BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『新しい年に現れた注目デッキ』編 - スタンダード・モダン・レガシー

こんにちは!朴高志と申します。


明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願いします!
年明けから外に出にくい状況が続いていますが、今年こそグランプリ等のイベントが再開されると良いですね。


さて、今週はあまり変化の無かったパイオニアをお休みして、スタンダード、モダン、レガシーからデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


まずはスタンダードから、赤黒サクリファイス。


boku160 07.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


奪ってサクる、伝統芸に特化したデッキ。


boku160 01.jpg


主に生け贄になるのはこの辺り。
初子さらい》《アクロス戦争》は相手のクリーチャーを奪えるカード。
コストが軽い《初子さらい》と、2ターンの間奪える《アクロス戦争》は、それぞれ良さがあり、状況や手札によって使い分ける事になります。
死の飢えのタイタン、クロクサ》はインスタントタイミングで生け贄に捧げれる能力と良い相性を持ちます。


生け贄手段も中々に強力。


boku160 02.jpg


悪ふざけの名人、ランクル》《悲哀の徘徊者》はクリーチャーなので、何度でも使える生け贄手段。
どちらも単体で優秀なのが良い所。
村の儀式》はコンボ専用と思って良いですが、流石にこれだけ組み合わせるカードが入っていれば、あまり腐る事は無さそうです。


リミテッドでは極悪な動きとなるパクリファイスと呼ばれるこの動きですが、勿論構築戦でもかなりの強さを誇っています。


 


次はモダンから、赤緑ルーカデッキ!


boku160 08.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


一見赤緑土地破壊のようなデッキ構成ですが、このデッキにはコンボが組み込まれています。


boku160 03.jpg


銅纏いののけ者、ルーカ》は生け贄にしたクリーチャーのマナコストよりも大きなコストを持つクリーチャーを直接戦場に出すという能力を持ち、これで《引き裂かれし永劫、エムラクール》の着地を狙います。
このデッキには他に3マナのクリーチャーが多く採用されており、4マナ以上のコストを持つクリーチャーは《引き裂かれし永劫、エムラクール》のみとなっているので、3マナのクリーチャーを生け贄にすれば確実に《引き裂かれし永劫、エムラクール》の着地を狙えます。
ウッド・エルフ》は1マナのマナクリーチャーからつなげる事で、3ターン目にこのコンボを実現します。


土地破壊カードも少量入っています。


boku160 04.jpg


略奪》《月の大魔術師》という、強力な2種のみを採用。
どちらも今の環境なら刺さるデッキは多いですね。
相棒には《獲物貫き、オボシュ》を採用し、普通に殴っている時も強くなるようになっています。


勿論《引き裂かれし永劫、エムラクール》が出た次のターンに出せば、一撃30点も狙える意図もあります。
《獲物貫き、オボシュ》を見せられた時点で、このデッキだと予測するのは困難。
結構面白い構成だと思います。


 


最後にレガシーから、ジェスカイメンターを紹介。


boku160 09.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


ここ最近出て来たデッキ。


boku160 05.jpg


戦慄衆の秘儀術師》《僧院の導師》という、生き残ったら勝つクリーチャーを詰め込んだデッキです。
しかも組み合わさっても強いので、かなり厄介。
これを《目くらまし》まで採用した打ち消しと《セヴィンの再利用》でサポートします。


サイドボードには幾つかのキラーカードを積んでいます。


boku160 06.jpg


入っているのは、言わずと知れた土地対策《血染めの月》に、デスアンドタックスとクリーチャーコンボに強い《倦怠の宝珠》、そしてコントロール対策の《恩寵の宮廷》となっています。
それぞれが出れば勝つレベルの強さなので、サイドボード後のトップデッキが強くなって良いですね。


やはりというか、0マナで使える呪文が多いレガシーにおいて《僧院の導師》は極めて強力なカード。
数をばら撒けるので対処が難しく、サイズも上がるので肉弾戦も可能と、環境に合っていますね。


 


いかがだったでしょうか。


今回は3フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0