BIGs 加藤健介の『GP京都TOP4 地図ミゼット解説』~環境末期はローグに走れ!~

みなさんお久しぶりです!BIGsの加藤です。


先日のグランプリ・京都2019にて幸運にもTOP4という成績を残すことが出来ました。
いわゆるメタゲーム外のデッキを使用して結果を残せたことで予想外の反響があり、
今回記事を書かせていただく運びとなりました。よろしくお願いいたします。



【今回の使用デッキ】



kkkyototop4side 20.pngMagic Online用テキストデータ
MTGアリーナ用テキストデータ


ジェスカイ「地図ミゼット」です。青白赤のコントロールで、《宝物の地図》でアドバンテージを得つつマナ加速もして、《パルン、ニヴ=ミゼット》などの大技に繋げて勝つデッキです。


kkkyototop4 05.jpg


前環境は一定数存在していたのに、『ラヴニカの献身』がスタンダードに入ってからは全く見ることが無くなったこのデッキをなぜ選択したのか、当時の私の思考を振り返ってみます。


グランプリ・京都2019より遡ること2週間と少し前、MTGアリーナのBO3(2本先取モード)にてスタンダードの練習を開始しました。
手始めに赤単、白単、青単、グルール、スゥルタイ、ティムール再生など環境上のデッキを一通り回してみて感触を確かめてみることに。
(余談ですが、今回の調整はMTGアリーナのみでおこなっており、デッキを組む際のコストの安さとテンポよくプレイできる手軽さに非常に助けられました。※MOだと複数デッキを構築するのには相応のコストが発生するので、そもそも一度も試さないデッキがこれまでは結構ありました。)


kkkyototop4 06.jpg


ネクサス系に関しては好みの問題でどうしても回す気になれなかったので最初から候補から外しています。結果、《正気泥棒》入りのスゥルタイ(オメガスゥルタイ)かティムール《荒野の再生》が自分のプレイスタイルに近いと感じるも別段勝てるという訳ではなくこのまま出ても勝ち抜くことは困難であろうと判断。


kkkyototop4 07.jpg
ただ、ティムール《荒野の再生》に入っている《パルン、ニヴ=ミゼット》だけは強いなと感じつつも自分が《パルン、ニヴ=ミゼット》を使う割に相手の《パルン、ニヴ=ミゼット》に対処し辛いなどデッキとしてはあまり好みではありませんでした。



 グランプリ10日前、そろそろ腰を据えて取り組みたいが肝心のデッキがまだ決まりません。ぼんやりと前回MC(ミシックチャンピオンシップ)のTOP8デッキリストを眺めていたところ、Luis Scott-Vargas選手のイゼットフェニックスに目が留まりハッとしました。デッキそのものではなく、"『ラヴニカの献身』のカードが使われていないデッキで勝った"という事実に、です(正確には《竜髑髏の山頂》が《血の墓所》に変更されていましたが)。私は無意識に『ラヴニカの献身』のカードによって多く強化された既存のデッキから選択して使うべきという先入観に縛られていたのです。


となると私にはぜひ試してみたいデッキがありました。前環境のGP静岡で10位に入賞し、MC『ロンドン』の権利を私にもたらしてくれた《パルン、ニヴ=ミゼット》を一番強く使えるデッキ。そう、「地図ミゼット」です。
(今回のベースとなったのはThe Finals2018にて使用した前環境の「地図ミゼット」です。グランプリ・静岡2018より若干細部の調整をしています。)


さっそく押し入れの中からデッキを引っ張り出してきて、これが『ラヴニカの献身』のカードでアップデートできるか検討します。すると、《神聖なる泉》、及び《吸収》の追加で単純にデッキパワーの底上げがされており、新カードの《万全+番人》も試してみると除去として機能しつつ、《番人》モードでは《轟音のクラリオン》の両方のモードと相性が良く、《封じ込め》より有用であると判断。


kkkyototop4 08.jpg


地味に強化されています。そして何はともあれMTGアリーナにて試してみることに。


すると...プラチナ帯で停滞していたランクが連勝でみるみるうちに上がり、あっという間にミシックランクに到達することができました。しかし、この時点ではなぜここまで勝てるのかを理解できておらず、一度自分なりに地図ミゼット視点で考えを巡らせてみることに。



・《轟音のクラリオン》が環境的に強い

kkkyototop4 01.jpg
現環境での3マナの全体除去は《焦熱の連続砲撃》および《肉儀場の叫び》であり、撃たれるアグロ側もそれを意識した構成となっています。具体的にはタフネス3を用意して構造的に致命傷を受けづらくしています。ですが《轟音のクラリオン》はその構成を意に介さず一掃することができます。また絆魂モードもアグロ相手に機能した際は一瞬でライフを致死圏外まで回復することができ、環境的に非常に強いです。



・メインボードにおける《パルン、ニヴ=ミゼット》を対処するカードの減少

kkkyototop4 02.jpg
《貪欲なチュパカブラ》や《ヴラスカの侮辱》《最古再誕》といったカードの採用率が減少し、《パルン、ニヴ=ミゼット》が生きたままターンが返ってくることが多くなりました。実際、何も構えられなくともフルタップで出さざるを得ない状況というのは多々あり、そこでターンが返ってくるかどうかはゲームを決定づける非常に大きなポイントになります。



