BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『URカラーを使用した注目デッキ』編 - スタンダード・パイオニア・モダン・レガシー

こんにちは!朴高志と申します。


『モダンホライゾン2』の情報が出始めましたね。
前回の『モダンホライゾン』はパワー高めのカードが多く収録されていましたが、今回はどうなるのでしょうか。
新たなデッキが多く生まれるようなセットになるのか、期待です。


さて、今週は4フォーマットからデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


 


まずはスタンダードから、イゼットドラゴンを紹介。


boku166 06.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


ドラゴンをフィニッシャーにしている、ややコントロール寄りのデッキ。


boku166 01.jpg


マナを増やしてくれる《黄金架のドラゴン》《ガラゼス・プリズマリ》を使い、豊富なマナを使って《アールンドの天啓》や《マグマ・オパス》のような重い呪文を唱えて勝ちに行きます。
強力な青い呪文に強い《神秘の論争》をメインに採用し、環境に対する耐性も備えています。
また、追加のアタッカーとして《不詳の安息地》を採用、これは単色デッキで良く見かけるカードですが、このデッキも運用出来るように土地の殆どを氷雪にしています。
かなり強力な土地なので、2色ですがそこまでする価値は高いでしょう。
また、《表現の反復》は青赤期待のアドバンテージカード。
2マナでありながらカードを増やす事が出来、更に手札に入れるカードを選べるという、相当高い性能をしています。
土地を伸ばしながら相手の動きに対応し、フィニッシャーも確保したいこのデッキにとって、最高のカードですね。


強力な新カードを獲得し力を増した青赤。
各種出来事クリーチャーと2体のドラゴンによる打点も高く、中々に良いデッキですね。


 


 


パイオニアからは、霊気池デッキを紹介します。


boku166 07.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


霊気池の驚異》から大型の呪文を唱えるデッキ。


boku166 02.jpg


4ターン目には起動する《霊気池の驚異》。
当たりは《絶え間ない飢餓、ウラモグ》《精霊龍、ウギン》の2枚となっています。
勿論こんな強いカードが4ターン目に出れば勝負は決まったも同然。
その為に序盤はエネルギー溜めにいそしむ事となります。


サイドボード後からは、ビートダウンを狙えるのも良いですね。


boku166 03.jpg


メインボードにクリーチャーが多く、どれもそれなり以上の殴り性能をしているので、《牙長獣の仔》を投入して殴りに行く事も有り得ます。
目覚めた猛火、チャンドラ》はこのデッキが嫌う打ち消しに強く、破壊力も抜群。
サイドからのフィニッシャーとして申し分無い性能をしています。


殆どスタンダードにあった時のような形のデッキ。
その理不尽さでパイオニアを生き残れるか、注目です。


 


 


次はモダンから、エムラブリーチ!


boku166 08.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


引き裂かれし永劫、エムラクール》を出して殴るデッキ。


boku166 04.jpg


裂け目の突破》か《不屈の独創力》で《引き裂かれし永劫、エムラクール》を出す事を狙います。
《不屈の独創力》は元となるクリーチャーかアーティファクトを必要としますが、そこは《プリズマリの命令》や《ドワーフの鉱山》でOK。
何といっても《プリズマリの命令》の加入が大きいですね。
宝物を出すだけでは無く、除去やドローまで行えるこのカードは、このデッキの安定性を大きく上げました。
また、このデッキはタッチ白して、《流刑への道》を採用、除去を厚めにとっています。


新しいカードを獲得して、強くなったエムラブリーチ。
いかにもマジックのコンボデッキといった感じの構成が良いですね。


 


 


最後にレガシーから、青赤デルバーを紹介。


boku166 09.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


ここ最近大活躍している青赤デルバー。
このデッキはそれらとは少し違う構成です。


boku166 05.jpg


不毛の大地》や《否定の力》を採用せず、序盤からガンガン攻める果敢タイプの構成。
稲妻の連鎖》までガッツリ採用している火力の高さで、一気にライフを削り取ります。
そしてこのデッキにも《表現の反復》が入っています。
レガシーであってもこの高いドロー能力は貴重で、特に息切れが不安な青赤デルバーにとってはありがたいカード。
渦まく知識》との相性も中々で、最近の青赤の躍進を全フォーマットで支えている凄いカードです。


早さと対応力はあるものの、リソース面で不安を抱えていた果敢型の青赤デルバーですが、《表現の反復》が加入した事でその不安をある程度解消。
果敢効果とも相性が良く、デッキの動きに良く合うので、とても良い強化を受けたと言えそうです。


 


 
いかがだったでしょうか。


今回は4フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0