デッキリスト探検隊 第2回 ~フラッシュ&ゾンビ&力線アタック!?~

By Riku Imaizumi


こんにちは。「オリジナルデッキを見つけて紹介する」デッキリスト探検隊、第2回です。


面白いデッキリストを見る機会が減ってきた昨今、


「目が覚めるようなデッキリストを見たい、というかあわよくば自分のデッキをみんなに知らしめたい


と思っているデッキビルダーのみなさまの要望にお応えし、今日もデッキリストを紹介していきます。


オリジナリティがあるだけのデッキリストは誰にでも作れます。しかしながらそれで勝つのは至難の業。
だからこそ、オリジナリティを持ち、ある程度の成績を残したデッキリストには大きな価値があるのです。


デッキリストにはビルダーの個性が光ります。
唯一無二、この世に一つしかないオリジナルデッキたち。
そんな「デッキビルダーの作品」を今日も紹介していきます!


スタンダード


deckexplorer02 06.png


Designed by Iwazaki Masahiko


幽体の船乗り》、《夜群れの伏兵》、《エリマキ神秘家》といった【シミック・フラッシュ】でお馴染みのクリーチャーたちに並んで、《グルールの呪文砕き》が名を連ねています。


グルールの呪文砕き.jpg


3マナ4/4のスペックは、環境における同マナ域のほとんどのクリーチャーを超えていきます。受け止められてしまうのは《朽ちゆくレギサウルス》くらいでしょう。


イオン化.jpg


さらに注目するべきは《イオン化》。一度優位をとって《塩水生まれの殺し屋》や《夜群れの伏兵》を並べてしまえば、あとはカウンターしながらダメージを発生させられます。対戦相手からすれば、盤面を取り戻そうとするほどに命が削られていく蟻地獄状態です。
悪意ある妨害》に完全に取って代わっており、諜報能力よりもダメージのほうが価値が高いことが見て取れます。


ある程度クリーチャーでライフを詰めたら、火力呪文でゲームを決められるのも強みです。
もとより盤面を掌握した【シミック・フラッシュ】は手が付けられないデッキですが、この【ティムール・フラッシュ】に盤面を掌握されることは負けに等しいのかもしれません。


deckexplorer02 01.jpg


火力呪文が入っていることは、《塩水生まれの殺し屋》を自由に強化させやすいこととも噛み合いますが、《幽体の船乗り》との相性も重要です。
もしも運悪く相手に盤面を奪われても、ライフさえなんとか詰めていれば、《幽体の船乗り》から火力呪文を引きこみ、勝利までつなげることができるのです。


deckexplorer02 02.jpg


また、サイドボードはさらに個性が光ります。
目覚めた猛火、チャンドラ》は対コントロールでしょうか? それとも火力呪文が多数あることから、サイド後、自身がコントロールにシフトする意図もあるのでしょうか?
狡猾な巾着切り》は《死者の原野》の能力で大量のトークンを生み出す【スケープシフト】対策でしょう。全く予想していないところから飛び出てきたら、【スケープシフト】側は為す術がありませんね。



モダン


deckexplorer02 06.jpg


Designed by Takada Takuya


ゾンビデッキ、それもエスパーゾンビです!
オリジナリティが光るのは《魂の占者》でしょう。


魂の占者.jpg


カウンターをドローに変換できる『灯争大戦』の新人ゾンビ。
疫病吹き》のデメリット能力をそのままカードに換えてしまいます。
さらに、《屍肉喰らい》+《墓所這い》でマナの限りカウンターを増やせるようになれば、《魂の占者》がアンタップするたびにドローが可能になります!


墓所破り》《無情な死者》によりゾンビデッキはもともと太く戦うことが可能でしたが、《魂の占者》と《屍肉喰らい》のおかげでさらにカード枚数の勝負に強くなりました。
そうしたゾンビの供給を《むら気な召使い》《束縛のミイラ》の誘発に使用すれば、対戦相手のライフが無くなるのは間近でしょう。


ゾンビデッキといえば過去は2色までのものの活躍が多く、3色のゾンビデッキはなかなか発想にありませんでした。
歴史的に見ればゾンビには黒赤のデッキも成立しています。【人間】のマナベースのように《手付かずの領土》《古代の聖塔》を使用すれば、さらなる多色化も可能かもしれません。



レガシー


deckexplorer02 05.png


Designed by Tanabe Junya


異色なデッキが多いレガシーでもひときわ光る力線デッキ!
キーカードは各種の力線を動かす《オパール色の輝き》《ニクスの星原》と、それらを唱えるための《セラの聖域》です。


deckexplorer02 03.jpg


デッキの核とも言える力線たち。では、各種の力線は初手に何枚ほど引ける計算なのでしょうか?


デッキには実に22枚もの力線が搭載されています。デッキ枚数60枚に対し3分の1を超えた枚数を占めているので、なにもしなくともだいたい初手7枚中2枚は引けそうです。
......いえ、デッキリストを良く見れば、2枚なんて甘い考えであることがわかります。


血清の粉末.jpg


血清の粉末》が示すのはマリガンへの積極的姿勢。おそらくですが、「ロンドン・マリガン」(2019/7/5以降実施されているマリガンルール)もフル活用する算段でデッキビルディングしているのでしょう。


このデッキの土地はわずか12枚(デッキ枚数60枚中5分の1)であることを考えると、2枚以上土地が並ぶことはあまり見込めなさそうです。
それでいて《オパール色の輝き》《ニクスの星原》が惜しみなく投入されているということは、もしや《セラの聖域》1枚でこれらをプレイしようとしているのでは......?


言うまでもなく《セラの聖域》1枚で《オパール色の輝き》をプレイするのには4枚ものエンチャントが必要です。つまり、初手で狙うべきは4枚の力線。


もちろん、2枚目の土地を引けることもありますし、《抑制の場》をプレイできれば《オパール色の輝き》のプレイはかなり楽になりますので、必ずしも4枚の力線が初手に必要なわけではありません。
それでも、筆者的には「初手力線×4+《オパール色の輝き》+《セラの聖域》」を狙うデッキを見ると「すげえ......」とコメントせざるを得ませんでした。


ちなみに、力線シリーズは「ゲームの開始時の手札にある場合、戦場に出ている状態」でゲームが始まります。すなわち、1ターン目にして攻撃可能な状態でゲームがスタートします。


ということは、「初手力線×5+《オパール色の輝き》or《ニクスの星原》+《セラの聖域》」先手1ターン目に1ターンキルが可能ということ。条件はかなり厳しくなりますが、とにかくロマンに溢れています。


メインボードには《オパール色の輝き》をサーチする《悟りの教示者》、そこからサーチでき、《虚空の力線》とのコンボができる《Helm of Obedience》が入っており、《罠の橋》で攻撃を防がれても勝てるよう構成されています。
《抑制の場》もフェッチランドが多いデッキに良く効きますね。


補充.jpg


サイドボードには《補充》の姿が。《帰化》系カードで破壊されたりカウンターされたエンチャントを場に戻す狙いでしょうか。
いずれにせよ、まだまだ奥が深そうなデッキです。




以上、デッキリスト探検隊でした。


昨今、自分のデッキを記事にする人も増えてきました。そういった発信も良い流れだと思いますが、デッキビルダーたるもの、自分のデッキが他人の記事に掲載されることこそ本懐。


あなたの作ったデッキを紹介できる日を楽しみにしています。



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0