BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード・モダン・レガシー『姿を変えて再登場したデッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


今週末はいよいよマジックフェスト・横浜!
という訳で、今週もモダンは2つ、スタンダードとレガシーは1つずつ、デッキを紹介していきます。


それでは早速、本題に入っていきましょう!



スタンダードからは、緑単を紹介。


boku 080 04.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


鉄葉ストンピィとも言うこのデッキは、姿を少し変えて環境に残っています。


boku 080 01.jpg


この2種の追加のお陰で、序盤からの打点と継戦力が高くなっています。
このリストでは探検クリーチャーを採用せず、よりパワーの高いカードで殴る事を重視しています。


そして、このデッキの中核をなすクリーチャーはこの2種。


boku 080 06.jpg


それぞれマナコストに対するパワーがとても高く、能力も優れている主力。
この2枚看板で殴り切っても良いですし、ここから《原初の飢え、ガルタ》につなげる事が出来れば勝利は近いです。


緑単色なので、サイドボードには珍しいカードも。


boku 080 07.jpg


《蔦草牝馬》はコントロール相手に対して強烈な能力を持ち、パワーも5と高く《ドミナリアの英雄、テフェリー》を一撃で倒せる打点は魅力的です。
《ブランチウッドの鎧》《優位宣言》は対クリーチャーデッキにおいてより高いパワーで殴れるようになるカード。
勿論《蔦草牝馬》との相性はとても良いです。


圧倒的な攻撃力で単色デッキに強いため、今はなかなか良いメタゲームなのかもしれませんね。



モダンは最近盛り返して来た人間デッキ!


boku 080 03.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


デッキ自体は実にシンプルで、並べて殴るだけ!


boku 080 08.jpg


クリーチャーはほぼ人間に統一されているので、この3枚は凄まじい爆発力を誇ります。
《教区の勇者》からスタートし、3ターン目以降に《サリアの副官》《ケッシグの不満分子》のどちらかで押し込むのが必勝パターン。


メインボードは《霊気の薬瓶》と土地を除けば全てクリーチャーですが、その中でも妨害する能力を持っている人間がしっかり入っています。


boku 080 09.jpg


《反射魔導士》は道を開けるのに貢献するので当然4枚。
《翻弄する魔導士》《帆凧の掠め盗り》はこのリストだと合わせて7枚。
これで相手の有効なカードをプレイ出来なくして、その間に殴り切る事でコンボやコントロール相手でも戦えるようになっています。
特に《スレイベンの守護者、サリア》も効くクリーチャーが殆ど入っていないようなコンボデッキに対してはかなり強いです。


さて、そんな人間デッキですが、サイドボードには意外にも《虚空の杯》が採用されています。


boku 080 10.jpg


自分の首も絞めそうな《虚空の杯》ですが、そこまでしてイゼットフェニックスやバーン等の1マナ呪文を連打するデッキや、アーティファクトを0マナで連打する《発明品の唸り》デッキを対策しに行ってますね。
これらのデッキが多く存在する今の環境では、中々に良いサイドカードなのかもしれません。


このデッキは圧倒的な攻撃力を持っていますが、それでもウルザトロンにはギリギリ間に合わない事が多く、ドレッジ戦もかなり厳しい戦いになります。
《召喚の調べ》《集合する中隊》を入れているクリーチャー主体のコンボデッキに対しても妨害が少ないため、《減衰球》《墓堀りの檻》はサイドボードに必須と言えるかもしれません。


トロンやドレッジ等、苦手な相手こそ環境に居るものの、上手く対策して今使用率は上がって来ています。
意識した方が良いデッキである事は間違いないでしょう。



もう一つモダンからは、黒緑を。


boku 080 05.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


このデッキも見かけるようになって来ました。


boku 080 11.jpg


何といってもこのお決まりムーブが強い!
手札破壊から2ターン目の《タルモゴイフ》《闇の腹心》はゲームの流れをこちらへ大きく引き寄せるだけの強さがあります。
《漁る軟泥》も今の環境だと極めて強力で、手札破壊から出して強い2マナクリーチャーの1つとして大暴れが期待出来ます。
ここから《ヴェールのリリアナ》と繋ぐのがこのデッキのブン回り。


