BIGs 斉田逸寛『新環境スタンダードデッキ案』


こんにちは!「BIGs」&「MTG通販Nageya」 の斉田です。


1月25日(金)に『ラヴニカの献身』が発売となります。今回は新環境を迎えるスタンダードのデッキ案をいくつかお届けしたいと思います。


『ラクドス・アグロ』


saidarn 20.jpg


・デッキの特徴

saidarn 01.jpg


1マナ域12枚を筆頭に、軽量クリーチャーを展開して3ターン目に《騒乱の落とし子》の着地か《災いの歌姫、ジュディス》でのバックアップをデッキの軸としました。この3マナ域2種は非常に強力で、《災いの歌姫、ジュディス》に至っては伝説であるものの、引けているかどうかでデッキの強さが変わると判断して4枚採用しています。


(ちなみに《災いの歌姫、ジュディス》の2枚目は対消滅を利用して《二股の稲妻》と同じ効果の火力として使えるのは覚えておくと役に立つかもしれません)


saidarn 02.jpg


《リックス・マーディの歓楽者》は2ターン目キャストの場合《どぶ骨》を捨てる以外で得はしないのですが、クリーチャーを出すことが重要なデッキなので、それにオマケで事故を緩和する能力が付いていると考えると悪くはありません。4マナで出せれば文句なしですが、テンポも大事なので狙いすぎは禁物といった印象。


saidarn 02-1.jpg


《火刃の芸術家》は序盤にまず数点、終盤アタックが通らないような場面でも最後の数点を稼げるのが優秀です。4枚でもいいのですが、重複してもあまり強くないので少し減らしました。


saidarn 03.jpg


除去枠は環境初期なので万能さを重視しました。《興行+叩打》は1点ダメージのモードで倒せるクリーチャーがすぐにはいない場合でも、《災いの歌姫、ジュディス》がいる状態での戦闘は相打ちするだけで1点が飛ぶのでそれとの合わせ技での破壊を視野に入れられます。


もちろん余裕があれば《荒廃稲妻》こと《叩打》で撃てるほうが強いですが、新環境で多そうな《無効皮のフェロックス》には注意しておきたいですね。


saidarn 04.jpg


ちなみに《批判家刺殺》も試したのですが、基本「除去して殴る」展開なので、このデッキではあまり上手く機能しないと感じました。もっと本体に火力を撃ちやすい、例えば《ヴィーアシーノの紅蓮術師》が入っているようなデッキで使うのがベストだと思います。


そのため除去は《魔性》などに任せて、絢爛して強いスペルとしては《ドリルビット》を採用しました。コントロールに強いのはもちろん、戦闘の後であればアグロデッキにも絢爛達成は難しくありません。


 


・サイドボード候補について

saidarn 05.jpg


《恐怖の劇場》はコントロール相手に頼もしいので3~4枚は採用したいところ。その他は《強迫》《溶岩コイル》《喪心》なども候補かと思います。


 


『グルール・アグロ』


saidarn 21.jpg


 


・デッキの特徴

saidarn 06.jpg


新しい《ヤヴィマヤの火》こと《野生の律動》が注目されているグルールですが、個人的には無条件に強いようなカードではないという印象です。


基本的にはコントロール相手に強い能力です。打ち消されないは当然ながら、「暴動」によって優秀なサイズorプレインズウォーカーを倒すためや最後のライフを削るための速攻を選べるのが偉いですね。


しかしアグロデッキにはキャストするターンの隙が大きく、一度後手に回ってしまうと速攻を選ぶような展開にもならなくなってしまいます。これではカードの「打ち消されない」「速攻」「+1/+1カウンター」という3つの能力のうち1つしか使えていません。


saidarn 07.jpg


そのため《野生の律動》を使うのであれば、クリーチャーの選択は《マーフォークの枝渡り》のような安定感のあるクリーチャーよりも、《ザル=ターのゴブリン》や《生皮収集家》など《野生の律動》での隙をカバーできるように盤面への影響力の高さを重視するべきだと考えました。


saidarn 08.jpg


《原初の飢え、ガルタ》は《野生の律動》から速攻で走らせるのに最適なクリーチャー。《スカルガンのヘルカイト》はクリーチャーでありながら内臓された火力で《無効皮のフェロックス》が苦手だったチャンプブロッカーを排除できるので相性が良いですね。


