BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『いちはやくゼンディカーの力を取り入れた注目デッキ』編 - モダン・レガシー・パイオニア

こんにちは!朴高志と申します。


『ゼンディカーの夜明け』、いよいよ発売!
しかし早速来週スタンダードに何かしらの変更を加えると発表が。
どのような変更なのか、気になりますね...


さて、そんな訳で今週もスタンダードをお休みして、パイオニア、モダン、レガシーからデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


まずはパイオニアから、上陸デッキ!


boku147 09.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


早速新しいカードを沢山入れたデッキが登場。


boku147 01.jpg


水蓮のコブラ》でマナ加速し、《僻境への脱出》《発生の根本原理》を唱えます。
《僻境への脱出》《発生の根本原理》、どちらもかなりの物量で圧倒出来るようになるカードなので、これらを唱えれる事がほぼゴールと言って良いでしょう。


主役は《創造の座、オムナス》。


boku147 04.jpg


《創造の座、オムナス》は戦場に出た時のドローと2回目の誘発で4マナ出る能力が特に優秀。
絶賛スタンダードで活躍中のカードですが、パイオニアでもかなりの強さ。
フェリダーの撤退》は盤面に数を並べるカードで、《発生の根本原理》との相性はかなり良いです。
変わり樹の共生》はいつ引いても役に立つ、裏面が土地の呪文。
これから様々なフォーマットで見かけるカードになるでしょう。


派手なデッキで、《水蓮のコブラ》さえ生き残ればかなりの強さを誇ります。
これからのメタゲームに絡んでくるか、注目ですね。


 


 


次はモダンから、ライブラリーアウト。


boku147 10.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


カニ8枚体制!


boku147 05.jpg


遺跡ガニ》の参入によって、《面晶体のカニ》8枚体制が可能に。
1ターン目の動きが大きく安定し、複数出ようものなら凄い速度でライブラリーを削ります。
これに加えて3枚入っている《催眠の宝珠》を含め、11枚ものライブラリー破壊能力パーマネントが入っています。


新しい除去も投入。


boku147 06.jpg


血の長の渇き》が来た事で、《致命的な一押し》と合わせて1マナ除去も8枚体制に。
《血の長の渇き》はプレインズウォーカーも破壊出来るので、腐りにくいのが長所。
これだけ軽い除去が優秀なら、速攻デッキにも対応出来そうですね。


追加カードによって、かなり安定性が上がったデッキの一つ。
モダンという高速環境でも、何とか間に合いそうな状態になっています。


 


 


最後にレガシーから、青緑のデッキを紹介。


boku147 11.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


メインボードはシンプルに青緑。


boku147 07.jpg


デルバーデッキからデルバーと赤を抜いたような構成。
もみ消し》から相手のフェッチランドを妨害し、《タルモゴイフ》《王冠泥棒、オーコ》で手早く終わらせに行きます。


サイドボードは独特。


boku147 08.jpg


血染めの月》《》を投入し、土地を責めます。
メインボードの構成から《血染めの月》がサイドインされる事を予想するのは困難で、迂闊に特殊土地ばかり並べている所へ綺麗に決まりそうです。
魂標ランタン》は最近流行りの墓地対策。
出た時に1枚追放と、生け贄による全追放が噛み合っており、1枚で2回の墓地対策を出来るのが魅力的。
勿論1ドローモードが付いている点も見逃せません。


偽装サイドボードとでも言うべきデッキ構成で、このゲームがサイド戦を最大2回行う事を存分に活かした構築だと言えそうです。


 


いかがだったでしょうか。


今回もスタンダードを除いた3フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0