黒赤パーティー、白赤《古代を継ぐ者、ナヒリ》、《運命の手、ケイリクス》 in スタンダード ~ デッキリスト探検隊 第42回 ~

By Riku Imaizumi


こんにちは。「オリジナルデッキを見つけて紹介する」デッキリスト探検隊、第42回です。


面白いデッキリストを見る機会が減ってきた昨今、


「目が覚めるようなデッキリストを見たい、というかあわよくば自分のデッキをみんなに知らしめたい


と思っているデッキビルダーのみなさまの要望にお応えし、今日もデッキリストを紹介していきます。


オリジナリティがあるだけのデッキリストは誰にでも作れます。しかしながらそれで勝つのは至難の業。


だからこそ、オリジナリティを持ち、ある程度の成績を残したデッキリストには大きな価値があるのです。


デッキリストにはビルダーの個性が光ります。


唯一無二、この世に一つしかないオリジナルデッキたち。


そんな「デッキビルダーの作品」を今日も紹介していきます!


 


黒赤・パーティー


『ゼンディカーの夜明け』のパーティー関連カードの中でも、黒のこの2枚は比較的使いやすく、優秀です。


deckexploler42 04.jpg


そのためか、パーティー要素をこの2枚だけに絞ったようなデッキが存在するようです。


deckexploler42 01.png


Designed by KelMasterP in Magic Online


 


基本的には軽量黒赤ビートダウンですが、2種類のパーティー・カードがスパイスのような存在感を放っていますね。
収得の熟練者は現在モダンで活躍中の《帆凧の掠め盗り》に、マラキールの血僧侶は昔のスタンダードで猛威を振るった《アスフォデルの灰色商人》に通ずるものがあり、パーティーさえ揃えばそれらに勝るとも劣らないパフォーマンスをみせてくれます。


多少パーティー要素を抑えているとはいえ、そもそもビートダウンは全体除去には基本的に強くありません。
ですが、このデッキにはリカバリーに優れたカードが多数採用されており、こうしたアーキタイプの弱点を意識してカバーしているようです。


deckexploler42 05.jpg


軽量ビートダウンといえば、もはや《夢の巣のルールス》は欠かせません。
《夢の巣のルールス》さえ除去してやればあとはもうリカバリーなどできない......と思う対戦相手の心をくじくように、まさかの死住まいの呼び声》4枚採用。《夢の巣のルールス》(とその仲間たち)が何度でも蘇ります。
さらに《アガディームの覚醒》まで入っているのですから、全体除去を1、2回使われたところで問題ではないでしょう。


これらのリアニメイト呪文は、《収得の熟練者》《マラキールの血僧侶》が戦場に出た時の誘発型能力を持つことから、さらに威力が増しています。
特に《死住まいの呼び声》で《マラキールの血僧侶》と《火刃の突撃者》を戦場に戻せば2点ドレインに加えて1点ダメージが予約されます(《火刃の突撃者》の死亡時能力)。繰り返し呼び戻されたら対戦相手はたまらないでしょう。


クレリック8枚、戦士6枚、ならず者4枚、ウィザード4枚と差はあるもののパーティーメンバーもそれぞれ枚数がとられていますし、リアニメイト呪文で必要な部族を呼び戻せますから、パーティーもそれなりに揃うと思います。
もしもパーティーが揃わなくとも普通のビートダウンとして戦えば良いだけなので、ストレスの少ないデッキですね。


 


白赤・《古代を継ぐ者、ナヒリ》


deckexploler42 02.png


Designed by Matsunaga Takahiro


 


プレインズウォーカー・ナヒリがいることから、ゼンディカー次元では装備品にスポットライトが当たることが多いです。
こちらのデッキはその装備品を使おうというリストですね。


『ゼンディカーの夜明け』で注目すべき装備品はやはり《スカイクレイブの大鎚》です。


deckexploler42 06.jpg


昔のスタンダードで活躍した《天使の運命》に近いカードです。
装備コストは少々重いですが、《古代を継ぐ者、ナヒリ》などを使えば問題はありません。


deckexploler42 07.jpg


特に毅然たる一撃はインスタントタイミングで装備能力が解決するので、対戦相手の虚を突きやすく、大きなアドバンテージを稼げる可能性があります。
また、《古代を継ぐ者、ナヒリ》や《毅然たる一撃》が戦士を参照することから、ゆるめの戦士デッキとしてもデザインされています。


deckexploler42 08.jpg


中でも《コーの刃使い》は抜群のシナジーですね。ブロックされなかった後に《毅然たる一撃》で《スカイクレイブの大鎚》を装備してやりたくなります。


ちなみに、このデッキにも採用されている《カルガの威嚇者》ですが、相手が使ってくる場合はちょっと注意しましょう。


deckexploler42 09.jpg


「• クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは臆病者になる。」の能力を使われると、戦士ではなくなってしまうので、各種の戦士シナジーを受けられなくなります。
こちらが使う時は、逆に相手のパーティー完成や部族シナジーを阻害することもできますので、しっかり覚えておくことをおすすめします。


 


バント・《運命の手、ケイリクス》


deckexploler42 03.png


Designed by Mito Yuuta


 


こちらは運命の手、ケイリクスを活用したデッキ。
[ +1 ]能力で手札を増やす確率を上げるため、なんと80枚中31枚がエンチャントです。


メインデッキが80枚な理由は《空を放浪するもの、ヨーリオン》を相棒とするため。
基本的には星座デッキで、《空を放浪するもの、ヨーリオン》で大量アドバンテージ獲得を目指すようですね。


deckexploler42 10.jpg


星座以外にも英雄譚が9枚入っているので、《空を放浪するもの、ヨーリオン》の能力の対象に迷うことはあまりないはずです。


デッキの理想的な動きは、やはり3ターン目の《運命の手、ケイリクス》着地でしょう。


deckexploler42 11.jpg


狼柳の安息所》からスタートを切れば3ターン目に《運命の手、ケイリクス》が着地。
素直に[ +1 ]能力を使い続けられれば一番ですが、そのターンに相手のクリーチャーを追放する[ -3 ]能力を使うのも強力です。


もちろん[ -3 ]能力の対象とする自分のエンチャントはなるべく慎重に選びたいところです。
できれば《海の神のお告げ》を使いたいですね。もしもエンチャント破壊呪文の対象とされても、3マナ+生け贄でドローに変わるため、相手にディスアドバンテージを強いることが可能だからです。
逆に《アショクの消去》や《払拭の光》を対象とするのはなるべく避けましょう。破壊された時の損害が大きいからです。


サイドボードのこの《運命を紡ぐ者》はこのデッキでならかなりの活躍が見込めそうですね。


deckexploler42 12.jpg


「あなたがコントロールしていてクリーチャーやエンチャントである呪文は打ち消されない」。なんと、クリーチャーだけではなくエンチャントにまで打ち消し耐性を与えます。
メイン・サイド合わせた95枚中、実に52枚ものカードが打ち消されないようになるのです。もちろんサイドボーディングを行う以上は実際に52枚をフルで使うことはほぼあり得ませんが、頼りになる能力であることは間違いないでしょう。




以上、デッキリスト探検隊でした。


昨今、自分のデッキを記事にする人も増えてきました。そういった発信も良い流れだと思いますが、デッキビルダーたるもの、自分のデッキが他人の記事に掲載されることこそ本懐。


あなたの作ったデッキを紹介できる日を楽しみにしています。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0