村栄龍司 りゅうじのマイライフ~『ラヴニカの献身』スタンダードデッキ雑感~

どうもーりゅうじです。
『ラヴニカの献身』、発売されましたね。
各所でイベントが行われていますが、来週末には最後の開催となるミシックチャンピオンシップ地域予選(RMCQ)が行われます。今回の記事はRMCQで当たりそうだなと感じたデッキの雑感を書いていきます。



赤単


ryujirna 13.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。



・《舞台照らし》


ryujirna 01.jpg
赤でここまで簡単にアドバンテージを取れていいのか。
環境的に1マナの除去を使うのは同型とイゼットドレイクくらいなので、このカードと1マナクリーチャーがいれば先手1ランドキープをしやすくなったのも〇。


《恐怖の劇場》との比較ですが、土地をすぐにプレイできる事が序盤の動きを重視する赤系のアグロデッキに噛み合っていて《舞台照らし》の方が圧倒的に使いやすく感じました。短期的なアドバンテージを取れる方がデッキに合っていますね。


・《批判家刺殺》
ryujirna 02.jpg
もちろん強い火力ですが、このカードは《稲妻》ではないので手放しに4枚採用すべきではないと考えています。
当然ですが絢爛は常に達成できるわけではありません。
相手のブロッカーを除去したい時はただの重い火力なので、採用枚数はよく考えましょう。


・《危険因子》
ryujirna 03.jpg
実質1マナで唱えられる絢爛スペルの登場で一段階スピードが上がったので、どちらのモードでも裏目が減り以前より評価が上がった印象です。枠的には《実験の狂乱》との二択になりそうですが、若干速いこちらの方が個人的にはいいかなと感じています。


赤単は2枚の新カードの恩恵を受けてわかりやすく強化されました。
デッキの性質上対策はされやすいのですが、それを押しのけて勝てるデッキパワーはあるのでRMCQでも使う人はそれなりにいそうですね。



エスパーコントロール


ryujirna 14.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。



・色拘束が強い
《神聖なる泉》と《神無き祭殿》の登場でマナベースが大幅に強化されましたが、それを踏まえても各色のダブルシンボルが必要とされる色拘束の強いデッキです。
その分《ケイヤの怒り》を筆頭としたパワーカード満載のデッキなので、そこを割り切って使えるのであれば。


・マナフラッドの受けが少ない
ジェスカイの《発展/発破》のようなマナフラッドの受けが無いので、《ドミナリアの英雄、テフェリー》を引かないとジリ貧になる印象。ジェスカイよりPWへの依存度が上がり不安定になった印象を受けます。《予知覚》はメイン・フェイズで唱えればライブラリーを6枚まで掘る事ができるので、マナフラッドの受けが少ないこのデッキには是非採用しておきたいカードだと感じました。


・《天上の赦免》
ryujirna 12.jpg
カナ師匠の記事で《天上の赦免》が勧められていたので使用してみましたが、後続の探検クリーチャーや《プテラマンダー》、不死のトークンを完封できてとても強く感じました。適当にリストを調べてふんわり使うカードを決めたのですが、このカードは使う価値がありました。


・《変遷の龍、クロミウム》
ryujirna 04.jpg
メインボードに1枚採用されているリストをよく見かけますが、《パルン、ニヴ=ミゼット》程の制圧力は無く、現状同型以外には使い辛く採用する理由が薄いと感じています。なのでSCG Classicで優勝した、クリーチャーを詰め込んでゲームプランを変えるサイドボードは好感が持てます。


・赤単が辛い
ryujirna 05.jpg
《渇望の時》や《黎明をもたらす者ライラ》を増やしましょう。《聖堂の鐘憑き》もグッド。



イゼットドレイク


ryujirna 21.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。



・《プテラマンダー》
ryujirna 06.jpg
思った以上の強さでした。
《弧光のフェニックス》はスペルを使うタイミングや引いたタイミングでの強さのブレが激しかったのですが、このカードは《呪文貫き》や《潜水》を構えやすく、《航路の作成》の2枚ドローの条件達成も容易になりました。
ドレイク型の《パルン、ニヴ=ミゼット》と比較しても場に出せない事が無いので取り回しが良くなりましたね。


青単アグロやイゼットドレイクはデッキの性質上スペルがどんどん墓地に溜まっていくので順応も容易です。
さらに順応後のタフネスが5という点も高評価。《翡翠光のレインジャー》を受け止め、《採取/最終》をかわし、環境を定義する除去である《溶岩コイル》をものともしません。

・《幻惑の旋律》
ryujirna 07.jpg
《ハイドロイド混成体》や《プテラマンダー》といった低コストで強力なクリーチャーが環境に増えたので、除去するよりも奪った方が効率いいですね。以前より評価が上がりました。


・《血の墓所/Blood Crypt》
ryujirna 14-1.jpg
《発見/発散》の右側で唱えたいことってそんなにあるかな?と思っていたのですが、これ、左側も黒マナで唱えられるんですね。頭いい。



今週の入賞デッキにはあまり姿は見ませんでしたが、今後注意すべきデッキになってくると思います。
僕はこのデッキで1680から1840までMOのレーティングが上がりました。






