BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『環境の変化で復活した注目デッキ』編 - スタンダード・モダン・レガシー・パイオニア

こんにちは!朴高志と申します。


エターナルウィークエンドが開催中ですね。
と言ってもいつもとは違いMOでの開催ですが、参加権利を購入した人は一定期間あらゆるカードが使い放題になる特典付き。
この機に様々なデッキを試すチャンスでもあります。


さて、今週は4フォーマットからデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


まずはスタンダードから、赤白ウィノータデッキ。


korekae189 14.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


このデッキは、犬を多く使うタイプではありません。


korekae189 05.jpg


定番《命の恵みのアルセイド》《無私の救助犬》の他に、これらの非人間クリーチャーを採用。
スカイクレイブの亡霊》《エメリアのアルコン》は共に新戦力で、前者は邪魔なクリーチャーをどかしながら次のターンに殴る等、このデッキの動きに噛み合っており、後者は相手の速度を下げる役割を持っています。
どちらも強力な3マナ域として、このデッキの中核を担っています。


人間クリーチャーは、パワーが高いカードで構成。


korekae189 06.jpg


バスリの副官》は普通に出しても強い優秀な人間。
能力で出て来るトークンは人間では無いので、《軍団のまとめ役、ウィノータ》との相性は抜群。
このデッキでは定番《帰還した王、ケンリス》の他に《銀翼の戦隊》を採用。
飛行でブロックされにくく、クリーチャーの枚数分のパワーとタフネスを持つこのカードは、クリーチャーが並びやすいこのデッキにピッタリだと言えます。
警戒やトークン生成能力もあり、出したターンだけでなく、次のターンからも仕事がしやすいカードですね。


禁止改定により、群雄割拠と化したスタンダード。
今こそ様々なデッキを調整する良い機会だと思います。


 


 


次はパイオニアから、ロータスコンボ!


korekae189 15-1.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


ロータスコンボは、《睡蓮の原野》を使ったコンボデッキ。


korekae189 07.jpg


《睡蓮の原野》を《演劇の舞台》でコピーし、《見えざる糸》を始めとしたアンタップ出来る呪文で起こします。
そうやってマナを増やしながらドローを進め、《深淵への覗き込み》で大量ドローを挟む等しながら《願いのフェイ》から《全知》をサーチ、そのまま《願いのフェイ》を回し、《無限への突入》を使いデッキを引き切ったら《神秘を操る者、ジェイス》で勝利。
パーツこそ多いコンボですが、大体4~5ターン目には決まります。


幾つかの工夫点も見られます。


korekae189 16.jpg


首謀者の収得》は《願いのフェイ》が《殺戮遊戯》等で抜かれた場合でもサイドボードに触れるようにと採用されています。
《思考のひずみ》はガッツリ打ち消しを構えて来る相手に対してかなりの力を発揮します。
そして《バーラ・ゲドの復活》は土地としても使える墓地回収カードで、どちらの面で使ってもこのデッキに噛み合っています。


パイオニアでは数少ないコンボの生き残り。
今現在の環境を考えると、かなり良いデッキだと言えそうです。


 


 


モダンからは、ゾンビデッキを紹介。


korekae189 13.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


様々なデッキが存在するモダンですが、こんなデッキもあります。


korekae189 08.jpg


何といっても、部族デッキの定番《霊気の薬瓶》を使う事が出来るというのが魅力的。
このデッキは《墓所破り》でリソース回復も可能なので、相性は良いです。
アンデッドの占い師》もリソース回復カード。
殴れるサイズなのが良いですね。
そして《アガディームの覚醒》ですが、このデッキならかなり強力に使う事が可能です。
もしかしたら今の所、このカードの両面を最も有効に使えるデッキなのかもしれません。


青をタッチして、ロード等も投入。


korekae189 09.jpg


戦墓の隊長》は全体強化と接死、死亡誘発によってどんどんライフを削れる優秀なロード。
魂の占者》は《霊気の薬瓶》との組み合わせでカードを引く事が出来ます。
サイドボードには《対抗突風》等の打ち消しを採用し、コンボや一部のデッキに対して戦えるようにしています。


部族デッキはモダンにいっぱいありますが、ゾンビデッキは結構レア。
魂の洞窟》もあるので、他の部族もチャンスはありそうです。


 


 


最後にレガシーから、バントデルバー。


korekae189 12.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


赤の代わりに白を入れたデルバーデッキ。


korekae189 10.jpg


これらを採用する為に白を入れています。
石鍛冶の神秘家》《剣を鍬に》は白の強力なカード。
代わりに《戦慄衆の秘儀術師》と《稲妻》を抜いていますが、どちらも比べてみれば一長一短。
相手によって強さが変わるので、甲乙付け難い性能をしています。
時を解す者、テフェリー》は言うまでも無く強力なカード。
これも入っているという事は、結構大型クリーチャーを意識しているという事なのでしょう。


サイドボードが強くなるのも白の強み。


korekae189 11.jpg


RUGデルバーと違い、墓地を使わないデッキなので、《安らかなる眠り》は極めて強力に運用出来ます。
ドレッジ等、このカードで無ければ苦しい相手も居るので、これが採用出来るのはメリット。
翻弄する魔道士》はコンボ対策。
封じ込める僧侶》もコンボ対策であり、墓地系デッキ対策にもなります。
このカードは結構広く色々なデッキに対して効くので、これまた白の長所。


稲妻》という強力なカードを諦めてまで白にしているデッキ。
しかし強く当たれるデッキが変わってくるならその価値はありそうです。


 


いかがだったでしょうか。


今回は4フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0