BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード『GPポートランドのちょっと珍しいデッキ』編

こんにちは!BIGsの朴高志です。


今週になって、とうとうこの環境・・・




紹介するデッキが無いっ!!



そりゃあ、どうせティムールエネルギー系のデッキが最強ですよ。



散々試したのではっきり言いますが、次に数が多いラムナプレッドもティムールエネルギー系には勝てません。はい、不利です。
明確に有利が取れて、なおかつ勝ち抜けるデッキなど今の環境にないのです。


先週末のGPポートランドでも優勝はティムールエネルギー。
トップ8もティムールエネルギー多めで、ちょっとラムナプレッドといういつもの景色・・・




・・・と思って見てたら、ありました。


boku08 01.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


一撃必殺を狙うこのデッキなら、あるいはチャンスがあるかもしれません。

boku08 03.jpg


やる事は簡単、クリーチャーをでっかくして殴るだけ!
中でも《静電気式打撃体》はエネルギーを使えば使うほどパワーを倍に出来るので、あっという間にパワーが20を超えていきます。
このトランプルをつけてパワー20越えで殴るというやり方なら、もう顔も見たくない《つむじ風の巨匠》が出てきても怖くない!
もし《削剥》を撃ち込まれても、《顕在的防御》で簡単に守る事が出来ます。


サイドボードには《沼》と《野望のカルトーシュ》《強迫》を積んで、苦手を改善しに行っています。
中でも《野望のカルトーシュ》は《逆毛ハイドラ》に付くとシャレにならない強さを発揮します。





派手なデッキのついでにもう一つ紹介。


boku08 02.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


こちらはサイクリングを軸にしたコントロールデッキ。

boku08 04.jpg


トップ8には入らなかったものの、トップ16に入る成績を残しています。


とにかくサイクリングを繰り返し、《ドレイクの安息地》を探しに行きます。
相手のクリーチャーは《燻蒸》《残骸の漂着》で流し、自分に有利な場を作っていきます。


・・・はい、見たまんまそういうデッキです。





今週は紹介するデッキが少なく、また二つとも戦略が初めて見てもわかるくらい明確だったので、とにかく中身が薄くなってしまいました。
まるで内容が無い様な記事でしたが、ティムールに頭を悩ませる皆様に少しでも参考になれば幸いです。
今週以降、新しくて強いデッキが出てくるといいですね。




それでは、今回はこの辺で!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑記事で書かれているカードはこちらのページでご購入いただけます↑↑

カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0