BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード・モダン・レガシー『モダンホライゾンの影響を受けたデッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


今日はいよいよ『モダンホライゾン』発売!
という訳で、今週はスタンダード1つ、モダン2つ、レガシー1つを紹介していきます。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


まずスタンダード、バントランプ!


boku086 0100.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


グランプリ・台北2019で大暴れしたバントランプですが、このデッキはちょっと形が違うようです。


boku086 05.jpg


マナ加速に《樹上の草食獣》を採用しています。
これによって1マナのマナ加速が8枚、意地でも2ターン目に《時を解す者、テフェリー》を出すという強い意志を感じます。
この動きは極めて強く、《ラノワールのエルフ》では除去されてしまうような状況でも安定してマナを加速する選択肢が取れるというメリットもあり、このデッキに対して強いカードに耐性を持つ事が出来ます。
また《樹上の草食獣》には「到達」と書いてあるので、このデッキが嫌な飛行クリーチャーも1回くらいなら止める事が可能。
その1回があれば《世界を揺るがす者、ニッサ》を暴れさせるには十分ですし、苦手な赤単に対してもライフを守る役割を果たしてくれるため、このデッキにとってはかなりありがたいクリーチャーとなっています。


大量にマナが出るので、マナコストにXが含まれる呪文も多め。


boku086 06.jpg


シミックカラーでは定番《ハイドロイド混成体》《幻惑の旋律》《集団強制》は勿論、《栄光の終焉》まで搭載。
大量に出るトークンはプレインズウォーカーの後出しを許さず、全体除去でしか対処出来ない強さがあります。
しかも《時を解す者、テフェリー》でインスタントタイミングに唱えられるようにすれば返しでいきなりゲームエンドなんて事も可能。
これが4枚入っているという事は、このコンボを積極的に狙っていくという事で間違いないでしょう。


バントランプは新しいデッキですので、これから対策され、また形を変えていく事が予想されます。
このデッキのように長所を生かした工夫をして環境に対応出来るとベストですね。



モダンからは、ドルイドコンボを紹介!


boku086 02.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


MOでは早くも『モダンホライゾン』環境でのモダンがプレイされています。


boku086 07.jpg


お馴染み《療治の侍臣》《献身のドルイド》で無限マナを出し《歩行バリスタ》を出したり、別のパターンでは《台所の嫌がらせ屋》と《療治の侍臣》《臓物の予見者》による無限ライフコンボ等で勝つデッキです。
元々早いターンにコンボが決まりやすいデッキでしたが、ここ最近2枚の強力なサーチカードを入手。


boku086 08.jpg


《破滅の終焉》はサーチだけでなく無限マナ後のフィニッシャーも兼ねるカード。
コストがそこまで重くないのが特徴で、墓地からも持ってこれる点が1枚採用の多いこのデッキだとたまに役に立ちます。
《エラダムリーの呼び声》は正に待望の1枚。
インスタント2マナで何でも持ってこれると言って良いサーチ能力は強力の一言。
余りに強力だったからか、何と今までの定番《召喚の調べ》が抜けてしまっています。
それ程までに優秀なサーチカードを貰ったという事なのでしょう。


モダンは墓地利用を始めとした強力なデッキが多く存在し、対策しきれないがゆえに押し付けた方が強いのですが、このデッキは早く押し付ける事が出来る上にサーチカードで対策も持ってこれてしかも1枚採用で良いためデッキスペースも圧迫しないという環境にマッチした構築が可能。
多くのデッキをコンボで威圧し、多数の対策カードで封じに行けるのは大きなメリット。
クリーチャーを使うコンボであるがゆえのもろさもありますが追い風は吹いていると思います。



こちらも喉から手が出る程欲しかったカードを手に入れたデッキ。


boku086 03.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


デス&タックスです。


boku086 09.jpg


《ルーンの母》の代わりとなるカードが追加された事で、より2マナのクリーチャー達が悪さをしやすくなっています。
《イーオスのレインジャー長》もこれをサーチ出来るカードとして、《護衛募集員》に似た動きとアドバンテージ確保をしてくれます。
流石に《石鍛冶の神秘家》は無いため、他のカードで打点を確保。


boku086 10.jpg


《刃の接合者》を何度も《修復の天使》《ちらつき鬼火》で使い回し、ゴーレムを量産する事で打点を伸ばす事が出来ます。
勿論自分のクリーチャーを守る事も出来ますし、それぞれがパワー3の飛行アタッカーであるため打点の伸び方はかなりのもの。


墓地利用デッキが厳しいため、今は勝たないだろうと思っていましたがそうでも無い所を見ると他のデッキに対してかなり良く戦えるようです。
それにモダンはデッキが多用であるので、いくら流行っているからってそれにしか当たらないという事は珍しく、サイドボードから強力な対策も取れる色であるためこのような構築というのは寧ろ良いのかもしれません。


デッキの動きはそれ程早くは無いですが、《レオニンの裁き人》の能力はサーチだらけのモダンにおいては強力無比。
このカードを上手く使えるというだけでこのデッキの価値は高く、《ルーンの与え手》のお陰でそれが大きく増した事はこれからの活躍に関係するでしょう。



レガシーでは、このデッキが新しいカードを入れています。


boku086 04.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


4色コントロール。緑を足す理由は...


boku086 11.jpg


そう、《レンと六番》です。
単純にフェッチランドを使い回すだけでも強力ですが、《不毛の大地》となるとそれはもう相当な威力。
特殊土地しか入っていないデッキはマナが伸ばせなくなるのでそれだけで投了に追い込まれる事も。
-1のダメージ能力もタフネス1が多いレガシーではかなり強力で、多くの厄介なクリーチャーを撃ち落とせます。


《突然の衰微》はそんな《レンと六番》を倒せる、レガシーでは貴重な対策カード。
流行っているURデルバーにも効き目が高いカードなので、緑を足した恩恵は大きそうです。


また、打ち消し等の妨害にも一工夫。


boku086 12.jpg


《否定の力》を2枚採用しています。
《意志の力》は強力ですが、素で5マナと手札が減っている時は使いにくいのが難点。
その点《否定の力》なら素でも3マナと、範囲こそ狭いものの構えやすく消耗戦の時にも活躍出来るのがメリット。
クリーチャーは他のカードで処理出来るこのデッキなら、散らす意味は大きいです。


やはりというかレガシーでも影響が大きい『モダンホライゾン』。
《レンと六番》はカナディアンスレッショルドに搭載しても強いとの事なので、使う人は買っておいた方がいいかも。



いかがだったでしょうか。


今回はモダン多めにデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑『モダンホライゾン』のお求めはこちらをクリック!!↑↑

カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0