BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード・モダン・レガシー『メタゲームで変化し続けるデッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


『エルドレインの王権』のカードが次々と公開されていますね。
早速かなり強力なカードも公開されていて、発売後に与える影響も大きいセットになりそうです。


さて、今週も3フォーマットからデッキを紹介していきます。


それでは早速、本題に入っていきましょう!



スタンダードからは、青白飛行を紹介。


boku096 01.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


1マナから飛行クリーチャーを大量展開して押し切るデッキです。


boku096 04.jpg


細かいクリーチャーを展開するだけだと力負けするので、これらで強化。
このデッキリストの特徴は、何といっても《天空の刃、セファラ》でしょう。
条件が厳しいクリーチャーですが、飛行ばかりのこのデッキでは思い切ってメインデッキに4枚。
圧倒的なパワーでさっさとゲームを決めるのみならず、全体破壊不能付与により、全体除去に対して耐性を得られるのは大きいです。


サイドボードには、定番《紺碧のドレイク》《霊気の疾風》の他に、《空の縛め》等のこのデッキならではなカードが入っています。


boku096 05.jpg


《空の縛め》はこのデッキなら実質除去。
悔恨する僧侶》はこの環境に存在するケシスコンボに対してのカードで、採用枚数は4枚。


今は割と活躍出来そうな環境になっている青白飛行。
かなりの速度で展開出来るので、爽快感は高めです。



次はモダンから、トライバルズー!


boku096 02.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


トライバルズーとは、《部族の炎》を使って戦う、ナヤカラーベースのアグロデッキの事です。


boku096 06.jpg


クリーチャーはどれもパワーが高く何かしらの能力を持っているものが優先されて入っています。
その中でも速攻持ちはダメージ効率と奇襲性に優れ、多く入っています。
これらで殴りつつ、火力でサポートする古典的なアグロデッキ構成となっています。


boku096 09.jpg


しかし昨今のモダンは殴ってるだけで勝てる程甘くはないので、大ダメージを狙えるスペルでサポート。
《部族の炎》《アラーラの力》はそれぞれ5点や+5/+5まで狙えるので、マナ効率はかなり高め。
これらの為にショックランドが7種類も入っています。
アタルカの命令》は説明不要の大ダメージ定番カードで、ライフ回復を邪魔するモードもある事からサイドボード枠の節約にもつながります。


ショックランドによるダメージが辛いものの、禁止改定により遅くなった環境ならそこまで気にはなりません。
場合によっては3ターンで仕留める事も出来るので、ラウンドの長い大会では疲労も溜まりにくく良いでしょう。



レガシーからは、現在かなり強いデッキである、ティムールカラーのデルバーです。


boku096 03.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


最早デッキリストが載らない週は無いと言ってもいいくらい勝ちまくっているURGデルバー。


boku096 07.jpg


強さの秘密は2マナ域の強さ。
全く放置出来るようなものでは無く、しかも簡単に勝ててしまうカードばかりなので、どれが出て来ても脅威となります。
これらを《目くらまし》《意志の力》に加え、《否定の力》まで入れてバックアップしています。


もみ消し》を入れていないのは、そういうカードで誤魔化しながら1マナのカードで攻める以前の戦い方をしなくてもパワーで押し切る事が出来るようになったからです。
それに《不毛の大地》を《レンと六番》で使い回す事が出来ますから、土地嵌めはこれで十分なのです。


空いたスペースには《定業》や19枚目の土地が入っています。
追加の土地には《焦熱島嶼域》を入れていますが、これは元々色マナを出せる土地が14枚だと絶妙に少なく、かと言って《不毛の大地》は4枚入れたい、しかし土地を19枚入れると土地を引き過ぎるという悩みを解決する為です。
生け贄にして1ドロー能力のお陰で土地を引き過ぎても無駄にならず、後半は《レンと六番》でドローソースとなるので特にこのデッキには合っている土地です。


さて、メインボードが変わればサイドボードも変わるので、こんなカードも入るように。


boku096 08.jpg


カラカス》を《輪作》で探す動きは増えているBGデプス系や前から居るリアニメイト、スニークショーに有効で、割られても《レンと六番》がある事から強気にサーチ出来ます。
精神を刻む者、ジェイス》は土地を伸ばせるようになった事で念願の採用。
やはり《レンと六番》が与えた影響は大きいですね。


以前より重くなった事でANTに対しての耐性は落ちています。
《もみ消し》が効く相手だった事もあって、熟練者相手だと苦戦するでしょう。
弱点はその辺りのコンボデッキとなりますが、大型クリーチャーを使うコンボならサイドボードから対策が出来るので、やはりストーム系、そしてドレッジ等が苦手デッキとなります。


とはいえ押し切る力、対応力共に高く、目下最高のデッキと言って良い性能で、このデッキに対する対策は必須だと言えるでしょう。


いかがだったでしょうか。


今回も3フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0