パイオニアの赤単、黒単、緑単解説!トップメタの採用カード ~デッキリスト探検隊 第14回~

By Riku Imaizumi


こんにちは。デッキリスト探検隊、第14回です。


マジックフェスト・名古屋2020#1まであと1か月を切りましたね。皆さん、デッキの調整は進んでいますか?
本記事では普段オリジナリティのあるデッキを紹介していますが、今回はグランプリ・名古屋やプレイヤーズツアーに向けたパイオニアのデッキ、採用カードの特集を行います。


ただし、単純なデッキの解説ではなく、主に固定パーツ以外の採用カードをご紹介します。
人によって採用判断が別れるカードをお伝えしていきますので、「こんなカードあったんだ」とか、「今度当たったときに気を付けよう」など、本番に向けて役に立ててもらえれば幸いです。


解説するデッキは、メタゲームへの定着が見えてきた赤単・黒単・緑単の3つです。


 


赤単ミッドレンジ


赤単には大きく分けてアグロとミッドレンジの2種類があるようです。


本記事執筆時点(2020年1月上旬)では、より有力なのは赤単ミッドレンジです。


損魂魔道士》、《砕骨の巨人》、《稲妻の一撃》、《乱撃斬》、《変わり谷》、《ラムナプの遺跡》はいわゆる固定パーツで、ほとんどの人が採用しています。
枚数は少なめですが、《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》も同様と言って良いでしょう。


deckexplorer13 01.jpgdeckexplorer13 01-1.jpgdeckexplorer13 01-2.jpgdeckexplorer13 01-3.jpgdeckexplorer13 01-4.jpgdeckexplorer13 01-5.jpgdeckexplorer13 01-6.jpg


採用カードが別れるのは主に3マナ域から。
まずはゴブリンの熟練扇動者》を使ったタイプを見ていきましょう。


deckexplorer13 12.png


Designed by Kevin Hoang - Star City Games Pioneer Classic Champion
 


特徴的なのは、対戦相手のライフを狙うカードが多いこと。このタイプのほうがアグレッシブにゲームをとる性能に秀でています。


deckexplorer13 02.jpg


いずれも《ゴブリンの熟練扇動者》と相性の良いカードたち。1枚差しではありますが、相手取るときは《エンバレスの宝剣》による突然死の可能性を常に頭に入れておきましょう。
追加で《軍勢の戦親分》や、《ハンウィアー守備隊》まで採用しているデッキリストも見受けられました。


また、ライフを詰めるというデッキの方向性からか、《雷破の執政》を含めたものもありました。


deckexplorer13 14.png


Designed by Yamamoto Kazuhide


《雷破の執政》が場に残れば《栄光をもたらすもの》にもドラゴン・サポートが及びます。この2体が一度でも場に揃ったら、生き残るのは困難でしょう。


 
他の3マナ域の選択肢はゴブリンの鎖回しです。


deckexplorer13 16.png


Designed by Yotsugi from Magic Online
 


対戦相手の場に1点ダメージをばらまくこのゴブリンは、流行の黒単に非常に強く突き刺さります。メタゲームに黒単が多いと考えるならこちらのタイプが良いでしょう。
《ゴブリンの鎖回し》の単体性能の高さを活かすべく、ライフを詰めに行くというよりもカード単体の強さで勝負する意向が見て取れます。


deckexplorer13 03.jpg


こちらのデッキリストではメインデッキの《ミジウムの迫撃砲》1枚が印象的ですね。《反逆の先導者、チャンドラ》からマナが出るので、超過でのキャストもかなり現実的でしょう。
他に、《凶兆艦隊の向こう見ず》を採用したデッキリストもありました。ミラーマッチにおいて《乱撃斬》や《チャンドラの敗北》を唱えられますし、黒単相手には2/1先制攻撃のボディが強そうです。
また、こちらのタイプには、サイドボードに《カーリ・ゼヴの巧技》を採用したものも見受けられました。


deckexplorer13 04.jpg


なお、いずれのタイプでもサイドボードに《エルドラージの寸借者》が採用されることが多いですが、さらにエルドラージを増量した赤単ミッドレンジのデッキリストも存在しましたので、紹介しておきます。


deckexplorer13 13.png


Designed by robb101883 from Magic Online


   


