《神聖な訪問》! 《ゲートウォッチ配備》! 《疫病の女王、ガルザ・ゾル》! 《技量ある活性師》!~ デッキリスト探検隊 第11回 ~

By Riku Imaizumi


こんにちは。「オリジナルデッキを見つけて紹介する」デッキリスト探検隊、第11回です。


面白いデッキリストを見る機会が減ってきた昨今、


「目が覚めるようなデッキリストを見たい、というかあわよくば自分のデッキをみんなに知らしめたい


と思っているデッキビルダーのみなさまの要望にお応えし、今日もデッキリストを紹介していきます。


オリジナリティがあるだけのデッキリストは誰にでも作れます。しかしながらそれで勝つのは至難の業。
だからこそ、オリジナリティを持ち、ある程度の成績を残したデッキリストには大きな価値があるのです。


デッキリストにはビルダーの個性が光ります。
唯一無二、この世に一つしかないオリジナルデッキたち。
そんな「デッキビルダーの作品」を今日も紹介していきます!


今回はスタンダード、パイオニア、モダン、レガシーの4フォーマットから一つずつお見せします!


 


 


スタンダード:《神聖な訪問》で天使の軍団! ......は狙わない!?


deckexplorer11 12.pngDesigned by Takahashi Ryou


『エルドレインの王権』参入以来、スタンダードでは長らく赤白2色のデッキは日の目を見られませんでした。《無謀な怒り》のローテーション落ちに伴い、有力デッキの《贖いし者、フェザー》系統が弱体化したこと、および他の色ほど強いカードを得られなかったことが理由です。


そんな中、『ラヴニカのギルド』産の強力カードに注目したのがこちらのデッキ。


deckexplorer11 01.jpg


生成されるトークンが全て4/4の天使に変換されるエンチャント。トークンを生み出すカードは3種類入っています。


deckexplorer11 02.jpg


これを見た時に「《栄光の終焉》のような大量トークン生成呪文は入っていないんだ?」と思った人はいるのではないでしょうか。
確かに大量に天使トークンを呼ぶコンボを決められれば強力ですが、なかなか決めるのは難しいですし、そもそも大量トークンが手に入るなら《神聖な訪問》がなくても勝ててしまいます。派手でオーバーキル気味なカードをフィーチャーしたデッキが落とし入りがちなジレンマです。


そのような問題を、このデッキでは赤白アグロのコンセプトをキープすることで解決しています。


deckexplorer11 03.jpg


絞首された処刑人》、《荒くれたちの笑い声》、《アーデンベイル城》は赤白アグロでも採用できるグッドスタッフです。これらを基本構造に《神聖な訪問》を投入しているようです。


このように、「《神聖な訪問》を引けずとも攻撃して勝てる。引ければより強力」というようなデッキ構造を維持することで、着実に勝利に近づこうとしているのでしょう。


強力なカード一枚をフィーチャーしつつも、それに頼り切らない絶妙なデッキ構築。《星原の神秘家》も渋いチョイスですし、使ってみたくなりますね。


 


 


パイオニア:《ゲートウォッチ配備》! デッキには三種類のカードのみ!?


deckexplorer11 12.jpg


Designed by Nagashima Hironori


プレインズウォーカーはマジックの顔。世界中にコレクターも存在します。『灯争対戦』の影響もあって、スタンダードでも大活躍ですね。
スタンダードよりカードプールの広いパイオニアでは、かつての大暴れしたプレインズウォーカーを再び使えます。懐かしの彼らを使い倒したいという意思が見えるのが《ゲートウォッチ配備》入りのジェスカイ・フレンズです。


deckexplorer11 04.jpg


6マナのソーサリーと重いものの、能力は《集合した中隊》のプレインズウォーカー版とも言える性能です。プレインズウォーカーが16枚も入っているこのデッキリストならば、2枚のプレインズウォーカーが飛び出てくることもあるでしょう。
太陽の勇者、エルズペス》と《ドミナリアの英雄、テフェリー》が同時に現れたら勝ったも同然......かもしれません。卓絶のナーセット》で《ゲートウォッチ配備》に反復を持たせる動きもやってみたいですね。
とはいえ確実性に欠けるためか採用枚数は1枚にとどまっています。


このデッキリストの綺麗なところは、メインデッキに採用されているカードがわずかに3種類しかないということです。
土地25枚、プレインズウォーカー17枚(《ゲートウォッチ配備》も換算)、除去18枚。「除去してプレインズウォーカー出して勝つぞ!」という堅い意思が伺えます。


さすがにサイドボードには《軍勢の戦親分》のようなクリーチャーによる勝利手段が入っていますが(しかも4枚!)、ひとつの勝ちパターンをまっすぐに実現させようとするデッキリストは純粋で見ていて気持ちが良いですね。


 


 


モダン:使いたい吸血鬼を使え! 《疫病の女王、ガルザ・ゾル》!?