青単アグロ


ryujirna 18.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。



《プテラマンダー》で以前よりも打点が上がりました。
青単は《大嵐のジン》もしくは《執着的探訪》を引かないと勝つまでに時間がかかりすぎるというのが弱点だったのですが、フィニッシャーが増えた事でそこが緩和されました。《本質の把捉》もこのデッキでは《本質の散乱》の上位互換ですね。


・《予見のスフィンクス》
ryujirna 15.jpg
一度出されたことがあるのですが、初手にあっても占術3を行えますし、苦手な赤単に対してもタフネス4が強そうなので良さそうだなと感じました。
環境的にはコントロールがジェスカイからエスパーになったことで《パルン、ニヴ=ミゼット》が減った事が追い風になりそうです。



《運命のきずな》デッキ



ryujirna 15.png



※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。



・《荒野の再生》
ryujirna 08.jpg

《荒野の再生》の登場でとんでもなく強化されました。
《水没遺跡、アズカンタ》や《オラーズカの拱門》を駆使してコンボを決めるタイプや《ギルド会談》や《燃え立つ門》を採用したギルド門型、《つぶやく神秘家》や火力を採用したティムール型等いくつかのタイプがあり、タイプによってサイド後の勝ち手段等が変わってきます。
このデッキを使わない場合もデッキリストを頭の片隅に入れておいて、大まかな採用カードを覚えておくといいでしょう。


・デッキを使う際の注意点
コントロールするパーマネントの数が多いので仕方がない部分はありますが、アンタップやスペルの処理を必要以上にゆっくり丁寧にする人がいるので、そこらへんはある程度早くできるようにしないとすぐ引き分けそうだなと思っていつも見ています。


引き分けは基本的に回避できるものですし、なってしまった場合はデッキや相手だけのせいではなく、あなたを含むお互いの責任です。
RMCQのラウンド途中の引き分けは負けに等しくただただもったいないので、十分に意識しましょう。



ギルド門コントロール


ryujirna 16.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


 


リミテッドの門デッキをめちゃくちゃ強くしたようなデッキです。
ほぼブロック構築ですね。
《門破りの雄羊》《門の巨像》はどちらもギルド門さえ揃えば一枚でゲームに勝てるサイズ。
《燃え立つ門》は《門破りの雄羊》が確実に生き残りますし、《門の巨像》はギルド門さえあれば無限に戻って来ます。
フェアデッキには鬼のように強い反面エスパーコントロールは最悪の相性。なのでRMCQという舞台ではあまり使われ無さそうですが、こういうデッキがあるということは覚えておきましょう。

・《原初の潮流、ネザール/Nezahal, Primal Tide》
ryujirna 13.jpg
《ギルド会談》が通れば手札は増やせるので、対処のし辛さを考えるとこのデッキのコントロール対策としてはこのカードが一番良さそうですね。
エスパーコントロールはアーティファクト破壊が入っていない事もあるので、《魔術遠眼鏡》で負け筋の《ドミナリアの英雄、テフェリー》を封じるのも良さそうです。



スゥルタイミッドレンジ


ryujirna 19.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。



従来の緑黒ミッドレンジに青をタッチし、新カードの《ハイドロイド混成体》採用したデッキ。緑黒はマナフラッドの受けが少ないのが弱点でしたが、そこを新カードで完全に補っています。


ryujirna 20.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。



また、MOMCQ(ミシック・チャンピオンシップ予選)を突破した青緑ベースに黒をタッチした形も存在します。
こちらは《成長室の守護者》や《楽園党の議長、ゼガーナ》を採用して、緑黒ベースのデッキよりも打点を重視しています。
《成長室の守護者》や《培養ドルイド》は順応以外で+1カウンターが載っても効果があるので、《ハダーナの登臨》との相性も最高ですね。
押し込む力が強いので個人的には《ハダーナの登臨》を採用している方が好みですが、こちらのデッキは《野茂み歩き》を解雇しているので、赤単が多いフィールドでは注意が必要です。

・《人質取り/Hostage Taker》
ryujirna 09.jpg
《人質取り》は相手の《ハイドロイド混成体》を追放する際のリスクが無く、非常に上手いカード選択だなと感じました。
登場した当時のスゥルタイ巻き付き蛇で活躍したカードですが、再び日の目を見る事になりそうです。



終わりに


デッキ雑感は以上になります。
最近「どのデッキが強いと思いますか?」と聞かれることが何度かあったのですが、そこは僕の好みで答えるよりも各々である程度デッキを調べてから判断してもらった方がいいなと思ったのもあって、今回の新環境のデッキ紹介記事を書きました。ちなみに僕がRMCQに出る場合は、今回紹介したアーキタイプの中ならどれでもいいかなと思っています。


どれを選ぶにしても、ちゃんと自分なりに理由をつけてもらえれば失敗したとしても無駄にはなりません。ただ、「アグロしか使えないからずっとアグロを使います!」みたいな人はそのアグロ自体も使えていないんじゃないかと思うので(上手くなりたいなら)色んなデッキに触れた方がいいと思いますよ。それでは。



MTG『ラヴニカの献身』シングルカード好評発売中


↑↑『ラヴニカの献身』のシングルカードのご購入はこちら↑↑

カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0