BIGs 河浜貴和 今夜勝ちたい『ラヴニカの献身』プレリリース


BIGs河浜です。早いもので、新セット発売の時期がやってきました。


『ラヴニカの献身』の登場です!


新セットが出たらとりあえずリミテッドしたくなるのがMTGプレイヤーの性です。今回もカードリストを眺めながら、週末のプレリに挑む皆様の助力となれるよう、環境予想についてまとめていきます。


※本記事は、プレリでスタートダッシュを決めたい、初級者向けの比較的平易な記事、いわゆるチートシート的なものを目指していますシールドの基礎的な話に枠を広げるとボリュームが大きくなりすぎますので、ここでは最低限に抑えます。


※記事内では、全体像を把握しゲーム観を得るために、ゲームの大半を形成するコモン・カードを中心に触れていきます。


 


【目次】


1.予習編
 1.1 「ラヴニカの献身」を知ろう
 1.2 新メカニズムをチェック!
 1.3 セットの「基本」をおさえる
  1.3.1 使えるクリーチャーを見極める
  1.3.2 対戦相手からの干渉手段(スペル)を覚える。


2.デッキ構築編
 2.1 タッチカラー、多色化
 2.2 カード選択
 2.3 「ラヴニカの献身」シールドの注意点
  2.3.1 ギルドごとの構築指針
  2.3.2 その他の注意点


3.プレイ編
 3.1 ゲーム時の注意点


4.プレリリースに参加しよう!



1.予習編



1.1 「ラヴニカの献身」を知ろう。


※ラヴニカ?もう知ってるよ!って方はこの項を読み飛ばしてもらってかまいません。


前回セット『ラヴニカのギルド』に引き続き、今回も舞台は次元「ラヴニカ」です。


ラヴニカには「ギルド」と呼ばれる2色のテーマカラーをもつ10の陣営が存在し、『ラヴニカの献身』では『ラヴニカのギルド』に登場しなかった、残りの5つのギルドが登場します。カードリストを見渡すとわかるように、コモンから多色のカードが存在しますが、特定の色の組み合わせしかありません。


今回のプレリリースではその5つのギルドの中から1つ選択し、そのギルドに対応したプレリリースパックを使用します。プレリリースパックには『ラヴニカの献身』ブースターパックに加え、選んだギルドの色で組みやすくするためのカードが封入された「イベント用ブースターパック」が入っています。 


以下に、各ギルドの特徴をうすーく書きますので、ギルド選択の足しにしてください。(マジックですから、本当はちゃんとした重厚な設定やストーリーがありますので興味がある方はぜひ調べてみてください)。また、基本的には選んだギルドの色でデッキが組めることが好ましいですが、通常のブースターパックの封入内容によってはそうはいかないかもしれません。その点でも、各ギルドの特色について知っておいて損はないかと思います。



【アゾリウス評議会】
kawahamarna 19.jpg


・テーマカラーは青白
・ラヴニカの法整備を生業としている保守派。
・法による拘束をイメージした、対戦相手の行動を縛るようなカードが多い。


【ラクドス教団】
kawahamarna 20.jpg


・テーマカラーは赤黒
・殺戮と争乱による享楽を求める、利己主義で快楽主義な集団。
・自分のリソースを犠牲にしてでも、相手のリソースを奪う攻撃性を持つ。


【グルール一族】
kawahamarna 21.jpg


・テーマカラーは赤緑
・文明とギルドの破壊を目的とする、乱暴な略奪者・ならず者。
・攻撃的でサイズ感のあるクリーチャーが多い。アーティファクト破壊にも長ける。



【オルゾフ組】
kawahamarna 22.jpg


・テーマカラーは白黒
・黄金による支配を目的とした拝金主義者で、死後の魂をも担保にする高利貸し。
・ライフドレイン能力を擁し、スピリットや幽霊といったクリーチャーが多い。


【シミック連合】
kawahamarna 23.jpg


・テーマカラーは青緑
・自然の保護と再生、さらには人工改良による生命の意図的な進化をも目論む団体。
・生命の改良を+1/+1カウンターで表し、さらに追加で能力を与えるシステムも持つ。


守備的なアゾリウスと、スーサイド(自傷)のラクドス、アグレッシブなグルールに、アドバンテージのオルゾフ、サイズと付加能力のシミックというイメージです。


まずは、自分の好みのギルドを選びましょう!2回目3回目は違うギルドを選ぶとまた違った楽しさがあなたを待っているはずです!