・「地図ミゼット」デッキ的に苦手だったカードの減少

kkkyototop4 03.jpg
 白ウィニー系の《アダントの尖兵》は対処困難で2キルと言ってもよいほど苦手なカードでした。しかし現在のメタゲームでは単色相手に弱いため大幅に数を減らし、ネクサスなどのインスタントタイミングで動くことの多いデッキに強い《徴税人》にその座を追われました。また、《殺戮の暴君》も《ハイドロイド混成体》の登場とともに数を減らし、メインボードに1枚も入っていないパターンも散見されるように。


・環境後期となり、デッキリストの固定化が進んだことによる「わからん殺し」の有用性の向上


kkkyototop4 04.jpg
昨今は結果を出したデッキリストがリアルタイムで共有され、プロプレイヤーからの詳細なサイドボードのインアウト指南までマニュアル化が進んでいます。


間違いなくプレイヤーフレンドリーと言えるものではありますが、武道の「型」のように決められた応酬をなぞることに慣れたプレイヤーはいざ予想外の相手に遭遇した際に応用が効かないことが多く、「相手に内容が知られていない」ことによる適正なプレイが出来ないというアドバンテージは想像以上に大きく働いていると練習段階で実感しました。


相性不利の相手であってもサイドプランによって勝つケースも多く、それに気付いてからは意識して相手に読まれにくいカードを増やしています。例えば、メインに2枚採用の《呪文貫き》は相手の大ぶりなスペルである《ビビアン・リード》《荒野の再生》《実験の狂乱》といったキーカードを何度も打ち消してゲームに勝利することができました。青単の"知られている《呪文貫き》"の何倍も地図ミゼットの"知られていない《呪文貫き》"は強いのです。


MTGアリーナでの実戦経験と上記の考えからグランプリでも十分通用しうると判断し、"押し入れに入っていた刀"こと「地図ミゼット」の使用を決意しました。




グランプリ・京都2019レポート


1日目
R1 bye
R2 bye
R3 グリクシス〇〇
R4 スゥルタイ〇〇
R5 赤単t緑×〇〇
R6 青単〇〇
R7 赤単t緑〇×〇(トモハッピーさん)
R8 ティムール再生×〇〇
R9 白単t赤×〇〇(ビデオフィーチャーマッチ


初日は幸運にも恵まれ無敗の9-0を達成!初日全勝をするのは初めての経験でしたのでTOP8への期待が膨らみます。9回戦終了時には公式放送に呼んでいただき、デッキに関してお話させていただきましたのでぜひ見てください


2日目
R10 赤単t黒〇〇(BIGs・石田龍一郎選手 テキストカバレージ
R11 グルール恐竜〇×〇(TOP4入賞・徳山善彦選手)
R12 ティムール再生×〇×(熊谷陸選手 ビデオフィーチャーマッチ
R13 赤単t黒×〇〇(チーム武蔵・覚前輝也選手)
R14 スゥルタイ〇〇
R15 スゥルタイ〇××(チーム武蔵・渡辺雄也選手 ビデオフィーチャーマッチ


初日9-0、2日目4-2の13-2の6位抜けでシングルエリミネーションに進出。
前回のGP静岡では同じ13-2ながらもオポが低く10位とTOP8に入ることができなかったので、自分の名前が呼ばれたときは安心とともに嬉しさがこみ上げてきました。


決勝トーナメント
QF 赤単 〇〇(前羽秀昭選手 テキストカバレージ
SF スゥルタイ××(チーム武蔵・渡辺雄也選手 テキストカバレージ


SFでスイスラウンド最終戦で負けた渡辺雄也選手に再び敗れ、TOP4で私のGP京都は幕を閉じました。決勝ラウンドはリスト公開となるため情報面でのアドバンテージが薄れ、まして相手は世界最高のプレイヤーの渡辺雄也選手ということもあり一矢報いること叶いませんでした。実は私の密かな目標として、マジックで好成績を出して公式に似顔絵を描いてもらうというものがあります(笑)


今回滅多に訪れない好機を逃したことに若干落胆はしましたが、既に権利を持っているMCロンドンに続いてMCバルセロナの権利を獲得できたこと、ビデオフィーチャーやテキストカバレージに多く呼んでいただけたことなど名実ともに非常に得るものの多い大会となりました。



簡易サイドボードガイド


サイドボードは相手との読み合いですので、下記に盲目的に従うのではなく、サイドボードのカード選択も含めよく検討してみてください。あくまで目安とすることをお勧めします。


対赤単アグロ系(有利)
IN
2《黎明をもたらす者ライラ》3《再燃するフェニックス》1《溶岩コイル》1~2《拘留代理人》
kkkyototop4side 01.jpgkkkyototop4side 01.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 03.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpg


