【マジックフェスト・京都2019】日曜競技レガシー 第3回戦 馬場 祐輔(滋賀)vs. 重村 裕二(兵庫)

マジックフェスト・京都2019 競技レガシー第3回戦 馬場 祐輔(滋賀) vs 重村 裕二(兵庫)


by Tatsuo Sekimoto


MFKyoto2019_Legacy_R3_02.JPG


馬場のデッキはBGデプスと呼ばれるデッキだ。マリットレイジによる高速ワンショットキルと黒緑のグットスタッフ要素を兼ねあせたテクニカルなデッキだ。対する重村も一撃必殺こそないが、《霊気の薬瓶》によるインスタント・タイミングのクリーチャー展開とシステムクリーチャーの組み合わせで勝つデッキだ。どちらもテクニックを要求されるデッキのために見応えのある差し合い勝負になりそうだ。


Game1
先手の馬場は《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》から《強迫》で重村の手札から《剣を鍬に》を捨てさせる。だが、2ターン目のドローステップ。馬場はサイドボードの戻し忘れに気づく。ジャッジによる裁定の結果、戻し忘れたカードがサイドボードに戻り、手札が1枚減った状態でリスタートとなった。馬場はフェッチランドから《Bayou》をセットして《闇の腹心》を場に出す。《強迫》によって露払いは済まされているだけに強い動きだ。


だが、重村の後手1ドローは落としたはずの《剣を鍬に》だった!当然エンド前に《闇の腹心》は追放。手札を1枚も増やすことなく農場行きになる。


その後、重村は《不毛の大地》を起動しながら《ルーンの母》、《ファイレクシアの破棄者》、《ミラディンの十字軍》とテンポよく展開していく。
今度は攻められる側になった馬場は《演劇の舞台》をセットして《暗黒の深部》を待つ。《ミラディンの十字軍》と《ファイレクシアの破棄者》によってライフが急速に減っていくが、ライフが尽きる前に《輪作》をプレイして勝負に出る。馬場は《演劇の舞台》を起動してマリットレイジ・トークンを出す。


しかし2度あることは3度ある。なんと重村は3枚目の《剣を鍬に》を引いていた!


馬場は20点ゲインしたが、盤面は《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》のみ。あまりも苦しい。その残った1枚の土地も《不毛の大地》で破壊されると馬場は投了した。


馬場 0-1 重村


Game2
先手1ターン目から動く馬場。《新緑の地下墓地》を起動して《Bayou》から《真髄の針》を出して《不毛の大地》を指定する。さらに馬場は2ターン目に《闇の腹心》を出す。


重村は最初のターンに《ルーンの母》を出し、次のターンには《安らかなる眠り》とマナカーブ通りに動けているがまだ《闇の腹心》に手を出すことが出来ない。


今度は生き残った馬場の《闇の腹心》。《思考囲い》で《議会の採決》を抜いてから《森を護る者》で《闇の腹心》を警護する。


456931.jpg


《闇の腹心》に手が出せない重村は《ミラディンの十字軍》を出してライフを攻める。これにより馬場のライフは11点にまで減る。


重村は《カラカス》でマリットレイジ・トークンをけん制。簡単には殴らせないぞという意思を示す。
しかしそこはあの手この手で絡めとってくるBGデプス。とりあえず一瞬でもマリットレイジ・トークンが場に出さえすれば対戦相手を倒すことが出来る。そう《消耗の儀式》だ。


129945.jpg


そして今、馬場は《消耗の儀式》を握っている。馬場は《輪作》でちゃっかりコンボをそろえようとする。
しかし危険を察知した重村はあらかじめ《演劇の舞台》をタップする。これで少しは時間稼ぎができる。


コンボが1ターン遅れた馬場だが焦りはない。《ミラディンの十字軍》の攻撃はまだ1回は耐えられる。念のため《真髄の針》で《カラカス》を指定してターンを終了する。次の馬場のターン、《闇の腹心》のルーズライフも合わせて残りライフ5点だがコンボが完成した。《消耗の儀式》で重村の20点ライフが一瞬で吹き飛んだ。


馬場 1-1 重村


Game3
もつれ込んだ3戦目。馬場は1マリガンしてからゲームを始めた。
重村は《不毛の大地》から《霊気の薬瓶》からスタート。
馬場は《森》をセットしてエンド。


重村は2ターン目に《真髄の針》で《演劇の舞台》を指定。
馬場は《森を護る者》をプレイしてエンド。


しかし、二人とも土地がストップした。これにはお互い苦笑いだ。だが、重村には《霊気の薬瓶》がある。カウンターを3つまでためて《ちらつき鬼火》で攻める。2体目も並べてガンガン攻める重村。あっという間に馬場のライフは10点まで減る。


馬場は《暗黒の深部》をセットしてコンボにリーチをかけるが、肝心の相方は《真髄の針》で止まっている。《吸血鬼の呪詛術士》を引くしかない。


456882.jpg


重村は《ちらつき鬼火》2体でまたもアタック。これで馬場のライフは4点だ。


馬場のラストターン。重村は馬場のアップキープに《霊気の薬瓶》を起動した。出てきたのは《聖域の僧院長》で数字は1が指定される。
駄目押しを受けた馬場。ドローを確認すると投了を選択した。


馬場 1-2 重村


重村「白マナが引けなくてひやひやしたけどなんとか勝てた!」


重村 win!



マジックフェスト・京都2019 サイドイベントカバレージページ


マジックフェスト・京都2019 TOPページ

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0