BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『環境に根強く存在する注目デッキ』編 - パイオニア・モダン・レガシー

こんにちは!朴高志と申します。


いよいよ『ストリクスヘイヴン:魔法学校』が発売されましたね。個人的には「履修」と「講義」が気になります。
統率者戦向けっぽい能力のカードも幾つか収録されており、色んなフォーマットに対応しているセットかもしれません。


今週もスタンダードをお休みして、3フォーマットからデッキを紹介します。
それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


 


まずはパイオニアから、イゼットフェニックス!


boku165 06.jpg


何か新しいカードが入ったから強くなったとかいう訳でも無いのですが、環境から墓地対策やライフゲインが減ったのは追い風。


boku165 01.jpg


何といっても、《宝船の巡航》が採用出来るのはメリット。
殆どのフォーマットで禁止されている強力ドローがこのデッキなら4積み可能なのです。
勿論、1マナで撃つ事は割と容易いので、往年の強さを発揮してくれます。
巧みな軍略》《胸躍る可能性》等で《弧光のフェニックス》を落としながら墓地を増やしていきます。


火力でも墓地肥やし。


boku165 02.jpg


稲妻の斧》は相手のクリーチャーを除去しながら墓地を増やせるカードとして優秀。
このデッキは1マナである事も重要なので、こういったカードは多めに入れたいですね。
棘平原の危険》は安定性向上に貢献する火力。
1点でも除去で使えば問題無い場面も多く、黒単の厄介な1マナのクリーチャーを追放出来たりと中々優秀。
最大速度》は1枚採用しておくとライフの詰め方が大きく変わるカード。
弾けるドレイク》はパワー20を超える事もあるので、一撃必殺も狙えます。


環境の変化によって頭角を現してきたデッキと言えそうです。


 


 


次はモダンから、ジャンドシャドウ。


boku165 07.jpg


ジャンドシャドウは、純粋な《死の影》デッキ。


boku165 03.jpg


果敢クリーチャーを採用せず、《死の影》《スカイクレイブの災い魔》の8枚体制となったシャドウ達での圧殺を狙います。
呪詛呑み》は1ターン目から展開しても良い、大型クリーチャーとなり得るカードで、いつ引いても活躍するのが最大の長所。
除去耐性も嬉しく、成長したこのカードを倒すのは困難。


呪文は手札破壊と除去が多め。


boku165 04.jpg


四肢切断》は序盤を凌ぎながらライフを払える、このデッキにピッタリの定番カード。
ティムールの激闘》は一撃の重さを更に高められるカードで、このリストには2枚入っています。
サイドボードに入っている《コジレックの帰還》は、このデッキだとあまりにも辛い《オーリオックのチャンピオン》を倒せる重要な除去。
インスタントなので、《集合した中隊》にも対応出来るのは良いですね。


手札破壊と除去で対応力もあるデッキ。
キルターンも中々に早く、今のモダンを代表するデッキの1つとなっています。


 


 


最後にレガシーから、MUDを紹介。


boku165 08.jpg


MUDとは、アーティファクト主体のデッキ。


boku165 05.jpg


特筆すべきはこのコンボ。
カルドーサの鍛冶場主》で《荒廃鋼の巨像》を持って来る動きを《稲妻のすね当て》がサポートしています。
2マナ土地や《金属細工師》が入っているこのデッキなら、3ターン目には《荒廃鋼の巨像》が殴ってくるなんて事はザラにあります。
ここが他の2マナ土地系デッキとの大きな違いですね。
他にも《威圧の杖》と《金属細工師》のコンボや、《厳かなモノリス》と《多用途の鍵》による爆発的なマナ加速等、多くのコンボやシナジーが搭載されています。


打ち消しには弱いデッキですが、少しでも隙を晒すと一瞬で取り返しのつかない事態に持ち込めるポテンシャルを持っています。
勿論《魂の洞窟》も入っているので、相手にする時は用心を。




いかがだったでしょうか。


今回はスタンダードをお休みして、3フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑








この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0