黒単


密輸人の回転翼機》を失ったにも関わらず再びメタゲームのトップに躍り出た黒単。赤単と異なりほとんどが1マナから展開していく純粋なアグロデッキです。


deckexplorer13 17.png


Designed by Aaron Wyant - Star City Games Pioneer Classic Top8


やることがハッキリとしたビートダウンであるため、以下に挙げるように固定パーツは多いです。


・《漆黒軍の騎士
・《血に染まりし勇者
・《思考囲い
・《致命的な一押し
・《屑鉄場のたかり屋
・《残忍な騎士
・《悪ふざけの名人、ランクル
・《変わり谷
・《ロークスワイン城


deckexplorer13 05.jpgdeckexplorer13 05-1.jpgdeckexplorer13 05-2.jpgdeckexplorer13 05-3.jpgdeckexplorer13 05-4.jpgdeckexplorer13 05-5.jpgdeckexplorer13 05-6.jpgdeckexplorer13 05-7.jpgdeckexplorer13 05-8.jpg


これら固定パーツに、追加の1マナクリーチャーや(《どぶ骨》、《戦慄の放浪者》)追加の除去(《喪心》、《闇の掌握》)が加えられます。


現時点のパイオニアはアグロデッキ中心のメタゲームが形成されているため、《霊気圏の収集艇》の採用率も高いのですが、より攻撃性能を高めようと思うなら騒乱の落とし子に出番が回ってくるでしょう。


deckexplorer13 18.png


Designed by Heir_of_Elendil15 from Magic Online


こちらのデッキリストは、合計2枚採用された《菌類感染》が目を引きます。


deckexplorer13 06.jpg


《騒乱の落とし子》の利点は高い攻撃性能ですが、守りに入るとあまり強いとは言えません。そのため後手でゲームがスタートした時にはどこかで状況をひっくり返さなければ速やかに負けてしまうでしょう。
《菌類感染》は上手く決まれば一気に攻勢に転じられる上、絢爛の達成にも役立つため、《騒乱の落とし子》と噛みあっていますね。
サイドボードの《壮大な破滅》も印象的です。緑単のクリーチャー陣や《再燃するフェニックス》への対策でしょう。


別のデッキリストでは、《ホネツツキ》や《不死の援護者、ヤヘンニ》をメインデッキに入れているものも見受けられました。


deckexplorer13 07.jpg


他にも、こんな独特なデッキリストまで。


deckexplorer13 19.png


Designed by ThrunTheLastTroll from Magic Online


群れネズミ》と《マラキールの解放者、ドラーナ》! どちらも他のリストではなかなか見られません。
黒単のゲームスピードに一致していないように見えますが、《群れネズミ》が一度場に残ると後は起動するだけの中速ゲームになりますので、あまり気にしないでも良いのかもしれませんね。《血に染まりし勇者》《どぶ骨》《屑鉄場のたかり屋》との相性も良好です。


サイドボードに1枚だけ用意された胆汁病》も渋いチョイスです。《血に染まりし勇者》のような場に溜まりやすいクリーチャーを一掃できますし、もしも《ラノワールのエルフ》複数体をまとめて倒せればかなりゲームを有利に運べます。


 