部族デッキの吸血鬼は、モダン以下の環境ではなかなか勝っている姿を見られません。
とはいえ、根強い人気があるのは確かのようです。


吸血鬼デッキはパイオニアでは時折使用されているようですが、中でもキーカードとなるのは《傲慢な血王、ソリン》です。


deckexplorer11 05.jpg


[ -3 ] 能力は、吸血鬼限定の《実物提示教育と呼べるでしょう。
「それじゃあモダンまでカードプールを広げればたくさん吸血鬼が使えるじゃん!」という発想を実現させたのがこちらのデッキリスト。


deckexplorer11 11.png


Designed by Ronin77 from Magic Online


deckexplorer11 06.jpg


いずれもマナコストが重く、いまいち使用率の振るわなかった吸血鬼たち。
ですが、《傲慢な血王、ソリン》のおかげでマナ・コストの問題はある程度解決しました。こうなれば好きな吸血鬼を好きなだけ使い倒せるのです。


《疫病の女王、ガルザ・ゾル》なんていかにも吸血鬼らしい能力を持っているので、吸血鬼のフレイバーを重視するならぜひ使ってみたい一枚ですね。


ちなみに、モダン環境でマナ・コストの重い吸血鬼には以下のようなものもあります。好きな吸血鬼を使ってみてはいかがでしょうか。


不死の古き者
グール・ドラズの監視者
メフィドロスの吸血鬼
死滅都市の執政
ニルカーナの亡霊
骸骨の吸血鬼
血流を飲む者
高塔の憑依者
血の暴君
マラキールの解体者
果敢な血王
ゲトの血の長、カリタス
センギアの純血、カザロフ
秘密の王、ザデック


deckexplorer11 09.jpgdeckexplorer11 09-1.jpgdeckexplorer11 09-2.jpgdeckexplorer11 09-3.jpgdeckexplorer11 09-3-0.jpgdeckexplorer11 09-4.jpgdeckexplorer11 09-5.jpgdeckexplorer11 09-6.jpgdeckexplorer11 09-7.jpgdeckexplorer11 09-8.jpgdeckexplorer11 09-9.jpgdeckexplorer11 09-13.jpgdeckexplorer11 09-11.jpgdeckexplorer11 09-12.jpg


 


 


レガシー:ハサミ8本!(たまに鹿)


かつてのスタンダードには「青赤ハサミ」と呼ばれるデッキがありました。
キーカードは《アーティファクトの魂込め》。


deckexplorer11 07-2.jpg


アーティファクトが5/5になる。ただそれだけのエンチャントですが、最速2ターン目に5/5が攻撃してくるのは非常に強力でした。
時を経て『基本セット2019』では同系統の能力を持つ《技量ある活性師》が印刷されましたね。


deckexplorer11 07-1.jpg


さて、これらアーティファクトを動かすカードたちが、なんとレガシーで集結しました。


deckexplorer11 10.png


Designed by Shinohara Gen


レガシーで集結した結果、アーティファクトを動かすプレインズウォーカーがちゃっかり6枚も追加されちゃっています。


deckexplorer11 08.jpg


《アーティファクトの魂込め》《技量ある活性師》と合わせれば合計14枚。「めちゃくちゃアーティファクトで殴りたい」というコンセプトが伝わってきますね。
クリーチャーになるであろうアーティファクトは《アーカムの天測儀》や《悪意の大梟》といったアドバンテージを失わないものでしょう。《金のガチョウ》や《不屈の追跡者》、《改良式鋳造所》はアーティファクトをどんどん供給していくので、継戦能力も高そうです。


さらに良く見るとレガシーの定番とも言える《意志の力》や《渦まく知識》が入っていない......どころか、ほとんどのカードがパイオニアやモダンの環境でも使用できます。これをヒントに別フォーマットのデッキに発展させていくのも良いかもしれませんね。




以上、デッキリスト探検隊でした。


昨今、自分のデッキを記事にする人も増えてきました。そういった発信も良い流れだと思いますが、デッキビルダーたるもの、自分のデッキが他人の記事に掲載されることこそ本懐。


あなたの作ったデッキを紹介できる日を楽しみにしています。



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0