白黒アリストクラッツ、《黎明起こし、ザーダ》、青白呪禁オーラ in モダン ~ デッキリスト探検隊 第27回 ~

By Riku Imaizumi


こんにちは。「オリジナルデッキを見つけて紹介する」デッキリスト探検隊、第27回です。


面白いデッキリストを見る機会が減ってきた昨今、


「目が覚めるようなデッキリストを見たい、というかあわよくば自分のデッキをみんなに知らしめたい


と思っているデッキビルダーのみなさまの要望にお応えし、今日もデッキリストを紹介していきます。


オリジナリティがあるだけのデッキリストは誰にでも作れます。しかしながらそれで勝つのは至難の業。


だからこそ、オリジナリティを持ち、ある程度の成績を残したデッキリストには大きな価値があるのです。


デッキリストにはビルダーの個性が光ります。
唯一無二、この世に一つしかないオリジナルデッキたち。
そんな「デッキビルダーの作品」を今日も紹介していきます!



白黒・アリストクラッツ


deckexplorer 027 16.jpg



Designed by RRozanski in Magic Online


 


キーカードは先祖の結集戦列への復帰です。


deckexplorer 027 01.jpg


ゲーム序盤は小型クリーチャーたちを展開しつつ、《縫い師への供給者》で墓地を溜め、戦場・墓地にピースを並べていきます。


deckexplorer 027 02.jpg


クリーチャーの死亡によって誘発する《血の芸術家》《ズーラポートの殺し屋》と、自身のクリーチャーを好きなように生贄にできる《屍肉喰らい》《臓物の予見者》が揃ったら、パズルの完成です。
自身のクリーチャーを生贄に捧げ、1点ドレインを繰り返したら、《先祖の結集》《戦列への復帰》でもう一発ドレインを叩き込んでやりましょう。
「召集」能力を持つ《戦列への復帰》は《先祖の結集》の直後に唱えてやるとなお効果が高いです。ただ、白いクリーチャーは《宿命の旅人》およびそのトークンと《潮の虚ろの漕ぎ手》しかいないので、うっかりしていると召集で唱えられなくなる事態に直面するかも。


サイドボードにはあらゆるシーンで常連となった《夢の巣のルールス》の姿があります。


deckexplorer 027 03.jpg


相棒指定のための条件が能力に比して緩すぎて、大会の上位結果で見ない日がもはやないですね。
このデッキとはカラーリングも能力も完璧にマッチしていますので、使わない手はありません。


全体的にクリーチャー除去に強く、単純なコントロール系のデッキには無類の強さを誇るでしょう。
一方、干渉手段を持たないために自分よりも速いコンボに弱そうです。そのためか《献身のドルイド》コンボへの《流刑への道》、ストームのようなチェインコンボへの《減衰球》、というようにクリティカルなサイドボードが用意されていますね。


 
《黎明起こし、ザーダ》無限コンボ


deckexplorer 027 18.jpg



Designed by theBMeister in Magic Online


 


「マナを使ってアンタップする」系統の能力と抜群の相性を誇る......誇りすぎて人が死ぬコンボに到達するのが《黎明起こし、ザーダ》。


deckexplorer 027 04.jpg


「タップしてマナを生む」能力と「マナを使ってアンタップする」能力を同時に持つパーマネントがあれば、ほぼそれだけで無限コンボに到達します。
レガシーでは《厳かなモノリス》というあまりに強すぎる相方がいるため活躍しているようですが、モダンでもデッキは成り立ちます。


deckexplorer 027 05.jpg


モダンのコンボは、《極楽鳥》を始めとしたマナ・クリーチャーに、《暗黒のマントル》を装備することで完成します。
《極楽鳥》からマナを出し、そのマナで《暗黒のマントル》の能力を起動。《極楽鳥》がアンタップされ、+2/+2の修正を受けます。
もちろん通常は3マナかかりますが、《黎明起こし、ザーダ》がいれば1マナでアンタップ可能に。これで《極楽鳥》無限パワー達成です。


このコンボ、《極楽鳥》なら回避能力を持っているためゲームを決めやすいのですが、《貴族の教主》を無限パワーにしてもブロックされやすく、ちょっと決定力が不足しています。
そこで活躍するのが《豊穣の力線》。


deckexplorer 027 06.jpg


無限パワーの達成時に《貴族の教主》から出るマナが2マナに増えるため、無限マナを達成。さらに《豊穣の力線》の起動型能力の無限回起動により自軍のクリーチャー全てが無限パワー・無限タフネスに。


