BIGs 朴高志のスタイリッシュ! スタンダード・モダン・レガシー『パワーカード満載のデッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


新セットはまたもやラヴニカをテーマにしているという事で、多色のカードで強いものが多く収録される事が予想されますね。
ショックランドは再録されるのでしょうか、期待が膨らみますね。


さて、今週もデッキを紹介していきます。
それでは早速、本題に入っていきましょう!



スタンダードからは、赤黒コントロール!


boku033 09.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


近頃流行りの赤黒ビートダウンでは無く、コントロールデッキです。


boku033 01.jpg


《栄光をもたらすもの》《悪魔王ベルゼンロック》という強力なフィニッシャーを軸に、周りを除去で固めたデッキです。
まず見るべきところですが、落ちにくい上に伝説であるにも関わらず《悪魔王ベルゼンロック》を多めに3枚採用しています。
以前黒単デッキを紹介した際にも言いましたがこのデーモン、兎に角スペックが高く、一度着地してしまえば殴り合いではほぼ負けません。
このカードがいかに強いかを物語っていますね。


次に、理想のゲーム展開が強力である点も良いですね。
序盤はしっかり除去で対応、3マナ域には全体除去の《焼け付く双陽》が2枚、手札破壊も兼ねる《大災厄》が4枚入っていますので、《反逆の先導者、チャンドラ》を戦場に出す準備を整える事が出来、4ターン目に《反逆の先導者、チャンドラ》で攻守をひっくり返したらそのまま5ターン目《栄光をもたらすもの》6ターン目《悪魔王ベルゼンロック》と繋げる事が出来ます。
仮にこの3枚全てを除去されてしまった場合でも、《悪魔王ベルゼンロック》により手札を補充しているので次のターンも強力な一打を繰り出せる可能性は十分にあります。
これらのカードは各3枚ずつ採用されており、このデッキの狙いそのものだと言っても良いでしょう。
もしこの流れを決らめれる状況に無い場合でも、《ヴラスカの侮辱》《破滅の刻》が控えていますので安心。
しっかりと保険も用意しています。
また、《反逆の先導者、チャンドラ》を出して忠誠度を5にした次のターンに《意趣返し》を使って即奥義発動というビックリムーブも搭載しています。


そしてこのデッキ最大の注目点は、2枚採用されている《最古再誕》です!

boku033 02.jpg


リミテッドでもアドバンテージ獲得手段として優れるこのカードですが、構築でもその強さは健在。
除去能力はこれだけ多くの優秀な除去を使った上でならかなり優秀ですし、手札破壊能力で相手の抱えている除去を落とせれば《栄光をもたらすもの》《悪魔王ベルゼンロック》を活かしやすくなります。
そして最後の能力は、何と相手の墓地からもリアニメイト出来る相当強力なものになっています。
勿論自分の墓地から釣り上げても良いのですが、このデッキならば相手の墓地に多くのクリーチャーが落ちているはずなので、より強力なクリーチャーや、場合によってはプレインズウォーカーを釣り上げる事も出来るのです。
たった1枚で3枚の性能を持っており、効果が出るのは緩やかではあるものの、このデッキにはどれもピッタリで優秀なカードだと言えるでしょう。


とっても赤黒らしいロックな仕上がりのコントロールデッキ、リストを見てると使ってみたくなっちゃいますね。



続いてモダンは、青黒のエルドラージ入りコントロール。


boku033 08.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


《マナ漏出》《致命的な一押し》等の良く見かけるカードに加え、少量のエルドラージが入っているデッキです。

boku033 03.jpg


序盤をカウンターや除去で凌ぎ、《エルドラージの寺院》から《希望を溺れさせるもの》で勝つ事を狙った構成。
除去は《喪心》《滅び》まで積んだ上での《全ては塵》の採用で、大味ながらもカードパワーを重視。
ドローカードは《熟慮》《禁忌の錬金術》と一時期のスタンダードで良く見た組み合わせとなっています。
《約束された終末、エムラクール》は唱えてしまえばほぼ勝利が決まる程の強さで、1枚しか入っていないものの、このデッキの勝ち筋を太くするのに一役買っています。


このデッキの良さは、《アズカンタの探索》と《禁忌の錬金術》が支えています。


boku033 04.jpg


《アズカンタの探索》はデッキトップ操作能力で、事故を防止しながら墓地を肥やす事が可能です。
《禁忌の錬金術》は《熟慮》と相性が良いだけではなく、重量なカードを探すのに大きく貢献しつつも墓地にカードを落とせます。
そう、両方とも墓地を増やす事が重要な役割なのです。
特に4枚採用されている《禁忌の錬金術》は、実質このデッキのキーカードだと言っても過言では無いでしょう。
良く見ると《アズカンタの探索》《最後の望み、リリアナ》《熟慮》《禁忌の錬金術》《約束された終末、エムラクール》と、墓地に関係しているカードが多く入っています。
実は墓地利用を積極的にするこのデッキにはピッタリのカードであるという訳ですね。


なかなか斬新で大味な形の青黒コントロール、かなり強そうです。



レガシーも大味でカードパワー重視なデッキを紹介。


boku033 07.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


マーベリックと同じようなカラーリングではありますが、デッキ構成はかなり違います。

boku033 05.jpg


基本的な動きとしては、《老練の探険者》を《陰謀団式療法》のフラッシュバックコストで墓地に送り、土地を伸ばして大型クリーチャーを《緑の太陽の頂点》で戦場に出す感じです。
《ガドック・ティーグ》のような妨害能力持ちから《包囲サイ》のような単純に強いカードまで、1枚刺しのクリーチャーがズラリと並んでいます。


このデッキには《突然の衰微》《剣を鍬に》という基本的な除去の他に、《破滅的な行為》が3枚も入っています。

boku033 06.jpg


とても強力なカードなのですが、普通のレガシーデッキではとても運用出来ない程重いです。
しかしこのデッキなら大丈夫。
マナさえあれば何でも破壊出来る万能カードなので、このデッキにピッタリですね。
他にも《未練ある魂》等、マナを伸ばせるからこそのカードが入っています。
レガシーで土地を伸ばすタイプのデッキは珍しいので、知っておくと当たった時に混乱せずに済むでしょう。



いかがだったでしょうか。


今回は、各フォーマットのコントロール系デッキを紹介しましたが、少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0