BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード・モダン・レガシー 『ラヴニカのギルドで進化したデッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


BIG MAGIC所属プロに、玉田遼一さん佐藤レイさんが加入しました!
お二人とも凄腕のプレイヤーですが、フォーマットで見るなら玉田さんはスタンダードとモダンが、佐藤さんはリミテッドが、それぞれ特に上手いと思っています。
お二人のインタビュー記事は既にBIG MAGICの記事・コラムのところに掲載されているので、是非読んでみてほしいのです!

BIG MAGIC所属プロ新加入インタビュー(という名の飲み会):玉田 遼一「俺はまだマジック始めてないから」


BIG MAGIC所属プロ新加入インタビュー:佐藤 レイ「マジックのオンライン・サロンを開きたい」


さて、今週も3フォーマットからデッキを紹介していきます。
それでは早速、本題に入っていきましょう!



スタンダードは青赤のコンボデッキを紹介。


boku053 01.png画像を右クリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。



《千年嵐》を使った、正にストームデッキです。


boku053 04.jpg


動きは簡単、《千年嵐》を置いてインスタントかソーサリーを唱え、その後に《海賊の略奪》を唱えコピー。
宝物が戦場に4つ以上出る事になるので、ドローしたカードをどんどん唱えて《千年嵐》の効果を強くしていきます。
十分に呪文がコピー出来るようになったら火力でフィニッシュ!


《遁走する蒸気族》は《ゴブリンの静電術師》と一緒にマナサポートをしてくれる上、《千年嵐》を早く出せるようになる優れたサポーター。
このリストでは3枚ですが、かなり強いので4枚入れてもいいかもしれません。
これらクリーチャーと火力を使って序盤を凌げるのはこのデッキのメリットですね。


そしてサイドボードには《弾けるドレイク》《パルン、ニヴ=ミゼット》を搭載。


boku053 05.jpg


手札破壊等でコンボの完成を阻止してくるデッキに対しては、コンボパーツがドローと火力であるのを利用してサイド後はコントロールとして振る舞い、普通にフィニッシャーで殴り勝つプランを選ぶ事が出来ます。
このプランは相手のサイドをかわす事が出来る場合もあり、かなりいい作戦ですね。
コンボデッキとしての理想的な構成になっていると思います。



モダンはジャンド!


boku053 02.jpg画像を右クリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


《血編み髪のエルフ》解禁で強化されたにも関わらず、高速デッキとトロンの板挟みに会い、思うように勝てていないデッキという印象だったジャンドは、《暗殺者の戦利品》獲得によってパワーアップ。


boku053 06.jpg


この《暗殺者の戦利品》追加によって変わる事ですが、まず、誰しもが予想する、トロンに強くなるというところです。
何せ土地を破壊出来ますからね、トロンランドの揃う確率を下げる事が出来るのはこのデッキにとってとても大きい事です。
これによって今までサイドに取っていたトロン対策の枠も、少し減らす事が出来るように。
と、いう事は他のデッキに対しても少し強くなれるという事であって、単純に苦手な相手に対抗出来るようになっただけではない、大きな追加カードだと言えます。


次に、《血編み髪のエルフ》によるハズレ減少です。
以前は《突然の衰微》や《終止》を1枚ずつ採用したり等して対応力の向上を図っていたジャンドですが、当然裏目もあります。
クリーチャーが居ないのに《終止》をめくってしまう、《虚ろな者》を倒したいのに《突然の衰微》をめくってしまう等です。
手札にある時にもある裏目ですが、続唱でめくれてしまった時にはその場で使うか決めないといけない為、かなり悲し事になってしまいます。


そういった1枚採用のカード達の持つ役割を1枚に集約しているのがこの《暗殺者の戦利品》のいいところ。
これなら《血編み髪のエルフ》でめくっても、最悪特殊土地を破壊して色事故を狙ってみたり、最高な場合には相手のプレインズウォーカーを破壊出来たりと、かなりデッキに合っています。
様々な悩みを一気に解消してくれる凄いカードなのです。


お陰でサイドボードには《窒息》や《熱烈の神ハゾレト》を採用する枠が生まれています。


boku053 07.jpg


《窒息》は前から見かけるカードでしたが、採用出来ても1枚という印象でした。
しかし《暗殺者の戦利品》によって枠が空いたので、2枚採用出来るように。
当然青いデッキ相手に通れば絶大な強さを発揮するカードですので、これくらいの枚数は欲しい所でした。


《熱烈の神ハゾレト》は打点の高さと速攻で、相手のプレインズウォーカーをすぐさま落とせるナイスカード。
除去体制も優秀で、火力や戦闘で倒されないのは長所です。
それこそ《暗殺者の戦利品》に対して強いですしね。


パワーアップして帰ってきたジャンド、今後の活躍に期待ですね。



レガシーはこのデッキの変化を紹介。


boku053 03.png画像を右クリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


オムニテル...ですが、少し変わっています。


boku053 08.jpg


《実物提示教育》を使える確率を上げるために、《燃え立つ願い》を採用しています。
これにより、実質《実物提示教育》7枚体制となり、かなりの確率で3ターン目には《実物提示教育》をプレイ出来るようになるでしょう。
《燃え立つ願い》の関係で、フィニッシャーはソーサリーである《無限への突入》になっています。
他の部分は従来のオムニテルとほぼ同じ。


スッキリしたサイドボードには、《ゴブリンの熟練扇動者》等のカードや《燃え立つ願い》用のソーサリーが並ぶ中、《ゴブリンのクレーター掘り》が採用されています。


boku053 09.jpg


やはり割れる範囲が広いからでしょう、《削剥》よりも優先して採用しています。
これは《難題の予見者》等のエルドラージを倒せるからで、起動コストまで含めると3マナとやや重めな事は2マナランドを採用しているこのデッキにとってはそこまで苦ではありません。
極めて万能なこのクリーチャーは多めに3枚入っており、今後も見かける事になりそうです。


いかがだったでしょうか。


今回も、新カードによって変化したデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



『ラヴニカのギルド』シングルカード購入


↑↑『ラヴニカのギルド』のシングルカードのご購入はこちら↑↑

カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0