか?


※Onogames......新潟で発足したマジック・コミュニティ。「楽しく遊び、共に上達する」という基本を第一に、ブログでの記事公開などを行っている。


渡邊「きっかけはプロツアー京都(2016年)です。新潟出身の3人......タナハシさん、マスカドさん、自分のメンバーで始まりました」


――プロツアー京都の調整のための結成ですか?


渡邊「それもあるんですけど......。当時オノさん(Onogames総帥)が、"せっかくチームを作るんだから地方のチームのようなものも作りたいね"、という話をしたんです。僕も"いいですね"、なんて言いながら冗談半分で聞いていたんですけど......次の日には"もう始めるよ!" ってなってて(笑)」


――(笑)


渡邊「何をっすか、みたいな感じになったんですけど、オノさんはもう"Tシャツのデザイン、こんな感じでいい?"って言ってました(笑)」


――早い!


渡邊「フットワーク軽いんですよね(笑)。"もう(Tシャツのデザイン)これで行くから、京都!"みたいな感じでした。
そこから徐々に新潟出身のメンバーや、東北の競技志向の人を集めて、今17人所属しています」


――BIGsに入ってからも、Onogamesとして活動は続けるんですよね。


渡邊「くーやんさん(BIG MAGICのMTGマネージャー)に聞いたんですけど、BIG MAGICも地方コミュニティは応援していきたいので、これまで通りOnogamesのメンバーとして盛り上げていってほしいと言ってくれました」


――OnogamesとしてもBIGsとしても応援しています。


競技マジックや、プロ・プレイヤーの活躍に興味を持つ人に向けて


――競技マジックをやっている人の中には、なかなか勝ちきれなくて悩んでいる人がいると思います。他にも、競技マジックに興味があっても参入しにくいと感じている人もいると思います。そういった人々に向けて「競技マジックのこういうところが良かった」と思えた瞬間を教えてください。


渡邊「やっていてよかったと感じたのは、やはりThe Finals 2018を優勝した時です。"どんな大会でも同じ心持ちで"を心がけて大会に臨んでいましたが、勝ち進むにつれて緊張は何倍にもなりますし、負けた時の悔しさは何十倍にもなりますが、勝った時の達成感は計りきれないです!」


――優勝経験は何ものにも代えがたいですよね。勝てた理由はなんだと思いますか?


渡邊「仲間と切磋琢磨したことが優勝に繋がったと思います。
Onogamesには、リミテが得意な人や、スタンダードが得意な人、様々な人が集まって活動しています。そうすると、自分に足りなかった部分を補完できるようになっていくのを感じました。地力が上がっていく感じですね。自分もその経験値をみんなに返したりしています」


――今後スポンサードプレイヤーとして活動するにあたり、何か意識したいことはありますか?


渡邊 BIGS加入 (2).jpg


渡邊「地方マジックを盛り上げていきたいと思っています。Onogamesを結成した時の目標として、自分の中にはそういう考えがありました。
地方は首都圏のように大きな大会はありませんし、強いプレイヤーにもなかなか会えません。その中で、自分は強くありたいです。」


――地方マジックを盛り上げる、ことが目標なんですね。


渡邊「店舗大会に参加して、名のあるプレイヤーを倒すと、"自分もいけるんじゃないか?"なんて思うじゃないですか。なので地方の人には、"渡邊が競技マジックで勝ててるなら自分も勝てるんじゃないか?"と思ってもらえるようなプレイヤーでありたいとも思っています。自分も店舗大会から始めたプレイヤーなんで(笑)


余談ですけど、自分の高校生の友人が、GPT(グランプリトライアル。グランプリで不戦勝の権利を得られる大会)でマーティン・ジュザと当たって勝ったんですけど、今でも言いますよ。"俺はジュザに勝った"って(笑)


なので、"俺はむかし渡邊さんに勝ったことがあるんだ"なんて言ってもらえるプレイヤーになれたらいいですね」


――他に、何か伝えたいことはありますか?


渡邊「まずは自分のようなプレイヤーに声をかけてくださったBIG MAGICさんに何かしら貢献できるよう活動を頑張りたいです! そして、新潟や長野、東北各地で応援してくれているみなさんの期待に応えられるよう頑張ります!


チームでTシャツを作って大会に臨む人たちも、ひと昔前に比べたら増えてきたような気がします。仲のいい友人とチームを作るのもよし!どこかのコミュニティに飛び込むのもよし!みんなでmtgを楽しく盛り上げましょう!!


最近は仕事の都合でなかなか配信できていませんが、いい機会なので少しずつ頻度を増やしていこうと思います!是非応援してください!頑張ろう社会人プレイヤー!!(笑)」




地方マジックを盛り上げたいという目的をもって活動を続ける渡邊。今回スポンサードされるにあたり、地方マジックを盛り上げるためにこそ強いプレイヤーでありたいと言ってくれた。


その考えは、かつて同郷の友人である木原 惇希(hareruya pros)や佐藤 啓輔(hareruya hopes)の活躍に触発されたことから来ているのだろう。今後は、渡邊が地方の人々の心を動かす時が来る。


「俺は渡邊さんに勝ったことがあるんだ」と言われるため、渡邊はマジックの最前線に立ち続ける!


Twitter
Onogamesブログ
Twitch


渡邊 BIGS加入 (4).jpg



マジックフェスト・名古屋2019 サイドイベントカバレージページ


マジックフェスト・名古屋2019 TOPページ

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0