BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『カルドハイム参入後の注目デッキ』編 - スタンダード・パイオニア・モダン・レガシー

こんにちは!朴高志と申します。


しばらく停滞していたメタゲームも、『カルドハイム』発売によって大きく動いてますね。
新しいカード達が早速活躍しています。


さて、今週は4フォーマットからデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


 


まずはスタンダードから、青黒緑コントロール。


boku161 09.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


今環境でかなりの強さを持つデッキ。


boku161 01.jpg


新しく入ったフィニッシャーが特に強力。
嘘の神、ヴァルキー》《星界の騙し屋、ティボルト》はどちらの面でプレイしても強いカードで、その上丁度前半と後半に唱えられるマナコストになっています。
この、《嘘の神、ヴァルキー》も強いというのが良いですね。
とても腐りにくく、しかもゲームを決めてくれる性能もあるカードとなっています。
星界の大蛇、コーマ》はザ・フィニッシャーといった感じの見た目。
実は《空を放浪するもの、ヨーリオン》も海蛇なので、ちょっとしたシナジーもあります。


英雄譚も追加され、デッキを支えています。


boku161 03.jpg


古き神々への束縛》は除去をしつつ土地も伸ばせる優秀なカード。
持って来るのは森なので、トライオームもサーチ可能。
全体除去は《絶滅の契機》と《影の評決》まで採用し、横並びを警戒しています。
どちらも追放なのが強いですね。


パワーカード満載のデッキ構成。
これからはこのデッキを中心にまたメタゲームが動いていくと思われます。


 


 


次はパイオニアから、ロータスコンボ!


boku161 10.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


前から存在しているパイオニアのコンボデッキ。
今回入ったカードは...


boku161 04.jpg


これです。
語りの神、ビルギ》《豊潤の角杯、ハーンフェル》はどちらの面もこのデッキに合っているカード。
特に《豊潤の角杯、ハーンフェル》は動き始めたらそのターンにゲームを終わらせる事すら可能な爆発力を持ちます。
何せ手札1枚をデッキの上2枚と交換出来るようなものですからね...これをマナ無しで、しかも何度でも出来るのは流石に強力です。
マナコストは《深淵への覗き込み》より低く、ライフも不要なのでプレイしやすいのも良いですね。


その他の部分の変化は特に無し。
しかし《豊潤の角杯、ハーンフェル》獲得は、デッキを更に強くしたと言えそうです。


 


 


モダンからは、続唱ジャンドを紹介。


boku161 11.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


帰ってきた続唱ジャンド。


boku161 05.jpg


続唱カードはこれらとなります。
血編み髪のエルフ》のみ単体でも強いカードで、他の2種は完全に捲るカード依存。
しかしそこまでして捲りたいカードがこのデッキには入っています。


boku161 06.jpg


そう、《嘘の神、ヴァルキー》です。
続唱で捲った時、《星界の騙し屋、ティボルト》として唱える事が出来るので、《星界の騙し屋、ティボルト》をさっさと出して勝ちに行くデッキという事になります。
流石にこんな強いプレインズウォーカーが早くて2ターン目に出たら、多くのデッキが敗北に追い込まれますね。
それとこういったデッキのお決まりとして、足止めやコンボ封じの《血染めの月》が採用されています。
例えばトロン系のデッキなんかも3ターン目に7マナのカードで立ち向かってきますので、《血染めの月》はかなり良いカードとなります。


現在モダンは続唱で《星界の騙し屋、ティボルト》を出すデッキが多く存在し、様々な形が研究されています。
止める術はあるのか、注目ですね。


 


 


そしてレガシーからも、《星界の騙し屋、ティボルト》デッキを紹介します。


boku161 12.jpg


※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


レガシーでは更にスピードアップ。


boku161 07.jpg


Elvish Spirit Guide》《猿人の指導霊》の2種で加速を図ります。
早ければ1ターン目に出る《星界の騙し屋、ティボルト》は尋常では無い強さ。
流石のレガシー環境でも、殆どのデッキが敗北するでしょう。
また、レガシーの場合は裏の手として、《王冠泥棒、オーコ》も採用されています。
これも1ターン目に出たら手が付けられない強さ。
どちらかが出れば良いと考えれば、中々に安定性も高いです。


バックアップする打ち消しは、コストが重い物を選んでいます。


boku161 08.jpg


意志の力》《否定の力》という定番カードの他に《誤った指図》まで4枚積んでいます。
実質ピッチカウンター12枚体制で、続唱からの《星界の騙し屋、ティボルト》をサポートします。
神秘の論争》も含め、これらは全て3マナ以上。
続唱で捲れる事が無い打ち消しのみを採用してもこれだけ枚数が取れるのは、やはりレガシーといった感じ。


レガシーでも強力な続唱コンボ。
極めて強力なデッキですので、対策は必須となっています。


 


 
いかがだったでしょうか。


今回は4フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0