青単ライブラリアウト、白黒クレリック、《雷の頂点、ヴァドロック》in スタンダード ~ デッキリスト探検隊 第59回 ~

By Riku Imaizumi 


こんにちは。「オリジナルデッキを見つけて紹介する」デッキリスト探検隊、第59回です。


「目が覚めるようなデッキリストを見たい、というかあわよくば自分のデッキをみんなに知らしめたい


と思っているデッキビルダーのみなさまの要望にお応えし、今日もデッキリストを紹介していきます。


オリジナリティがあるだけのデッキリストは誰にでも作れます。しかしながらそれで勝つのは至難の業。


だからこそ、オリジナリティを持ち、ある程度の成績を残したデッキリストには大きな価値があるのです。


デッキリストにはビルダーの個性が光ります。


唯一無二、この世に一つしかないオリジナルデッキたち。


そんな「デッキビルダーの作品」を今日も紹介していきます!


 


 


青単ライブラリーアウト


deckexploler59 12.png



Designed by Murai Kazuyuki


 


スタンダードでライブラリー破壊の戦法をとるデッキというと青黒のならず者が有名ですが、こちらは同様の闘い方を青単で行います。
最も大きな違いは、テフェリーの後見》の有無でしょう。


deckexploler59 01.jpg


青黒ならず者デッキにも入れられないカードではありませんが、クリーチャーを並べて削りに行くため、基本的に不要です。
一方、ならず者に頼らずにライブラリーを攻める青単では必要な模様。《物語への没入》と合わせれば8枚切削させたうえで4枚ドローできます。
それが決まればかなり勝利に近づくはずですが、ロマンあるコンボも仕込まれていますよ。


deckexploler59 02.jpg


航海の神、コシマ》は時間はかかるものの大量ドローの可能性を秘めています。《テフェリーの後見》と組み合わせて、大量切削を実現できるといいですね。
ただし、カード自体は、表面の《航海の神、コシマ》よりも、裏面の《領界船》をメインに考えた採用なのだと思います。《圧倒される弟子》が搭乗できますし、攻撃が通れば3枚切削しただけではなく土地確保ができるので、《遺跡ガニ》の上陸能力を使えるようになりますね。


もうひとつのロマンコンボは、《テフェリーの後見》+《海門の嵐呼び》+《物語への没入》。
8枚ドローに、16枚切削。《遺跡ガニ》からスタートできれば、最速の4ターン目に決まる可能性が生まれます。


コンボ自体の成功率はそこまで高くはないかもしれませんが、噛みあわないコンボパーツをわざわざ入れているわけではないのが良いですね。このデッキでは《海門の嵐呼び》がけっこうな活躍をしてくれそうです。


deckexploler59 03.jpg


《深みへの冒険》(《マーフォークの秘守り》の出来事呪文)をコピーするだけで単純に火力呪文として使えますし、《共に逃走》で《海門の嵐呼び》を再利用できます。
もちろん、《共に逃走》をコピーするのも強力です。その場合は《海門の嵐呼び》と《マーフォークの秘守り》の2枚をバウンスしてやるのがベストでしょう。


一方で青黒ならず者と比較をすると、クリーチャーが弱く、盤面で攻めにくいのは短所かもしれません。
そうすると対戦相手は除去呪文を減らして有効なカードをサイドインしてくるはず。そんな時に役に立つのが......


deckexploler59 04.jpg


ヴァントレスのガーゴイル》と《秘宝のゴーレム》。どちらも4~6マナレベルのマナレシオを誇る強力クリーチャー。
メインデッキに《ヴァントレスのガーゴイル》がメインデッキに入っているため、除去呪文を全てサイドアウトされることはないと思いますが、枚数の差で押し勝つことはできるのではないでしょうか。
特に、《大慌ての棚卸し》や《時の支配者、テフェリー》といったカード・アドバンテージを稼ぐカードも入っているので、単純に対処札には強くなりそうな印象ですね。


 


 
白黒クレリック


deckexploler59 13.png



Designed by Shusuke Hayakawa


 


クレリックを中心とした、変則アグロデッキです。


deckexploler59 05.jpg


ライフゲイン能力をトリガーとするクレリックたちが多数採用されています。


先兵となるのは《天界の語り部》。警戒に絆魂とクリーチャー戦を有利に進める能力を持つため、ぜひとも《光輝王の野心家》で強化してあげましょう。なんとか火力圏外まで育ってくれたらかなり頼もしくなってくれるはず。絆魂能力でライフを稼いだら、天使量産の時間です。