1.2 新メカニズムをチェック!


今回は各ギルドに、その特色に沿ったメカニズムが存在します。


【附則】(アゾリウス)
kawahamarna 24.jpg


インスタントが持つ能力で、その呪文をメイン・フェイズに使用するとさらに追加効果や代わりの効果を得ます。


<チェックポイント>


◆附則で持つ能力が、追加なのか置換なのかに注意しよう。「代わりに」と書かれていたら置換効果。通常時の効果は得られないが、より強力なスペルとなる。


【絢爛(けんらん)】(ラクドス)
kawahamarna 25.jpg


そのターンに対戦相手がライフを失っていたら、呪文に代替コストを与える能力です。絢爛のコストは、元のコストより軽くなるものもあれば、コストが重くなる代わりに追加効果を発揮するものもあります。


<チェックポイント>


◆対戦相手がライフを失った後、ライフを得たとしても「絢爛」コストを支払えることに代わりはない。
◆絢爛の条件を達成したからといって、瞬速を持たないクリーチャーをメイン・フェイズ以外に唱えることはできない。


【暴動】(グルール)
kawahamarna 26.jpg


暴動を持つクリーチャーは、+1/+1カウンター1個か速攻のうちそのコントローラーが選んだ1つを持った状態で戦場に出ます。


<チェックポイント>


◆暴動は戦場に出るに際し解決するため、+1/+1カウンターが置かれるか速攻を付与するかを選択することに対応して、プレイヤーがなにかアクションを起こすことはできない。
◆速攻を得ることを選んだ場合、そのクリーチャーは永続的に速攻を持ち続ける。ターンが終わったり、相手にクリーチャーのコントロールが移ったとしても、速攻は失われない。
◆この能力は重複する。暴動を2つ持つクリーチャーが戦場に出る場合、2つカウンターを得るか、速攻とカウンターを1つずつ得るか、速攻を2つ得るか、のいずれかを選ぶことになる。(もちろん速攻が重複することに意味はない。)


【死後】(オルゾフ)
kawahamarna 27.jpg


死後を持つクリーチャーは、死亡するとその数字に対応した数の1/1のスピリット・クリーチャー・トークンを生成します。


<チェックポイント>
◆死後を持つクリーチャーが追放された(墓地に置かれなかった)ときは、トークンは生成されない
◆この能力は重複する。死後を2つ持つクリーチャーが死亡した場合、それぞれ個別に誘発する。


【順応】(シミック)
kawahamarna 28.jpg


+1/+1カウンターが置かれてない場合に限り、指定の数字の数だけ+1/+1カウンターを自身の上に置く、クリーチャーが持つ能力です。


<チェックポイント>


◆順応の解決時に、そのクリーチャーになんらかの効果で既に+1/+1カウンターが置かれていた場合、単にカウンターを置かずに能力は解決される。
◆順応はインスタントタイミングで起動が可能。
◆なんらかの理由で順応を持ったクリーチャーの上から、+1/+1カウンターが全てなくなった場合、再度順応を行うことができる。



1.3 セットの「基本」をおさえる 



1.3.1 使えるクリーチャーを見極める


マナレシオの基準を確認し、デッキに入れて良いプレイアブルなクリーチャーを検討します。


 


【ラヴニカの献身の基本的なマナレシオ】
1マナ:1/2 or 0/3 にメリット能力
2マナ:3/1 or 2/2 or 1/3 にメリット能力
3マナ:3/2 or 2/3 にメリット能力
4マナ:3/3 にメリット能力
5マナ:4/4 or 2/5 にメリット能力


 


kawahamarna 29.jpg


◆いつも通り、《珊瑚の猛士》《野生のマーカ》等の、基本マナレシオ以下のカードは基本的に使わない
◆最近のリミテッドの傾向だが、4マナ域までがパワーとタフネスが3、それ以降のマナ域ではマナレシオが飛躍的に良くなる、というのが基本になっている。攻める側は最低でもパワー3で攻め続けられるように、守る側は4以上のタフネスになるように、クリーチャーを選ぶと良い。
◆タフネス偏重のクリーチャーも4マナ以降に固まっているので、序盤からきちんと展開されると殴りきられることは十分にありえる。ちゃんと組めればゲーム速度は早い。きちんと2マナ3マナの、基本サイズのカードを枚数を確保する。


