青赤果敢、黒単信心、黒緑《カタカタ橋のトロール》 in スタンダード ~ デッキリスト探検隊 第64回

By Riku Imaizumi 


こんにちは。「オリジナルデッキを見つけて紹介する」デッキリスト探検隊、第64回です。


「目が覚めるようなデッキリストを見たい、というかあわよくば自分のデッキをみんなに知らしめたい


と思っているデッキビルダーのみなさまの要望にお応えし、今日もデッキリストを紹介していきます。


オリジナリティがあるだけのデッキリストは誰にでも作れます。しかしながらそれで勝つのは至難の業。


だからこそ、オリジナリティを持ち、ある程度の成績を残したデッキリストには大きな価値があるのです。


デッキリストにはビルダーの個性が光ります。


唯一無二、この世に一つしかないオリジナルデッキたち。


そんな「デッキビルダーの作品」を今日も紹介していきます!


 


 


青赤果敢


deckexploler64 09.png


Designed by _Falcon_ in Magic Online


 


モダンをプレイしている方なら青赤果敢をご存知でしょう。
スプライトのドラゴン》、《嵐翼の精体》といった優秀な果敢クリーチャーを、青と赤の軽量スペルでサポートする強力なビートダウンです。


deckexploler64 01.jpg


そして、この二種類のクリーチャーはスタンダードに存在するんですよね。
ならばスタンダードで再現できないか? と考えられて作られたのが本デッキリストです。
課題は《損魂魔道士》《僧院の速槍》の不在です。穴埋めをするのがこの二枚。


deckexploler64 02.jpg


どちらも軽さでは本家に及ばないものの、クロックの厚さでは劣りませんし、回避能力では勝っています。
とくに《謎変化》はソーサリー除去には耐性があるので、全体除去に対して強く動けるのは明確な利点です。


魔力変》のような超強力スペルはないものの、現スタンダードにはモダン環境でも見劣りしない優秀なスペルが揃っています。


deckexploler64 03.jpg


このほか、《選択》や《突破》といった果敢デッキでお馴染みの呪文も採用済み。
なにより、このデッキを足掛かりにモダンに参入することも考えられますね。新たにデッキを増やしたいなら、手に取ってみてはいかがでしょうか。


 


 
黒単信心


deckexploler64 10.png


Designed by Timr0d in Magic Online


  


こちらのデッキは、懐かしの黒単信心を思い起こさせます。


deckexploler64 04.jpg


この黒への信心の高さ。《アスフォデルの灰色商人》の能力一回で8点以上のドレインが入ることも珍しくないでしょう。


《アスフォデルの灰色商人》再録以来、黒単信心は信心確保が不安定であるという課題を抱えていました。
旧『テーロス』では《地下世界の人脈》や《夜帷の死霊》で信心を確保していましたが、これらはエンチャントであったり環境の除去呪文の対象になりづらかったため、比較的安定したドレインができたのです。


一方、現環境では長らく黒マナシンボルの多いエンチャントはありませんでした。信心の高いクリーチャーはいるものの、《厚かましい借り手》や《取り除き》のような除去呪文が強いため、安定したドレインはできなかったと思います。


そんな状況の中、『ストリクスヘイブン』で追加された《劇的な終焉》は、まさに劇的。


deckexploler64 05.jpg


エンチャントであり、信心が4点分。
しかも、クリーチャーで信心を高めなければならない今の黒単信心ならば、死亡誘発でトークンを生み出す能力が補完的に働きます。疑似的な除去耐性となるわけですからね。


もちろん、《厚かましい借り手》が存在する以上、メイン戦でも絶対に戦場から離れないというわけではありません。
ですが、青の入っていないアグロデッキに対してはかなり有利になったのではないでしょうか。
1枚ながら《デーモゴスのタイタン》も存在感がありますね。


 


 
黒緑《カタカタ橋のトロール》


deckexploler64 11.png


Designed by Takahashi Nobuyuki


  


こちらは《カタカタ橋のトロール》をエースに据えたデッキ。
5マナ、8/8、トランプル、速攻。《黄金架のドラゴン》すら軽く置き去りにするスペックを利用できる工夫がされています。


deckexploler64 06.jpg


デメリットを帳消しにする《領界喰らい、サルーフ》に、デメリットを逆手にとる《怪物の災厄、チェビル》。
このデッキが黒緑で構成されている理由です。


説明するまでもないですが、《領界喰らい、サルーフ》ならばヤギの群れを吹き飛ばしてトロールがそのまま走りだしますし、
《怪物の災厄、チェビル》ならヤギを賞金首にしてしまってアドバンテージに繋げられます。


他には、ライフゲインに着目してマナコストを減らしたり......


deckexploler64 07.jpg


そもそもヤギを無視したり......


deckexploler64 08.jpg


工夫すれば癖の強いカードだって使いこなせるという、デッキビルディングの醍醐味が現れた良いデッキリストです。




以上、デッキリスト探検隊でした。


昨今、自分のデッキを記事にする人も増えてきました。そういった発信も良い流れだと思いますが、デッキビルダーたるもの、自分のデッキが他人の記事に掲載されることこそ本懐。


あなたの作ったデッキを紹介できる日を楽しみにしています。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑








この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0