BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード・モダン・レガシー『今、アツいデッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


もうすぐマジックフェスト・京都2019が開催されますね。
日本では名前が変わって初の開催となるので、どうなるのか...かなりわくわくします!


さて、今週もスタンダード、モダン、レガシーからデッキを紹介していきます。
それでは早速、本題に入っていきましょう!


まずは、最近よく見かけるグルールアグロから!


boku 076 01.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


赤に寄せつつ、緑の強いクリーチャーも入れているデッキです。


boku 076 02.jpg


兎に角殴る!
《クロールの銛撃ち》は青単に強い優秀なカード。
《再燃するフェニックス》は定番として、《包囲攻撃の司令官》は押し込まれそうな時は守りに、押し込めそうな時は強力な詰めの一手として、多くの状況で活躍してくれます。


さて、このデッキは2色であるにも関わらず、《ゴブリンの鎖回し》を採用しています。
《ゴブリンの鎖回し》は無理矢理にでも採用したいくらい強力なので、このデッキはマナベースとクリーチャーの採用に工夫をしています。


boku 076 03.jpg


そう、クリーチャータイプ「戦士」に優秀なクリーチャーが多い事を利用し《手付かずの領土》で安定を図っています。
勿論それだけでは足りないので、《グルールのギルド門》まで入れていますが、それによってほぼ赤マナを出せる土地のみで構成しつつ、綺麗な2色デッキを実現出来ています。
勿論均等2色のグルールも存在するため、3ターン目まで《ゴブリンの鎖回し》を入れているリストかどうかが分かりにくいのも長所で、不意に展開してきた相手のクリーチャーを一網打尽にしてしまえる事も。


火力はコントロールやネクサスを意識しプレイヤーを対象にとれるものを多く採用。
《溶岩コイル》だけはどうしても必要な場面がある為か、メインに2枚採用されています。


メタゲーム上の立ち位置はと言うと、単色系のデッキに対して一回り大きいサイズで強く戦う事が出来ます。
ネクサスやコントロール相手も苦手と言う程では無く、十分に対抗可能。
飛行に頼るイゼットに対しても戦えますが、逆に言えば速度がそこまで早くはないので、本来有利な相手に対しても負ける時は負けますし、コントロールやネクサス相手には間に合わない時もそれなり以上に多いという立ち位置です。
環境に存在する多くのデッキに対して勝てる可能性をメインから見たい人にオススメのデッキですね。



次は、すっかり形が定まって来たエスパーコントロール。


boku 076 011.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


メインボードに《肉儀場の叫び》を採用している形は、最早定番。


boku 076 04.jpg


ここに《オルゾフの簒奪者、ケイヤ》を加えてメインは打ち消しを最小限に抑え、除去を多めに。
これはどうせ打ち消し呪文を増やしてもメインからはネクサスに勝てないので、それよりも数が多いクリーチャー主体のデッキに対して勝つ可能性を上げるため。クリーチャーデッキに非常に強い構成になっています。


サイドボードからは打って変わってコントロールやネクサス対策のカードが並びます。
特に《強迫》から《正気泥棒》の動きは強力。


さて、このデッキに対してクリーチャーデッキで立ち向かうときはかなり嫌になりますが、カード一枚ずつのコストは軽くないため、そこを上手く突けば勝機はあります。
全体除去の返しには、常に《ドミナリアの英雄、テフェリー》を許さないだけのクロックを用意したい所ですが、無理でも2体展開したり、対処しにくい《再燃するフェニックス》《ベナリア史》等を置いていきたいですね。
また、《吸収》は強力ですが反面色拘束は凄い事になっているので、そこを狙って複数アクションを仕掛けるのも手です。
エスパー側は防ぎ切った後攻め返すには必ず大きなアクションを取らなければならない為、その隙をどう突けるかが勝利への鍵となります。


勿論それらのプランを破壊する《思考消去》を備えているので、簡単には行きません。
仕留めるには相当の根気と作戦が必要になります。
それも含めてこのデッキの強さという事なのでしょう。