緑単


マナ・クリーチャーから中堅クリーチャーを展開し、サイズと速度で踏みつぶす緑単。ストンピィと呼ばれるタイプのアグロ・デッキです。
メインアタッカーの標準サイズである4/4~5/5が赤単や黒単に対して非常に有利に働きます。赤単の火力を耐え抜き、黒単をサイズで抑え込みます。


deckexplorer13 21.png


Designed by Nicholas Sanchez - Star City Games Pioneer Classic Top16


ほとんどのデッキに4枚入っている固定パーツは以下の通り。


・《ラノワールのエルフ
・《エルフの神秘家
・《ハイドラの血
・《恋煩いの野獣
・《鉄葉のチャンピオン
・《原初の飢え、ガルタ


枚数は少なくなる傾向にありますが、《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》、《不屈の神ロナス》、《ヘンジの槌、ファレン卿》、《ニクスの祭殿、ニクソス》も頻繁に使われます。


deckexplorer13 08.jpgdeckexplorer13 08-1.jpgdeckexplorer13 08-20.jpgdeckexplorer13 08-3.jpgdeckexplorer13 08-4.jpgdeckexplorer13 08-5.jpgdeckexplorer13 08-6.jpgdeckexplorer13 08-7.jpgdeckexplorer13 08-8.jpgdeckexplorer13 08-9.jpg


これら以外の枠には《炎樹族の使者》《狩猟の統率者、スーラク》が入ることが多く、メインボードは赤単や黒単以上に固まっている印象があります。
それらほどではないにせよ、時折見かけるのがグレートヘンジです。


deckexplorer13 20.png


Designed by albertoSD from Magic Online


《グレートヘンジ》は、設置できれば無尽蔵とも言えるアドバンテージを生み出します。標準サイズが大きい上《ニクスの祭殿、ニクソス》の手助けもあり早期設置は容易です。こちらのデッキリストでは相性の良い《成長室の守護者》も併用されていますね。


このほかメインデッキで採用が散見されたのは、強力なアンチ・プレインズウォーカーの《探索する獣》や、《迅速な終わり》(《残忍な騎士》の出来事呪文)を弾いて多大なリターンを得られる《顕在的防御》、単純にカードパワーの高い《アーク弓のレインジャー、ビビアン》などでした。


deckexplorer13 09.jpg


一方、サイドボードはメインデッキより種類が散る傾向にあります。
先に紹介したふたつのデッキにも、特徴的なカードが採用されていますね。


deckexplorer13 10.jpg


ナイレアの信奉者》は高速アグロに対し強い一枚。5点程度なら簡単にゲインできるでしょう。
火力呪文で詰めていこうと思ったらこのカードで計算を狂わされた、なんてことはけっこうありそうです。
ちなみに『テーロス環魂記』には《セテッサの請願者》という《ナイレアの信奉者》と全く同じ能力を持った3マナのクリーチャーが収録されますので、グランプリ・名古屋で見かけるのはこちらになるでしょう。


世界を喰らう者、ポルクラノス》は中速アグロ対策かと思います。緑単のミラーマッチはほとんど除去呪文が飛び交わないため、《ニクスの祭殿、ニクソス》から大量のマナが出るはずです。それを《世界を喰らう者、ポルクラノス》に注いで除去&巨大クリーチャー誕生、という戦略をとるのでしょう。


deckexplorer13 11.jpg


緑単の使う除去というとサイドボードの《狩人狩り》が定番化しつつありますが、緑以外のクリーチャーを狙い撃ちたいなら《捕食》が候補に挙がります。
イゼット・フェニックスの《氷の中の存在》、スピリットの《呪文捕らえ》や《至高の幻影》のように、対処が必要なクリーチャーはたくさんいます。
挑発の咆哮》は膠着状態の打破に最適な1枚で、最適なタイミングで撃てば敵戦線の瓦解は必至ですね。




以上、デッキリスト探検隊第14回でした。


今回はグランプリ・名古屋直前のためトップメタを争うデッキ達を紹介しましたが、その中でも人によって採用カードは異なります。調整過程が異なる以上、それは当たり前と言えるでしょう。


特にグランプリ・名古屋本番は『テーロス環魂記』発売一週間後ですから、メタゲームが流動的となり、よりその傾向が強まります。


目の前に座った相手から思いもよらぬカードが飛び出してきた、ということも珍しくないはず。1枚でも多く情報を集めておけば、役に立つ時が来るはずです。


それでは、また次回の記事でお会いしましょう。



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0