続く2マナの戦闘要員は《生命の絆の僧侶》。《アジャニの群れ仲間》と違い強化幅に制限がありますが、自前でライフゲインを誘発させる能力を所持しています。前向きな考え方をするなら、《魂の管理人》と《アジャニの群れ仲間》が一枚になった、と言えなくもありません。
強化能力は相手のターンにも誘発してくれるので、しっかりと覚えておきましょう。


さて、3マナ域はデッキの主力とも言えるこの2枚です。


deckexploler59 06.jpg


どちらも高い決定力を持っています。《正義の戦乙女》は全体強化、《薄暮薔薇の棘、ヴィト》は火力で速やかに勝利まで導いてくれるでしょう。
そして、この2枚の本領を可能な限り早く発揮するためか、なんと希望の光まで入っています。一般的なデッキではカードパワーの低さから敬遠されがちなカードですが、4枚も採用されているということからは、《正義の戦乙女》や《天界の語り部》にそれだけのポテンシャルがあるということを伺えます。


 


 
白青赤《雷の頂点、ヴァドロック》変容コンボ


deckexploler59 14.png



Designed by Kouichi Miyabe


 


雷の頂点、ヴァドロック》を中心に据えた変容デッキは以前より存在していましたが、《領界路の開放》の加入によって一種のコンボデッキへと姿を変えました


deckexploler59 07.jpg


1. 《雷の頂点、ヴァドロック》を変容 → 墓地の《領界路の開放》をプレイし、4マナ確保。
2. 確保した4マナで2枚目の《雷の頂点、ヴァドロック》を変容。能力が2回誘発。《領界路の開放》で4マナ確保+ドロー呪文やサーチ呪文で次の変容クリーチャーを手札へ。
3. 確保したマナとクリーチャーで、もう一度変容を誘発。


......といった具合で繋がっていくチェイン・コンボです。
繋げていった上で、どのようにゲームを決めるのかというと......


deckexploler59 08.jpg


4. 《幼獣守り》を《雷の頂点、ヴァドロック》に変容。1/1トークンを生み出す。
5. 「2」と「3」の動きを繰り返し、マナとトークンをどんどん増やしていく。
6. マナが十分に余ったところで、《領界路の開放》の下段能力でトークンを全体強化。(数によっては強化しなくてもOK)
7. 増やしたマナから《青銅血のパーフォロス》をプレイ。
8. トークンが全て速攻を持つので、攻撃してゲームセット。


このように、何度も何度も変容を繰り返すことが前提となっています。
そのためのキーカードが、《領界路の開放》に加えてもう一枚、栄光の探索です。


deckexploler59 09.jpg


以前は《雷の頂点、ヴァドロック》と相性の良い《真実の視認》がドロー呪文として使われていました。
《栄光の探索》の良いところは、なんといっても《雷の頂点、ヴァドロック》を確実にサーチできること。これが2枚変容できなければ、マナか手札のどちらかはどこかで尽きてしまいますから。
また、デッキに一枚しか入っていない《青銅血のパーフォロス》や、一部の状況でだけ欲しい《猟の頂点、スナップダックス》をサーチできるのも《真実の視認》にはない強みです。


もうひとつ驚きなのが、2種類採用された英雄譚です。


deckexploler59 10.jpg


メレティス誕生》は壁トークンを変容先にできることから採用したのでしょう。『カルドハイム』参入以前は《雷の頂点、ヴァドロック》を変容したうえで攻撃する必要がありましたから、使う価値がありませんでした。現在は上記のコンボが中心になっていますので、別に攻撃できなくても良いのです。


もう一枚は《鴉の警告》。軽量な飛行クリーチャーが多いにも関わらずこのカードが採用されているのは、第Ⅰ章による変容先の確保と、第Ⅲ章によるサーチ能力が目当てでしょう。
証拠と言わんばかりに、サイドボードは1枚採用のカードが目白押しです。


deckexploler59 11.jpg


コンボデッキのサーチカードというとかなり重宝されるものですが、《鴉の警告》の場合はサーチ完了までに時間がかかるので、どちらかというとシルバーバレット(相手の戦略への対抗戦略)のために入っているのだと思います。


変容とその誘発型能力自体がなかなか強力なので、コンボだけではなく《猟の頂点、スナップダックス》で盤面を制圧して勝利するプランに舵を切れるのも魅力的ですね。




以上、デッキリスト探検隊でした。


昨今、自分のデッキを記事にする人も増えてきました。そういった発信も良い流れだと思いますが、デッキビルダーたるもの、自分のデッキが他人の記事に掲載されることこそ本懐。


あなたの作ったデッキを紹介できる日を楽しみにしています。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0