《暗殺者の戦利品》はトロンが多いのは勿論の事、どんなデッキにも当たる除去としてこのデッキの復権に大きく貢献していると言っていいでしょう。
定番《突然の衰微》が1枚しか採用されていないのを見ると、その影響の大きさが伺えます。


他に変わった点と言えば...


boku 080 12.jpg


この2種が2枚ずつ採用されている所ですね。
以前は入っても1枚とかそんな感じで、そこまで重視されている感じではなかったのですが、環境に合い始めたのか採用枚数が増加。
《ゲトの裏切り者、カリタス》は《漁る軟泥》を4枚入れた上での採用ですから、相当墓地利用デッキを意識していると言っていいでしょう。
《不屈の追跡者》も最近どのデッキも強化されつつあるモダン環境において、カードの枚数で抑え込める可能性を出してくれる優秀なクリーチャー。
これでカードを補給しないと厳しい相手も多く、《闇の腹心》だけでは足りない今の状況を良く表しています。


手札破壊と豊富な除去でどんなデッキに対してもメインから戦えるのが長所の一つ。
とは言えトロンは苦手なのでメインから《廃墟の地》を4枚、《暗殺者の戦利品》と合わせて8枚の土地破壊で相性の逆転を狙っています。
ここまでやれば寧ろ有利とまで言えそうな対策具合なので、サイドボードにはトロン対策は少な目です。


様々なトップメタのデッキに対してメインから解答を持っているデッキなので、強力な選択肢として挙がるデッキになるのは間違いなさそうです。



レガシーからは、昔からあるこのデッキ。


boku 080 02.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


カナディアンスレッショルド!


boku 080 13.jpg


大量の1マナ呪文と《不毛の大地》でテンポ戦を制す、レガシーならではのデッキ。
特に《もみ消し》《不毛の大地》からなるマナ否定戦略は強力で、《呪文貫き》《目くらまし》も引っかかりやすくなり極めて厄介です。
そうやって相手を失速させている間にクリーチャーで殴り、《稲妻》を止めに使う、そんな動きが理想。


クリーチャー陣は最近色んなパターンの組み合わせが見られますが...


boku 080 14.jpg


このリストではこの3種が合計11枚。
《秘密を掘り下げる者》は大体確定で入っていますが、他のクリーチャー構成は人によって若干違い、この場合《タルモゴイフ》が0枚になっています。
テンポを取りきった後はじり貧になりやすいデッキなので、守らずとも殴れる安定したフィニッシャーを使いたいなら《真の名の宿敵》は素晴らしいカードですね。


boku 080 15.jpg


除去は《稲妻》に加えてこれら3種が1枚ずつ。
2枚引くと邪魔になりがちですが特定の場合に強い、そんなカードを入れています。
この3種は全て大型クリーチャーに対応出来、特に《漂流》は1マナで何でも触れると中々の実力。
その分ソーサリーでなおかつ《敏捷なマングース》と相性が悪い為、やはり1枚が妥当となる訳です。


その高い妨害力でコンボデッキと戦うのは得意。
またエルドラージに対しても土地嵌めで対抗可能で、赤単プリズン相手も打ち消しで上手く抑え込めればそのまま殴りきれます。
《もみ消し》が土地に当たらない相手ですが、それでもテンポ面で有利を掴めば勝てる相手となります。
反面、大量のクリーチャーを展開してくるデッキやコントロール、デルバー系デッキを対策しているデッキは苦手。
マーベリック、デス&タックス、奇跡、ゴブリン等が該当しますが、苦しいながらも自慢のテンポ面で制圧出来れば勝機はあります。
また《真の名の宿敵》はこういう相手に対して活躍が期待出来ますね。


一時期はホントに見かけなくなってしまったという印象だったデッキですが、近頃は結構使用者を見かけます。
《死儀礼のシャーマン》が禁止になり、コンボが増加しだして久しい今、研究し甲斐のあるデッキの1つであると思います。


いかがだったでしょうか。
今回も3フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0