kawahamarna 30.jpg


◆今回は特別基本マナレシオからはみ出すようなパワーカードがあまりいないが、しいていえば自力で5/5になれる《速足ウツボ》《地底街のゴミあさり》、素で3/4の《斧折りの獣》あたりか。


kawahamarna 31.jpg


◆アタック強制とはいえ、《瓦礫帯の世捨て人》の6/5というサイズはかなりインパクトがある。
◆《地下墓地のクロコダイル》の硬さが異常。



 kawahamarna 33.jpg


◆死後のトークンがタフネス1いじめになってるように思えるが、実は死後持ちクリーチャーは単色コモンでマナコスト4以上にしかいない。《うろつくカラカル》は許されるかもしれない。


 


kawahamarna 34.jpg


◆飛行が2/3サイズが基本な中、ドミナリアでも大活躍だった《マンモスグモ》は絶大な信頼の置けるブロッカー。地面もシャットアウト。
◆唯一の高マナ域《破壊獣》はさすがに7マナひねってやることじゃなさそう。


◆多色のカードは、色マナの要求がきつい分、単色カードの性能を基本的に上回る。色が合えばコモンのカードからでも積極的に採用する。


以上、カード選択の参考にしてください。


 


 



1.3.2 対戦相手からの干渉手段(スペル)を覚える。


今回も「コンバットトリック」「インスタント除去」「カウンター」は覚えておきましょう。自分のターンに相手にプレイされるカードの予想がたつと、ゲームをかなり有利に進めることができます。


以下にメモを載せます。必ず「コスト」と「効果」をセットで覚えてください。


※全部覚えるのは大変なので、レアリティや効果で記載するカードを絞っています。また「追加ドロー」など、盤面に影響のない効果の記載も省いてます。


 


【白】


kawahamarna 06.jpg


W《拘引者の熱情》クリーチャー1体を+2/+2
1W《大司法官の扉》自クリーチャーを追放して戻して先制付与
1W《略式判決》タップクリーチャーに3点


【青】


kawahamarna 07.jpg


2U《拘引者の忠告》クリーチャー1体を手札に戻す
1U《スライム縛り》瞬速エンチャント。-4/-0
1U《火消し》2マナ払えないと打ち消し
1UU《思考崩壊》呪文1つを打ち消し


【黒】


kawahamarna 08.jpg


1B《焼印刃》クリーチャー1体に接死付与
2B《奇怪な死》パワー3以下のクリーチャー1体を追放
2B《地底街の抱擁》対戦相手はクリーチャー1体生け贄


【赤】


kawahamarna 09.jpg


2R《燃えさかる炎》自クリーチャー全体を+2/+0
1R《焦印》クリーチャー1体に2点
R《嵐の一撃》クリーチャー1体を+1/+0修正と先制攻撃付与


【緑】


kawahamarna 10.jpg


1G《活力の贈り物》クリーチャー1体を+3/+3と到達付与
G《石のような強さ》クリーチャー1体に+1/+1カウンターを置いてアンタップ
1G《剛力の殴り合い》格闘。+1/+1カウンター持ちが対象なら1マナ軽く打てる。


 


【ラクドス(青黒)】


kawahamarna 11.jpg


3BR《的中》クリーチャー1体を破壊


 


【シミック(青緑)】


kawahamarna 12.jpg


GU《応用生術》クリーチャー1体を+1/+1 and/or クリーチャー1体を手札に戻す


 


【オルゾフ(白黒)】


kawahamarna 13.jpg


WB《最後の支払い》クリーチャー1体を破壊


【アゾリウス(青白】
【グルール(赤緑)】


(コモンに限り)無し


 


<チェックポイント>


白、赤、緑にそれぞれ1マナのコンバットトリックがあるので覚えておくこと。また、まともな除去が無い中、『イクサランの相克』でアンコモンだった《略奪者の急襲》がコモンになって《奇怪な死》として再録されており、さすがに使い勝手はよさそう。


kawahamarna 35.jpg


注目は《大司法官の扉》で、これまでになかった変わった能力だが馬鹿にできない。追放して場に戻ると、元がタップ状態でもアンタップ状態になり、先制攻撃が付与され、さらにその対象が《護民官の重鎮》や《ハズダーの士官》等のクリーチャー強化系の能力持ちだったらもう大変なことに。(※《ハズダーの士官》の能力は自身を対象に取れることにも注目)


