BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『メタゲームの変遷で帰ってきた注目デッキ』編 - パイオニア・モダン・レガシー

こんにちは!朴高志と申します。


『ストリクスヘイヴン:魔法学校』のカードが公開され始めていますね。
特別版イラストのカードはどれも綺麗で、ついつい集めたくなります。
個人的には《ぶどう弾》が一番好きですね!


さて、今週もスタンダードをお休みして、3フォーマットからデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!



まずはパイオニアから、緑アグロ!


boku164 08.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


緑単のアグロデッキ。


boku164 01.jpg


強力な3マナ域が光るデッキで、これらを《ラノワールのエルフ》《エルフの神秘家》で早く出す事を第一の目標としています。
流石にサイズが凄いので、2ターン目に出て来たら止めるのは中々難しく、あっという間にライフを削り取ってくれます。


ニクスの祭殿、ニクソス》によるマナ加速も搭載。


boku164 02.jpg


マナの使い道は《原初の力》と《不屈の神ロナス》。
どちらもパワーを上げつつ突破を試みるカードで、前者は除去、後者はトランプルでクリーチャーをバックアップ。
息切れ防止に《集合した中隊》も採用し、何としてでも殴り切る構成となっています。


近年の圧倒的マナレシオを持つクリーチャーを存分に活かしたデッキ。
早さも十分で、爽快な攻め方をしたいならオススメです。


  


  


次はモダンから、ヘリオッドカンパニー。


boku164 09.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


現状モダンで最も強いデッキの一つ。


boku164 03.jpg


コンボによって無限ライフや無限ダメージを狙います。
これだけならクリーチャーによるコンボで速度もそれ程ではないので、何とかなるんですが...サポートカード達が優秀。


boku164 04.jpg


何といっても《スカイクレイブの亡霊》が大きいです。
対策カードのアーティファクト等も除去出来る万能性と、単純なテンポの良さでこのデッキを支えています。
これのお陰で速攻アグロや邪魔してくる置物を苦にせず戦えるのは、相当大きなアドバンテージ。
オーリオックのチャンピオン》はプロテクションとライフゲインで赤系デッキを対策、《集合した中隊》は定番カードで、このカードだけでコンボが揃う可能性もある厄介さを誇ります。


一筋縄ではいかない構成でモダンの覇権を狙うデッキ。
実際相手にするとかなり厄介で強く、対策は必須と言えそうです。


  


  


最後にレガシーから、バント奇跡。


boku164 10.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


青赤デルバーが流行るなら、という事で、出て来たコントロールデッキ。


boku164 05.jpg


クリーチャーはこの3種。
つまり《自然の怒りのタイタン、ウーロ》をフィニッシュに採用しているデッキという事になりますね。
禁止改定の影響で、《氷牙のコアトル》は弱くなり採用枚数も減りましたが、それでも未だに厄介。
瞬唱の魔道士》はこの手のデッキなら《剣を鍬に》や《渦まく知識》等を使い回せる強力クリーチャー。
禁止改定後は価値が上がったと言えるカードです。


終末》を強力に使える構成になっています。


boku164 07.jpg


精神を刻む者、ジェイス》は追加のフィニッシャー兼アドバンテージ獲得手段。
役割が多く単体で強い、元祖最強プレインズウォーカーです。
緑のメリット《森の知恵》は、コンボ相手等にライフを支払う事でカードを多く獲得する動きが強力。
《自然の怒りのタイタン、ウーロ》でライフゲイン出来る事が強さを後押ししています。
サメ台風》は打ち消されないフィニッシュ&インスタントドロー。
これで《終末》の奇跡を誘発させる動きはかなり強力です。


再び全体除去に《終末》を採用するデッキが帰って来ました。
現状このデッキとデルバー系デッキが多い環境となっており、それらにどう勝つかがレガシーの課題となっています。


 


 



いかがだったでしょうか。


今回はスタンダードをお休みして、3フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0