ソウル"No"シスターズ、ジェスカイの隆盛、切削シャドウ in モダン ~ デッキリスト探検隊 第32回 ~

By Riku Imaizumi


こんにちは。「オリジナルデッキを見つけて紹介する」デッキリスト探検隊、第32回です。


面白いデッキリストを見る機会が減ってきた昨今、


「目が覚めるようなデッキリストを見たい、というかあわよくば自分のデッキをみんなに知らしめたい


と思っているデッキビルダーのみなさまの要望にお応えし、今日もデッキリストを紹介していきます。


オリジナリティがあるだけのデッキリストは誰にでも作れます。しかしながらそれで勝つのは至難の業。


だからこそ、オリジナリティを持ち、ある程度の成績を残したデッキリストには大きな価値があるのです。


デッキリストにはビルダーの個性が光ります。


唯一無二、この世に一つしかないオリジナルデッキたち。


そんな「デッキビルダーの作品」を今日も紹介していきます!


 


 


ソウル "No" シスターズ


deckexploler32 07.jpg



Designed by JFK_Defied_Bolas in Magic Online


モダン黎明期から存在するソウルシスターズ。
もともとは"シスターズ"(《魂の管理人》《魂の従者》)と《アジャニの群れ仲間》を組み合わせたデッキでしたが、『モダンホライゾン』以後のカードの追加で新たな方面へと足を踏み出したようです。そこに"シスターズ"の姿はありません。


deckexploler32 01.jpg


中心となるのは、イーオスのレインジャー》《イーオスのレインジャー長》の二種類。
これらに加え《石鍛冶の神秘家》を使えるようになったことから、白単としては珍しく単純にアドバンテージを稼げるデッキになりました。
そのため、カードアドバンテージを土台にしたミッドレンジ系統に舵を切ったようです。サーチ先はお馴染み《セラの高位僧》《砂の殉教者》に加え......


deckexploler32 02.jpg


『基本セット2021』から加入した《天界の語り部》!
タップ能力なのが玉に瑕ではありますが、能力は1マナのクリーチャーが持つものとは思えないほど強力。動き出せばすぐにゲームが決まるでしょう。


2ターン目《石鍛冶の神秘家》から《殴打頭蓋》という黄金パターンに加え、《セラの高位僧》《天界の語り部》という強力フィニッシャーを搭載した新生ソウル "No" シスターズ、今後が楽しみです。


 


 


ジェスカイの隆盛withジェガンサ


deckexploler32 08.jpgDesigned by Takahashi Masato


モダン環境のコンボデッキの一角たる《ジェスカイの隆盛》


deckexploler32 03.jpg


ジェスカイの隆盛》とマナクリ―チャーを設置し、マナクリーチャーから出したマナでキャントリップをプレイ、それにより《ジェスカイの隆盛》でマナクリーチャーがアンタップ、またキャントリップをプレイ......と繰り返し、《撤回のらせん》をプレイ。後は0マナのパーマネントを手札に戻してプレイしてを繰り返しデッキを引き切って勝利......というコンボです。


『イコリア:巨獣の棲処』より、このデッキに巨大なマナクリーチャーが加入しました。


deckexploler32 04.jpg


なんと5マナのマナクリーチャー。もちろんメインデッキではなく、相棒としての起用です。
もしも《湧き出る源、ジェガンサ》を出してターンが返ってきたら、そのまま《ジェスカイの隆盛》を置いて勝てそうなくらいマナが出ます。どうしても黒マナだけは使い道が限られますが、それ以外のマナは全て簡単に使用可能。
欲を言えば速攻を付与できるカードがあるとなお良いのですが、それは今後の新規カードに期待でしょうか。


あんまりやらないとは思いますが、《きらめく願い》から《湧き出る源、ジェガンサ》を手札に加えることもできます。7マナしかない状況かつどうしても《湧き出る源、ジェガンサ》を出したいときのため覚えておくと良いでしょう。


 


青黒・切削シャドウ


deckexploler32 09.jpg



Designed by Kasagawa Yousuke


青黒の《死の影》デッキはあまり見かけませんが、『基本セット2021』の新カードを引っ提げた意欲作が発見されました。


deckexploler32 05.jpg


その新カードは盗賊ギルドの処罰者
条件を達成することで1マナの3点クロックになるという意味では、《秘密を掘り下げる者》や《野生のナカティル》を彷彿とさせます。


もちろんこれ単体で使うわけではありません。相方に《ヴァントレスのガーゴイル》を起用しています。
また黒を使うクロックパーミッション系統のデッキという意味からか、《死の影》もクロックに参加します。


deckexploler32 06.jpg


《盗賊ギルドの処罰者》の能力で対戦相手の墓地を増やせるので、《ヴァントレスのガーゴイル》《湖での水難》は相性抜群。
墓地にいっても《夢の巣のルールス》で場に戻してやれば、さらに相手の墓地が増えていきます。
このデッキだと、《思考掃き》は相手を対象に撃つことが多そうですね。


その他の呪文は《死の影》デッキでお馴染みのものがずらり。
《ヴァントレスのガーゴイル》のおかげで《頑固な否認》が使いやすそうです。


ハマれば強力なクロックをかけられそうですが、相手の墓地を増やすことで相手の手助けをしてしまうこともあります。もとから《死の影》はテクニカルなデッキでしたが、このデッキではより緻密なプレイが求められるでしょう。




以上、デッキリスト探検隊でした。


昨今、自分のデッキを記事にする人も増えてきました。そういった発信も良い流れだと思いますが、デッキビルダーたるもの、自分のデッキが他人の記事に掲載されることこそ本懐。


あなたの作ったデッキを紹介できる日を楽しみにしています。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0