カウンターは1種類のみで色拘束も強いので、盤面を見ればケアするのは容易。


kawahamarna 36.jpg


《法魔道士の束縛》は、攻撃orブロック指定後のクリーチャーに貼っても、そのクリーチャーが戦闘から取り除かれることはないので、コンバットトリックには使えないので注意。




2.デッキ構築編


デッキ構築の基本的な考え方は変わりませんので、ぜひ初回記事をご覧ください。


 


今夜勝ちたい『ドミナリア』プレリリース
http://mtg.bigmagic.net/article/2018/04/kiji/kawahamayoshikazu/1.html


本項では初回記事と考え方が異なる点、『ラヴニカの献身』独自の注意点などについて言及していきます。(前回記事と重複する部分もあるので不要であれば2.4まで飛ばしてかまいません)


 



2.1 タッチカラー、多色化


kawahamarna 37.jpg


基本的には5つのギルドのテーマカラーである2色の組み合わせのいずれかで構築をすることになりますが、『ラヴニカの献身』は2色土地が通常土地枠に含まれ、かつ各カラーの「ロケット」と呼ばれるマナ・アーティファクトがコモンに存在するため、3色目のタッチ・多色化が比較的容易です。デッキパワー底上げのためにも、ぜひ検討しましょう。なお、タッチするときのルールは前回記事で提示したものと変わりません。


◆タッチした色のカードは、多くても2~3枚程度におさえる。
◆「除去」か「ゲームを決める強さのあるカード(つまりレア相当)」を入れる。
◆足したカード枚数+1枚分、追加した色のマナが出るカードを入れる。
◆たとえ強くてもダブルシンボル以上のカードは足さない。
◆4ターン目以降に出して、威力を発揮するカードを入れる。(2マナのカードを追加しても絶対2ターン目にでません!)
◆2色以上の色をタッチしない。
◆デッキ内のダブルシンボルカードを極力減らす


シングルシンボルのカードはもちろん、マルチカラーのカードも片方色があっていればタッチできます。目を光らせてプールを確認しましょう



2.2 カード選択


デッキに優先して入れるカードの選択基準はいつも通りです。


【除去を入れる】


kawahamarna 38.jpg


《奈落への放逐》のようなクリーチャーを破壊するカード、《焦印》や《法魔道士の束縛》のようなクリーチャーを無力化するカード。


【勝ち手段を入れる】


kawahamarna 15.jpg


飛行持ちクリーチャー、《アゾリウスの騎士判事》のような回避能力。


 


【1枚で2枚以上の働きをする(アドバンテージが取れる)カードを入れる】


kawahamarna 16.jpg


おすすめは《死の歓楽》。《詮索の目》はかなり重いので環境のスピード次第。


【弱いカードを入れない】


kawahamarna 17.jpg


例えば《根の罠》は盤面に何も影響しないでカードを損するだけなので、1ターンをしのぐことに価値がないのであれば、適当なクリーチャーや、何なら追加の土地を入れたほうがマシ。


 



2.3 「ラヴニカの献身」シールドの注意点



2.3.1 ギルドごとの構築指針


ほとんどの場合はギルドのテーマカラーで構築されるはずですので、その構築指針を書いておきます。


【アゾリウス】


飛行や回避持ちでテンポよく殴る


◆キーカード


kawahamarna 38-3.jpg


・《評議会の急使》
・《アゾリウスの騎士判事》
・《冷気をもたらす者》


古き良き青白。ただし地面を止める高タフネスクリーチャーがほとんどいないので、序盤は通常サイズのクリーチャーで相打ち込みで守り、後半は《アゾリウスの騎士判事》や《大ムンクルス》で守りつつ飛行クリーチャーで戦線を維持する。《マンモスグモ》や《瓦礫の投げ手》等の到達持ちクリーチャーに注意。カラーコンビネーション的に《法魔道士の束縛》以外に確定除去がないため、《拘引者の忠告》や《火消し》でテンポをとる。


【ラクドス】


絶え間なくダメージを与え続け、絢爛でアドバンテージを得る。


◆キーカード


kawahamarna 39.jpg


・《槍播き》
・《刃の曲芸人》
・《批判家刺殺》


ラクドスの能力である絢爛を達成するための恒久的なダメージ源として、《槍播き》が一番のおすすめ。むしろ絢爛条件を達成しないと基本スタッツ以下でしか運用できないスペルが多いので、火付け役をきちんと用意すること。赤の暴動持ちクリーチャーはライフを詰める点で相性が良いので大いに力を借りることになりそう。一応《反逆の行動》と《地底街のゴミあさり》のコンボもある。