・サイドボード候補について

saidarn 09.jpg


置物対策に《燃えがら蔦》は是非とも採用したいところ。また、新カードではありませんが《クロールの銛撃ち》は『イゼット・ドレイク』に入るであろう《プテラマンダー》に強く、《野生の律動》が出ていると墓地にクリーチャーがいなくてもタフネス4のドレイクを倒せるので使い勝手が良さそうです。


『マーフォーク』


saidarn 18.jpg


・デッキの特徴

saidarn 10.jpg


《オラーズカの暴君、クメーナ》や《マーフォークの霧縛り》など、質の良いクリーチャーが存在していながらも前環境まで目立った活躍のなかった『マーフォーク』。その理由は1マナ域不足にあったのではないかと思い、今回登場した《水底の生術師》を組み込んで作ってみました。


《銀エラの達人》や《翡翠光のレインジャー》で手札の「量」が減りにくいので、「質」を上げるルーティング能力はより強く使えます。順応した後でも《オラーズカの暴君、クメーナ》で+1/+1カウンターを乗せることで、再びルーティングを誘発させることも可能です。


saidarn 11.jpg


種族に「ウィザード」が含まれていることで《魔術師の反駁》も採用できるようになりました。順応のマナを残したように見えて、打ち消し呪文や《マーフォークのペテン師》を構える動きは相手からすると厄介でしょう。


saidarn 12.jpg


《楽園党の議長、ゼガーナ》はカード自体は強いものの、デッキの構造上アドバンテージは他で十分に取ることができ、中盤以降は複数アクションを取りたいので4マナは重く感じました。ただ《オラーズカの暴君、クメーナ》で強化したあとにトランプルを付与するのは強いので、動きに幅が出ると考えて1枚だけ採用しています。


saidarn 13.jpg


繰り返しとなり恐縮ですが、アドバンテージが取れる分クリーチャーのサイズは盤面へのインパクトが少ないデッキです。そのためスペルは極力軽く、テンポが取れるものが望ましいのでバウンスを採用しています。アグロ環境であれば《応用生術》でも良いのですが、一応エンチャントやプレインズウォーカーに触れる《オラーズカからの排斥》を選んでみました。


『イゼット・ドレイク』


saidarn 19.jpg


・デッキの特徴

saidarn 15.jpg


モダン、レガシーで注目の《プテラマンダー》ですが、スタンダードでも活躍の可能性を秘めています。


前環境にも1マナキャントリップを大量に採用した『イゼット・ドレイク』は存在していましたが、いかんせん《弧光のフェニックス》を引く枚数に依存してしまうので、途中からあまり見かけなくなりました。


しかし《プテラマンダー》が入ったことで大量のキャントリップの恩恵を受ける先が増えたため、デッキとして一段階強くなったと言えるでしょう。


saidarn 16.jpg


1マナキャントリップが多いため《ゴブリンの電術師》と、伴って使いにくくなる《急進思想》を不採用に。手札に来た《弧光のフェニックス》を捨てるために《発見+発散》ではなく《苦しめる声》を採用しています。





最後に




いかがでしたでしょうか。新環境に向けた皆さんのデッキ構築に、何か少しでも参考にできるものがあれば幸いです。


余談ですが今回のエキスパンション、私としてはここ数年で1番カードの値段を付けるのが難しかったです。それくらい『ラヴニカの献身』は多くのカードから可能性を感じられる、とても魅力的なセットだと思います。


様々なカードを使って『ラヴニカの献身』を満喫しましょう!それでは!


 


斉田逸寛



マジック:ザ・ギャザリング『ラヴニカの献身』Bigweb特設サイト


MTG『ラヴニカの献身』シングルカード予約受付中


↑↑『ラヴニカの献身』のシングルカードの予約はこちら↑↑

カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0