OUT
2《薬術師の眼識》2《発展+発破》1《パルン、ニヴ=ミゼット》1《潜水》1~2《宝物の地図》
※相手が赤単t緑の場合は《争闘+壮大》が入ってくるため《潜水》は全て残す。
kkkyototop4side 05.jpgkkkyototop4side 05.jpgkkkyototop4side 06.jpgkkkyototop4side 06.jpgkkkyototop4side 07.jpgkkkyototop4side 08.jpgkkkyototop4side 09.jpgkkkyototop4side 09.jpg


対白単アグロ系(有利)
IN
2《黎明をもたらす者ライラ》、3《拘留代理人》、1《溶岩コイル》
kkkyototop4side 01.jpgkkkyototop4side 01.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 03.jpg
OUT
2《薬術師の眼識》、2《発展+発破》、1《潜水》、1《パルン、ニヴ=ミゼット》
kkkyototop4side 05.jpgkkkyototop4side 05.jpgkkkyototop4side 06.jpgkkkyototop4side 06.jpgkkkyototop4side 08.jpgkkkyototop4side 07.jpg


対青単アグロ(有利)
IN
2《黎明をもたらす者ライラ》、3《再燃するフェニックス》、3《拘留代理人》、1《溶岩コイル》
kkkyototop4side 01.jpgkkkyototop4side 01.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 03.jpg
OUT
2《薬術師の眼識》、3《ドミナリアの英雄、テフェリー》、2《発展+発破》、1《潜水》、1《吸収》
kkkyototop4side 05.jpgkkkyototop4side 05.jpgkkkyototop4side 10.jpgkkkyototop4side 10.jpgkkkyototop4side 10.jpgkkkyototop4side 06.jpgkkkyototop4side 06.jpgkkkyototop4side 08.jpgkkkyototop4side 17.jpg


対スゥルタイミッドレンジ(互角~微不利)
IN
2《黎明をもたらす者ライラ》、3《再燃するフェニックス》、1~2《拘留代理人》、1《溶岩コイル》
kkkyototop4side 01.jpgkkkyototop4side 01.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 03.jpg
OUT
4《宝物の地図》、1~2《パルン、ニヴ=ミゼット》2《呪文貫き》
kkkyototop4side 09.jpgkkkyototop4side 09.jpgkkkyototop4side 09.jpgkkkyototop4side 09.jpgkkkyototop4side 07.jpgkkkyototop4side 07.jpgkkkyototop4side 11.jpgkkkyototop4side 11.jpg


対エスパーコントロール(不利)
IN
3《再燃するフェニックス》、2《否認》、1《苦悩火》、3《軍勢の戦親分》、2《拘留代理人》
kkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 02.jpgkkkyototop4side 12.jpgkkkyototop4side 12.jpgkkkyototop4side 13.jpgkkkyototop4side 14.jpgkkkyototop4side 14.jpgkkkyototop4side 14.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpg


OUT
4《轟音のクラリオン》、2《溶岩コイル》、1《シヴの火》、1《万全+番人》、1《裁きの一撃》、2《吸収》
kkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 03.jpgkkkyototop4side 03.jpgkkkyototop4side 19.jpgkkkyototop4side 16.jpgkkkyototop4side 15.jpgkkkyototop4side 17.jpgkkkyototop4side 17.jpg


対ティムール《荒野の再生》デッキ(微不利)
IN
2《否認》、1《苦悩火》、3《軍勢の戦親分》、3《拘留代理人》
kkkyototop4side 12.jpgkkkyototop4side 12.jpgkkkyototop4side 13.jpgkkkyototop4side 14.jpgkkkyototop4side 14.jpgkkkyototop4side 14.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpg
OUT
4《轟音のクラリオン》、2《溶岩コイル》、1《シヴの火》、1《万全+番人》、1《潜水》
kkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 03.jpgkkkyototop4side 03.jpgkkkyototop4side 19.jpgkkkyototop4side 16.jpgkkkyototop4side 08.jpg


対シミックネクサス(微不利)
IN
2《否認》、1《苦悩火》、3《軍勢の戦親分》、3《拘留代理人》
kkkyototop4side 12.jpgkkkyototop4side 12.jpgkkkyototop4side 13.jpgkkkyototop4side 14.jpgkkkyototop4side 14.jpgkkkyototop4side 14.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpgkkkyototop4side 04.jpg
OUT
4《轟音のクラリオン》2《溶岩コイル》1《シヴの火》1《万全+番人》1《裁きの一撃》
kkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 18.jpgkkkyototop4side 03.jpgkkkyototop4side 03.jpgkkkyototop4side 19.jpgkkkyototop4side 16.jpgkkkyototop4side 15.jpg



終わりに


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。少しでも皆様の参考になれば幸いです。


皆さんもデッキ選択に悩んだときは(頭の中の)押し入れを探してみましょう。
ひょっとしたらそこにはあなたと共に勝つ時をじっと待っている相棒がいるかもしれませんよ。


質問、疑問などあれば私のTwitterアカウントまでご連絡ください。


それでは、またどこかの大会会場でお会いしましょう!


加藤健介




3030426.jpgカードゲーム通販「Bigweb」ではこの記事で紹介したデッキをデッキケースとスリーブ付きのセットで販売中です!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0