《深海の破滅、ジャイルーダ》、《魂の占者》ゾンビ、《創造の座、オムナス》 in モダン ~ デッキリスト探検隊 第43回 ~

By Riku Imaizumi


こんにちは。「オリジナルデッキを見つけて紹介する」デッキリスト探検隊、第43回です。


面白いデッキリストを見る機会が減ってきた昨今、


「目が覚めるようなデッキリストを見たい、というかあわよくば自分のデッキをみんなに知らしめたい


と思っているデッキビルダーのみなさまの要望にお応えし、今日もデッキリストを紹介していきます。


オリジナリティがあるだけのデッキリストは誰にでも作れます。しかしながらそれで勝つのは至難の業。


だからこそ、オリジナリティを持ち、ある程度の成績を残したデッキリストには大きな価値があるのです。


デッキリストにはビルダーの個性が光ります。


唯一無二、この世に一つしかないオリジナルデッキたち。


そんな「デッキビルダーの作品」を今日も紹介していきます!


 


ランド・《深海の破滅、ジャイルーダ》


deckexploler43 11.jpg


Designed by mashmalovsky in Magic Online


 


死者の原野》を使った土地コントロールに、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》系のマナランプを組み合わせたようなデッキリスト。
《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》も《自然の怒りのタイタン、ウーロ》も入っていませんが、その分深海の破滅、ジャイルーダに大きな存在感を感じますね。


deckexploler43 01.jpg


深海の破滅、ジャイルーダ》の能力で呼び出したいのは基本的には《原始のタイタン》。《死者の原野》を始め、《爆発域》《ボジューカの沼》《幽霊街》などを状況に合わせてサーチします。
状況によって選択肢を増やすためか、《原始のタイタン》以外の候補は散らされています。


deckexploler43 02.jpg


どれも戦況をひっくり返す、あるいはゲームを決めてしまうような力を持ったクリーチャーばかり。
狂気の種父》や《自由なる者ルーリク・サーは主にコントロール系統に強いクリーチャーですが、場合によってはアグロ系相手に引導を渡すこともできるでしょう。ちなみに《狂気の種父》の部族は《深海の破滅、ジャイルーダ》と同じ「デーモン」なので、《魂の洞窟》のマナを共有することが出来ます。


《深海の破滅、ジャイルーダ》を使う関係から《自然の怒りのタイタン、ウーロ》のようなパワーカードを使えませんが、デメリットばかりではありません。


deckexploler43 03.jpg


その構成上、虚空の杯》を特定のマナコストでプレイすると一方的にアドバンテージを獲得できます。
特にこのデッキの構造がマナランプなので、X=1でも2でも、なんなら3でプレイするのも難しくなく、一般的なデッキより柔軟性のある活躍ができるはずです。


2マナの加速呪文の構成が、《探検》2枚、《遥か見》3枚などいびつになっているのが気になりますが、恐らく《森の女人像》のスペースをとるためだと思います。《深海の破滅、ジャイルーダ》のヒットを少しでも減らすための工夫ですね。
メインデッキの偶数マナのクリーチャーの枚数が60枚19枚、つまりだいたい3枚に1枚含まれる割合になっており、4枚めくってくれる《深海の破滅、ジャイルーダ》なら外すことはそう多くはないでしょう。


  


  


青黒カウンターゾンビ


deckexploler43 12.jpg


Designed by aspiringspike in Magic Online


 


いまやゾンビデッキにもバリエーションが多々ありますが、その中でもこのデッキは魂の占者を主役に据えています。


deckexploler43 04.jpg


カウンターをドローに変換できる2マナ2/3のゾンビ。
さて、カウンターを使うカードというと......


deckexploler43 05.jpg


けっこういっぱいいる!
どれも《魂の占者》の能力と噛みあいますし、単体で十分強力なゾンビなので、扱いに困ることはないでしょう。


このデッキ、見れば見るほど息切れしないように思えていきますね。
もともとゾンビに備わっていた復活能力に加え、《魂の占者》もいることですし、他にもドローカードがたくさん入っています。


deckexploler43 06.jpg


これだけドローできるカードがあれば、《霊気の薬瓶》は八面六臂の活躍でしょう。複数置いて同一ターンに起動することも珍しくなさそうです。
また、大量に場に並ぶということは死亡することも大量にあるからなのか、死亡誘発のカードも多めです。《アンデッドの占い師》《疫病吹き》に加え、《戦墓の隊長》まで採用されています。


deckexploler43 07.jpg


旧『イニストラード』スタンダードのプレイヤーにとっては懐かしい一枚。サイドボードにはカウンター(呪文)も入れられますし、ゾンビデッキの構成に一石を投じることでしょう。


  


  


パワーカード満載の《創造の座、オムナス》


deckexploler43 10.jpg


Designed by __BMJ__ in Magic Online


 


発売後まもない禁止が記憶に新しい《創造の座、オムナス》。
それに加え、近年のパワーカードをこれでもかというくらい詰め込んだデッキリストです。


deckexploler43 08.jpg


オムナス! ウーロ! レンロク!


 


いずれもどこかのフォーマットで禁止にされたカードばかり。モダンで使えるなら《王冠泥棒、オーコ》もここにいたんだろうなあ......。
禁止指定は喰らっていないものの、他にも名だたるパワーカードが目白押し。


deckexploler43 09.jpg


このデッキの面白いところは、単体はどれも異様とも形容できそうなパワーカードでも、それぞれで緩やかにシナジーを形成している点です。


例えば、《湖に潜む者、エムリー》は戦場に出た時に墓地を増やすので《自然の怒りのタイタン、ウーロ》や《レンと六番》と相性が良く、
《自然の怒りのタイタン、ウーロ》や《レンと六番》は《水蓮のコブラ》や《創造の座、オムナス》と相性が良い。
そしてそれらが生み出す大量のマナは《大いなる創造者、カーン》でサーチしたアーティファクトをそのまま唱えるのにも、《眷者の神童、キナン》の能力を起動するのにも使え、
《大いなる創造者、カーン》や《眷者の神童、キナン》は《湖に潜む者、エムリー》およびそれを扱うための《モックス・アンバー》などと相性が良い。
といった具合です。


パワーカード同士の共演を見てみたい、という方におすすめのデッキです。
あるいは、禁止に指定されたカードがストレージに置かれたままになっている......という方にも。




以上、デッキリスト探検隊でした。


昨今、自分のデッキを記事にする人も増えてきました。そういった発信も良い流れだと思いますが、デッキビルダーたるもの、自分のデッキが他人の記事に掲載されることこそ本懐。


あなたの作ったデッキを紹介できる日を楽しみにしています。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0