BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード・モダン・レガシー『週末のイベントに向けた注目デッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


ワールドマジックカップは日本チームがベスト8に入るという、かなり凄い結果になりましたね!
チーム戦ならではの力を合わせて行われる攻防が、観ているこちらも熱くさせてくれました。


さて、今週も3つのフォーマットからデッキを紹介します。
それでは早速、本題に入っていきましょう!



スタンダードはワールドマジックカップの入賞デッキから、赤単!


boku063 09.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


速いアグロタイプでは無く、ミッドレンジ。


boku063 01.jpg


じっくりマナを伸ばして《苦悩火》をとどめに使うデッキ構成を取っています。
特に《宝物の地図》は4枚とフル投入。
これがキーカードである事は明白ですね。
赤らしからぬカードアドバンテージの取り方が出来るようになっています。


クリーチャー陣はと言うと、これまたアドバンテージ重視。


boku063 03.jpg


《再燃するフェニックス》は勿論の事、これらのクリーチャーが大量に投入されています。
パワーとアドバンテージを兼ね備える強力なクリーチャー陣で、盤面の有利を取っていこうという算段。
《軍勢の戦親分》《包囲攻撃の司令官》は言うまでも無く相性は良好で、どちらも放置出来ない強さです。
《凶兆艦隊の向こう見ず》は対イゼット戦で威力を発揮出来、相手の《溶岩コイル》で《弧光のフェニックス》を撃ち落とせる等、素晴らしい活躍をしてくれます。
近頃は《ゴブリンの鎖回し》をあまり見かけないので、こういった構築も強いです。


サイドボードには《魔術遠眼鏡》が入っており、これで苦手な《アダントの先兵》や強力なプレインズウォーカー、《アルゲールの断血》辺りを対策しています。
その他のカードは、より《苦悩火》でフィニッシュする戦略を後押しするもので固められています。



モダンからは、青白のエルドラージが入ったデッキを紹介。


boku063 10.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


《ウギンの目》禁止からすっかり姿を見なくなった青白エルドラージですが、ここに来て復活の兆しが。


boku063 04.jpg


《難題の予見者》の他に、様々なCIP持ちクリーチャーを採用しています。
これらはどれもモダン環境に刺さるものばかり。
そんなETB持ちクリーチャー達を悪用するために...


boku063 05.jpg


これらのブリンク能力持ちやクローン系のクリーチャーが入っています。
特に《変位エルドラージ》はひとたび《反射魔道士》を使いまわそうものなら、それだけでクリーチャーデッキは敗北に追い込まれかねない強さがあります。
勿論《霊気の薬瓶》も4枚搭載なので、厄介極まり無いですね。


サイドボードもそういったクリーチャー達で一杯。
《熟考漂い》はコントロール戦で力を発揮するドロー能力持ちで、ただでさえ強い消耗戦をより強くする事が出来ます。
ただしコンボデッキに対してはサイドを多めに取っています。
これはメインボードで早くコンボを決められると《難題の予見者》が間に合わず負けてしまうからでしょう。
勿論墓地対策もしっかり取ってあり、万全の体制。


今のモダン環境を生き抜くだけの力はありそうで、尚且つかなり楽しそうなデッキなので、気になる方は使ってみるのをオススメします。



レガシーからは、《騙し討ち》デッキ!


boku063 08.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます



《騙し討ち》と言えば、スニークショーデッキですが、このデッキは赤単。


boku063 06.jpg


まず、《騙し討ち》《裂け目の突破》を豊富なマナ加速から唱えます。


boku063 10.jpg


繰り出す大型クリーチャーは定番《グリセルブランド》《引き裂かれし永劫、エムラクール》の他に、これらのクリーチャーが入っています。
これは《実物提示教育》や《再活性》と違い、《騙し討ち》《裂け目の突破》でクリーチャーを場に出した場合、ターンの終わりには墓地へ行ってしまうからでしょう。
墓地に落ちる事で効果を発揮するクリーチャーを採用しているのです。


また、そこまで行くのに時間がかかる事もあるので、《血染めの月》や《三なる宝球》も入れて、さしずめ赤単プリズンのような動きを取れるようになっています。


メインボードも中々にマニアックですが、サイドボードもかなりのもの。


boku063 07.jpg


《上天の閃光》は小型クリーチャーを多く入れているデッキに効くカードで、場合によってはこれ1枚で完封なんて事も。
《紅蓮術》はマナコストが大きいクリーチャーばかりのこのデッキにピッタリなカード。
《罠の橋》対策にもなります。
そして《跳ね返りの罠》ですが、これは青いデッキの打ち消し対策に使えます。
このデッキは《虚空の杯》をX=1でプレイすることが多いため、1マナの《紅蓮破》を使う事が出来ません。
なので、点数で見たマナコストが4のこのカードで対策しようと試みています。


様々な工夫を凝らして長所を伸ばす構築をしていて、スニークショー等としっかりと差別化しています。
こちらの方が不意打ち度合は高く、正に《騙し討ち》デッキと呼ぶにふさわしいです。


いかがだったでしょうか。
今回も3フォーマットのデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0