モダンからは、青赤のコントロールを紹介。


boku 076 10.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


《弧光のフェニックス》を入れない、純粋なコントロールです。


boku 076 05.jpg


《氷の中の存在》は最早定番。
相手がクリーチャーデッキであればそれこそかなり効きますし、そうでなくても《稲妻》一つでは倒せないタフネスと変身後のパワーが魅力的。
《瞬唱の魔導士》との相性も見逃せません。


呪文はというと《謎めいた命令》を4枚搭載し、打ち消しメインのコントロールとして立ち回ります。


しかしこの手のデッキはウルザトロン等の土地コンボが辛いところ。
以前は《血染めの月》をメインに入れるなどして対策していましたが、今は...


boku 076 06.jpg


これを4枚投入する事で何とかしようとしています。
《血染めの月》は強力ですが相手によっては全く効果がなく、メインに入れても無駄カードとなる可能性があったのに対して、《廃墟の地》は土地なので枠も取らず展開の邪魔もしません。
なんなら《天界の列柱》等を土地枠で除去出来るようになるので、こちらの方が強い可能性もあります。
これで適度に妨害しつつ打ち消し呪文を構えられるので、《氷の中の存在》をさっさと裏返し、殴り切るという勝ちパターンを得ています。


サイドボードは《大祖始の遺産》を思い切って3枚採用している他、《イゼット副長、ラル》の姿も。


boku 076 07.jpg


《大祖始の遺産》は《瞬唱の魔導士》と相性が悪いものの性能は強烈。
これくらいしないと最近の墓地利用デッキは止められないので、納得と言えば納得です。
スタンダードでお馴染み《イゼット副長、ラル》は一度出たらなかなか止まらず、手札を補充しながらクリーチャーに対しても対応可能と、かなり万能。
《精神を刻む者、ジェイス》ばかり来てもプレイ出来ないので、カブらないように散らしているというのもありますね。


勿論相手がフェニックスデッキだと錯覚する場合もあり得るので、そう考えると環境的にアツいデッキだと言えそうです。



最後はレガシー、URデルバーです。


boku 076 012.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


《プテラマンダー》登場以来、様々な形が試されてきたURデルバーですが、ようやく形が定まりつつあるようです。


boku 076 08.jpg


順応すれば強力な《プテラマンダー》ですが、そうでない時の打点は1と最低値。
なので序盤は妨害しつつ墓地を肥やす必要があります。


そこで《不毛の大地》型が主流となっている訳です。
《不毛の大地》はお互いの土地を一つずつ減らすカードである為、お互いに1ターンの遅れが出ます。
そうやって時間を稼いで《呪文貫き》《稲妻》《思案》辺りでせっせと墓地を増やすのです。
後は《プテラマンダー》を大きくして殴ったり《真の名の宿敵》でマウントをとったりして攻め切ります。


スタートダッシュのパターンは《秘密を掘り下げる者》だけで十分と判断したのか《渋面の溶岩使い》も《僧院の速槍》も無し。
このデッキのクリーチャー陣は打点が高いので、初速にこだわらなくても十分にライフを0にする事が出来ます。
それでも《稲妻》に加え《稲妻の連鎖》まで採用しているのは、この環境における1マナ3点火力の強さを証明しています。
特にデス&タックスやデルバーに対してはこれが良く効きますね。


コンボに対しての耐性はあるので、サイドボードはクリーチャーデッキ対策が多め。


boku 076 09.jpg


《粉々》を採用せずに全て《削剥》にするくらい気合を入れて対策しています。
《電謀》は軽くインスタントである全体除去としてエルフやデス&タックスに良く効きますが、このデッキの場合1マナのクリーチャーが少ないため、1ターン目の有効なアクションとして普通に単体除去モードで使用出来る点も大きいです。
《発展の代価》は本体火力ですが、3色のデルバーや土地コンボにかなりのダメージが飛び、特にエルドラージに対してはこのカードの有無で勝率が大きく変わります。


誰に対しても素早く妨害しながら攻めれて、なおかつ火力で止めを刺しに行けるためかなり対策しにくいです。
今、URデルバーがアツい!


いかがだったでしょうか。
今回は3フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0