BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード・モダン・レガシー『少しニッチなデッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


今週末はMMM Finals 2018とEternal Party 2018が控えていますね。
そしてその翌週にはThe Finals2018


という訳で、今週も3つのフォーマットからデッキを紹介していきます。
それでは早速、本題に入っていきましょう!



スタンダードからは、単色デッキを紹介。


boku062 10.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


ラヴニカ再登場を無視した漢の黒単!


boku062 09.jpg


コントロールデッキで、メインボードには他のデッキではあまり見かけない除去も採用されています。
とは言え、ボロスアグロなどは凄まじいスピードでライフを削って来るので、これくらいの備えは必要。
そうして除去していって盤面を整えたら...


boku062 01.jpg


大量のマナから《リッチの騎士、ジョス・ヴェス》をキッカーでプレイ!
《宝物の地図》は最近多くのデッキで見かける優良カードで、序盤の事故防止と後半のアドバンテージ獲得を1枚でこなしてくれます。
《陰謀団の要塞》はこのデッキならではですね。
また《最古再誕》が4枚入っており、相手のフィニッシャーで勝つ事も可能。
《パルン、ニヴ=ミゼット》のような強力なクリーチャーを釣り上げる事が出来れば勝ったも同然。


サイドボードにもあまり見かけないカードの姿が。


boku062 02.jpg


メインにも入っている《探知の塔》は今強いカードで他のデッキでも見かけますが、《吸血鬼の君主》はかなりレア。
とはいえ黒い《包囲サイ》とも言えるこのクリーチャー、ライフを詰めてくるデッキに対してはかなりの有効牌です。
3点ドレインは馬鹿にならず、またタフネスも4あり飛行も持っているので、攻守に亘って活躍してます。
やや重いのは難点ですが、一つ下の4マナ域に優秀な除去を多く持つこのデッキなら問題無いでしょう。



次はモダン、コンボデッキ!


boku062 11.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


所謂ドルイドコンボデッキですが、このリストはコンボ全力タイプ。


boku062 03.jpg


《献身のドルイド》《療治の侍臣》のコンボで無限マナを出したら《歩行バリスタ》で勝つのですが、サポートカードが秀逸。


boku062 04.jpg


中でも《豊潤の声、シャライ》は自分のクリーチャーを守ってくれるのみならず、自身も無限マナからのフィニッシャーとして機能し、更にはビートダウン戦略まで可能にしてくれる凄い奴!
このデッキの為に生まれてきたと言っても過言では無いくらい能力がマッチしていますね。
《自然との融和》はサーチカードとしてかなりの性能。
《死後の一突き》は倒されたコンボパーツを復活させる事ですぐさま無限マナに入れる縁の下の力持ちです。


コンボパーツとなるクリーチャーはお馴染み《召喚の調べ》で持って来れる他、このデッキでは《異界の進化》でサーチも可能。
これらを駆使し、かなりの早さでコンボを揃えれるのがこのデッキの強み。


サイドは《ブレンタンの炉の世話人》《崇拝》等の良く見るカードの他に《秋の騎士》の姿が。


boku062 05.jpg


《秋の騎士》は1枚で2役こなせるカードなので、サイドの枠を圧縮するのに優れています。
モダンは勿論、レガシーでも見かける超優秀なカードですね。


《神々の憤怒》が流行中なのは痛い所ですが、『ドミナリア』と『ラヴニカのギルド』で強力な追加カードを得たこのデッキ、良く見かける事になりそうです。



レガシーからはこのデッキ。


boku062 12.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


レベルデッキ...!


boku062 06.jpg


基本的な戦い方は昔のまま。
《レイモス教の兵長》《果敢な勇士リン・シヴィー》で仲間を呼び続け、並んだら《恭しきマントラ》でフィニッシュ!
しかしここはレガシー、流石に毎ターン起動に3マナも使ってる訳には行きません。
そこでこれらのカードの出番。


boku062 08.jpg


《訓練場》!!
これさえあればサーチ能力起動のコストを大幅に減らす事が出来ます。
正にこのデッキにぴったりなカードですね。
他のマナ加速も入っていて、レベルクリーチャー達を並べまくる気満々。
全体強化は《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の紋章に頼る事で不意の破壊による打点低下を恐れない構築になっています。
また、《鏡の精体》は多相を持っている最高のフィニッシャー。


サイドボードには親の仇のような《赤霊破》《紅蓮破》が合わせて6枚、そして3枚の墓地対策でコンボをしっかり封じに行っています。
《天界の粛清》は《苦花》《夜の戦慄》等を潰せる他にマリットレイジトークンにも効く優れもの。


この手のデッキに対しては良く効くはずの全体除去に対しても、手札に1枚レベルを残しておけばたちまち展開しなおせるとあって、中々に厄介。
様々な部族デッキを作る事が出来るレガシーですが、あまり見かけなくなってしまった部族でも、このデッキのようにその部族が持つ長所を最大限に引き出す事が出来れば活躍する事も夢ではないのかもしれません。



いかがだったでしょうか。


今回はいつも通り3フォーマットのデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0