無限マナを得たことにより、《黎明起こし、ザーダ》の「ブロックをさせない」能力も無限に起動可能になります。(《暗黒のマントル》を《黎明起こし、ザーダ》に装備し、タップ能力とアンタップ能力を交互に無限回起動)
《黎明起こし、ザーダ》の召喚酔いが解けていることが条件ですが、難しすぎることではないでしょう。


ちなみに、《極楽鳥》《貴族の教主》だけではなく、《ドライアドの東屋》やクリーチャー化した《樹上の村》でもコンボは可能です。
《樹木茂る山麓》からいつでもサーチできる《ドライアドの東屋》、トランプルによりフィニッシャーに最適な《樹上の村》。どちらもデッキにフィットしていて強そうです。


deckexplorer 027 07.jpg


他に、自分のクリーチャーをマナ・クリーチャーに変える《極楽のマントル》や、


deckexplorer 027 08.jpg


装備品をサーチする《鋼打ちの贈り物》《石鍛冶の神秘家》、


deckexplorer 027 09.jpg


《石鍛冶の神秘家》の永遠の相方・《殴打頭蓋》、


deckexplorer 027 10.jpg


そして「軽い《黎明起こし、ザーダ》」とも言える《生術師の使い魔》と、多用な採用カードにも関わらずそれぞれガッチリ噛みあっていて、見ていて楽しくなります。


deckexplorer 027 11.jpg


全体的にクリーチャー除去に弱いためか、サイドボードにはプレインズウォーカーの採用が目立ちます。


deckexplorer 027 12.jpg


《殴打頭蓋》が入っていることも踏まえると、コンボデッキでありながら中後半戦も粘り強く戦えるのが強みとなりそうです。



ちなみに、多様性と粘り強さをさらに求めたこんなデッキリストまでありました。


deckexplorer 027 17.jpg



Designed by BSK_hercules in Magic Online


 


《黎明起こし、ザーダ》コンボに加えて《太陽冠のヘリオッド》コンボが入っている他、《イーオスのレインジャー長》でミッドレンジ戦略にも長けています。
その分《豊穣の力線》や《ドライアドの東屋》のようなコンボパーツは抜けていますが、一概にどちらが優れているとは言えません。コンボに特化しないほうが強い環境もありますからね。


 
青白・呪禁オーラ


最後に、『イコリア:巨獣の棲処』のカードが入っていないデッキを紹介します。


deckexplorer 027 19.jpg



Designed by EpityricLaw in Magic Online


 


呪禁オーラといえば白緑のデッキとして知られていますが、このデッキリストは青白で組まれています。
青白で組む最大のメリットはカウンター呪文とマナベースの安定でしょう。


deckexplorer 027 13.jpg


頑固な否認》はデッキに最適な妨害カードで、白緑の呪禁オーラに青をタッチしてこのカードを試みるデッキリストもありました。
ただ、マナベースの安定という意味ではバントカラーよりも青白の方が優れていることに間違いはありません。


白緑のカラーリングだと妨害呪文を採りにくいことが最大のデメリットでした。
勝つためには絶対に後手のゲームを勝ち取る必要がありますが、そのためには妨害呪文が必須です。
高速化が止まらないモダン環境において、マナベースの安定を実現させながら、高性能な青い妨害呪文をどうしても使いたかったのかもしれません。


もちろん、《怨恨》《蜘蛛の陰影》などの優秀なオーラ呪文や、《林間隠れの斥候》という貴重なクロックを使えなくなるのは無視できない欠点です。
このデッキは《不可視の忍び寄り》がクロックの穴埋めをします。


deckexplorer 027 14.jpg


執着的探訪》《圧倒的洞察》との相性も良く、青白型の起点となるカードです。


ただ、《蜘蛛の陰影》が担っていた全体除去耐性の穴埋めはありません。
白緑の頃から使われていた《ハイエナの陰影》が引き続き入っているのと、《頑固な否認》で打消しが可能(《至高の評決》は除く)ですが、今の環境はこれで十分ということでしょうか。
その回答なのかはわかりませんが、全体除去呪文よりもクリーチャーを意識していることがデッキリストから伺えます。


deckexplorer 027 15.jpg


聖なる日》はサイドボードに追加の1枚が控えているほど。白緑の呪禁オーラはもちろん、流行りの果敢と戦うときは役に立ちそうです。




以上、デッキリスト探検隊でした。


昨今、自分のデッキを記事にする人も増えてきました。そういった発信も良い流れだと思いますが、デッキビルダーたるもの、自分のデッキが他人の記事に掲載されることこそ本懐。


あなたの作ったデッキを紹介できる日を楽しみにしています。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0