【グルール】


ファッティと速攻で攻め立てる


◆キーカード


kawahamarna 40.jpg


・《炎樹族の蛮人》
・《暴れ回る裂き角》
・《剛力の殴り合い》


リミテッドではサイズは大正義なので、基本暴動は+1/+1カウンターを選択する。ただし、《暴れ回る裂き角》はデフォルトサイズが十分なので相手のライフ水準によっては速攻を選ぶ場合もありえる。除去は弱めで干渉されずらいので、《活力の贈り物》等の強化スペルで押しつぶす。《剛力の殴り合い》はシミックより使いやすい可能性あり。


【オルゾフ】


トークンでアドバンテージを得て粘り強く立ち回る。


◆キーカード


kawahamarna 43.jpg


・《傲慢な支配者》
・《欲深いスラル》
・《最後の支払い》


死後が単にお得な能力でシナジーを求めるものではないので、基本的にはグッドスタッフなデッキになる。ライフを得るカードも多数存在するので、ダメージ計算を狂わすことができそう。《最後の支払い》《地底街のゴミあさり》等のトークン生け贄シナジーもあるが、低マナ域の死後持ちが《傲慢な支配者》のみなのでこのカードの出に左右されそう。絢爛はダメージだけでなくライフを失うことでも機能することに注意。


【シミック】


どっしりかまえてサイズで相手を圧倒する


◆キーカード


kawahamarna 44.jpg


・《エアロムンクルス》
・《マンモスグモ》
・《応用生術》


順応のおかげでゲームが長引いても有利に傾きやすい反面、カラーコンビネーション的に相手のクリーチャーに触りづらいため、序盤の受けをきちんとできる(=低マナの相打ち以上ができるスタッツのクリーチャーをいれる)構成をめざす。そんな中《応用生術》は本セット最強レベルのコンバットトリックで、うまく使って1:3交換くらいしたいところ。



2.3.2 その他の注意点


◆複数シンボルのカードについて


kawahamarna 45.jpg


多色カードの中には、アンコモンとレアにそれぞれGGUUやWWBBといった、色のシンボルが4つ含まれるカードが存在する。どれも強力なものばかりなので、デッキに入る際は確実にキャストできるよう、それぞれの色が出る土地はなるべく均等になるようにしよう。タッチカラーもなるべく控えたほうが無難だ。


◆ギルドカラーの起動型能力を持つサイクルのクリーチャーについて


kawahamarna 46.jpg


《黄昏の豹》のような、自身の色と起動型能力の要求マナの色が異なるクリーチャーのサイクルについては、基本スタッツ以下のものがほとんどなので、色があわなければ入れなくて良い。


◆ライブラリ破壊の可能性について


《しつこい請願者》《思考崩壊》《迷える思考の壁》あたりだが、相当な枚数そろってないとかなり難しい。



3.プレイ編


構築が終わったらあとは遊ぶだけ!普段のマジックと変わりませんが、自分も対戦相手もプレイするカードは見たこと無いものばかりです。テキストはしっかりチェックしましょう。



3.1 ゲーム時の注意点


◆先手か、後手か


ラクドスやグルールといった攻めるギルドに対し、その他ギルドもそれに対処していかないといけないので、どのギルドであっても基本は先手を選ぼう。ただし、初速よりもカード1枚分のほうが大事なようであれば後手を取る選択肢も存在する。


◆カードテキストはよくよく確認しよう


プレリリースでは、自分も対戦相手も見たことのないカードばかり。特にソーサリーとインスタントを取り違えてしまうことはよくあることで「除去を構えてたらソーサリーだった!負け!!」なんてことが無いようにしっかり確認しよう。相手がプレイしたカードも効果を鵜呑みにしないように。



4.プレリリースに参加しよう!


以上で、『ラヴニカの献身』プレリリース準備記事はおしまいです。


今夜の深夜プレリ、およびこの週末の貴方の勝利に少しでもお役に立てれば幸いです。


本記事の感想等、ご意見、ご指摘等ございましたら、


ぜひTwitterアカウント @kwhm_ までご連絡ください。


また、BIG MAGIC各店でもプレリリース開催予定です。


奮ってご参加ください!!


 


マジック:ザ・ギャザリング『ラヴニカの献身』Bigweb特設サイト


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0