白単トークン、《脂火玉》、《太陽打ちの槌》 in モダン ~ デッキリスト探検隊 第34回 ~

By Riku Imaizumi


こんにちは。「オリジナルデッキを見つけて紹介する」デッキリスト探検隊、第34回です。


面白いデッキリストを見る機会が減ってきた昨今、


「目が覚めるようなデッキリストを見たい、というかあわよくば自分のデッキをみんなに知らしめたい


と思っているデッキビルダーのみなさまの要望にお応えし、今日もデッキリストを紹介していきます。


オリジナリティがあるだけのデッキリストは誰にでも作れます。しかしながらそれで勝つのは至難の業。


だからこそ、オリジナリティを持ち、ある程度の成績を残したデッキリストには大きな価値があるのです。


デッキリストにはビルダーの個性が光ります。


唯一無二、この世に一つしかないオリジナルデッキたち。


そんな「デッキビルダーの作品」を今日も紹介していきます!




白単トークン


deckexploler34 12.jpg



Designed by unicornparadise in Magic Online


モダン環境には白黒のトークンデッキが古くから存在していますが、こちらは白単のトークンデッキです。
驚くほどきれいにコンセプトに沿った構築がされています。


1. まずはトークンを生む。


deckexploler34 01.jpg


2. さらにトークンを生む。


deckexploler34 02.jpg


3. トークンを強化して殴る。


deckexploler34 03.jpg


デッキにはほとんどこのコンセプトに沿ったカードしか投入されていません。《流刑への道》以外は、「トークンを増やして強化して殴り倒す」ことを目的としています。
このようにコンセプトに沿ったカードでデッキを埋められると、ほとんどのゲームで似た展開を再現しやすいというメリットがあります。
また、カード単体の唯一性が低くなるので、マリガンにも強くなります。総じて使っていてストレスの少ないデッキと言えるでしょう。


さらに驚くべきはデッキの安さ。1枚四桁の金額に達するカードの合計枚数は何枚でしょうか。
モダン環境の他のデッキと比べれば、信じられないくらいの低コストで揃えられるでしょう。


安く、ストレスなく使えて、加えて言えば「トークンを出して殴る」だけのデッキゆえにプレイが難しくなさそうな点を見ても、モダンをやってみようか迷っている人におすすめできるデッキではないでしょうか。


 
エスパー《脂火玉》


deckexploler34 13.jpg



Designed by Medomai in Magic Online


deckexploler34 04.jpg


以前に青白呪禁オーラ型の《脂火玉》デッキを紹介させていただきましたが、こちらはビートダウン - ミッドレンジ寄りの《脂火玉》デッキです。
デッキ自体はスピリットの部族デッキに近いようですね。


deckexploler34 05.jpg


これらと《脂火玉》+オーラ呪文を繋げるのは《憎しみの幻霊》


deckexploler34 06.jpg


オーラがついたクリーチャーが死亡したらドロー。黒入りのオーラデッキで見かけるカードです。
もちろんスピリットですので、各種のスピリットサポートの恩恵を受けられます。


《脂火玉》を使うデッキはマナの消費量が激しい(《脂火玉》のキャスト、後続のスピリットのキャスト、サーチしたオーラのキャスト、と払わねばならないマナの量が多い)のですが、このデッキは1マナの呪文を増やすことでその欠点を軽減しています。


1マナのスピリット呪文が8枚。


deckexploler34 07.jpg


1マナのオーラ呪文も8枚。


deckexploler34 08.jpg


《脂火玉》+1マナスピリット+1マナオーラという行動ならなんとか4マナで済むので、分割払いできると考えれば悪くはないでしょう。
加えて、《鎖鳴らし》や《呪文捕らえ》という瞬足持ちスピリットと《差し戻し》《呪文貫き》などのカウンター呪文を擁するので、あまりもっさりとした動きにはならないと思われます。


呪禁持ちクリーチャーがいないことから、オーラデッキに特有のアドバンテージロスが気になるかもしれませんが、《霊廟の放浪者》《鎖鳴らし》で守ったり《呪文貫き》で打ち消したり、さらに《憎しみの幻霊》でカード枚数だけでも確保したりと対策はできていますので、普通のスピリットに飽きたという方は使ってみてはいかがでしょうか。


 


赤白《太陽打ちの槌》


deckexploler34 14.jpg



Designed by qbturtle15 in Magic Online


こちらは赤白の《石鍛冶の神秘家》デッキ。
なかなか見慣れないカラーリングだな、と思ってリストを見ると、《ルーンの与え手》《イーオスのレインジャー長》といったお馴染みのカードに交じって、カラーリングに輪をかけて見慣れないカードが何枚も目に飛び込んできます。


deckexploler34 09.jpg


《栄光の好機》は......1ターン差で決まるゲームが多いから入れるのかな? とか、《確実性の欠落》もまあ撃たれたらびっくりするだろうな、とか、《戦導者のらせん》は《稲妻のらせん》じゃだめなの? とか、見た瞬間に思ってしまいました。
そして《熱烈な勇者》。《イーオスのレインジャー長》も《イーオスのレインジャー》も兵士だけど、なんで入ってるんだろう。


そんな疑問が答えに収束するのが《太陽打ちの槌》です。


deckexploler34 10.jpg


赤と白のマナを1つずつ支払い、装備状態を解くことで、赤か白で4マナ以下のインスタントをデッキから直接キャストできる異色の装備品。
ばらばらと不思議なインスタントが投入されている謎はここにありました。《太陽打ちの槌》から《確実性の欠落》飛んで来たらびっくり通り越してびびるよなあ......。


そして騎士が他にいないにも関わらず《熱烈な勇者》が投入されている理由もここにあります。
《熱烈な勇者》のテキストをよく読んでみてください。


deckexploler34 11.jpg


「あなたが熱烈な勇者を対象として装備能力を起動するためのコストは{3}少なくなる。」そう、目当ての能力はこっちです。
《熱烈な勇者》と《太陽打ちの槌》が揃うと、タイミングは少々限られることがあるものの、2マナ払うだけでデッキのインスタントを好き放題に撃ててしまいます。


《太陽打ちの槌》の装備コストは3マナと重いので、《熱烈な勇者》のサポートは非常に重要でしょう。
もちろん《殴打頭蓋》や《饗宴と飢餓の剣》も好きなように装備可能ですよ。


こうして《熱烈な勇者》の重要性がわかると、合計7枚も入っている「イーオス」たちは《ルーンの与え手》や《渋面の溶岩使い》などではなく《熱烈な勇者》のために入っているんだろうな、と理解が深まります。
クイズを出されているかのようで、見ていて楽しいデッキリストでした。ぜひとも使ってみたいですね。




以上、デッキリスト探検隊でした。


昨今、自分のデッキを記事にする人も増えてきました。そういった発信も良い流れだと思いますが、デッキビルダーたるもの、自分のデッキが他人の記事に掲載されることこそ本懐。


あなたの作ったデッキを紹介できる日を楽しみにしています。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0