BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『環境末期のやり込みを感じる注目デッキ』編 - スタンダード・モダン・レガシー・パイオニア

こんにちは!朴高志と申します。


『ゼンディカーの夜明け』、全カード公開!
新しいデッキを組んで遊ぶのが、今から待ち遠しいですね。


さて、今週も4フォーマットからデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


まずはスタンダードから、緑白鱗!


1599853874629.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


議事会の導師》によって+1/+1カウンターの数が増える事を活かしたビートダウンデッキ。


boku145 01.jpg


優秀な1マナ域から展開、ビートダウンをしていきます。
生皮収集家》はそのまま使っても強いクリーチャーですが、《議事会の導師》が居ればその強さはかなり上昇します。
無私の救助犬》はキーカードである《議事会の導師》を守るのに使用。
そして《石とぐろの海蛇》はいつ出しても強いクリーチャーとして機能します。


全体強化も充実。


boku145 02.jpg


《議事会の導師》が居る状態で全体に+1/+1カウンターをばら撒けば、その爆発力は凄まじい事に。
場合によってはたった一度の全体強化で勝敗が決まります。


バスリ・ケト》は全体強化ではありませんが、継続してに+1/+1カウンターを乗せる事が出来る点が強力。
忠誠度も悪くなく、これでダメージレースを制しやすくなっています。


『ゼンディカーの夜明け』にも幾つか+1/+1カウンターを使うカードが収録されているので、ローテーション後もパーツを入れ替えて環境に居残りそうなデッキです。


 


 


次はパイオニアから、ジェスカイハサミ!


1599853765665.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


青赤でも青白でも無く、3色のハサミデッキ。


boku145 03.jpg


何といっても《きらきらするすべて》でしょう。
これの爆発力は非常に高く、ハサミ8枚体制だと言ってもいいくらいです。
また、《アーティファクトの魂込め》が付いているカードに重ねられる事も強みとなります。
ドビンの拒否権》は致命的な呪文を確実に打ち消してくれるカード。
これでエンチャント付きのクリーチャーを守ったり、相手の決め技を防いだりします。
搭載歩行機械》は黒単アグロに強い、エンチャント先としても優秀なクリーチャー。
除去されて出て来る飛行クリーチャーにエンチャントしても強いですね。


boku145 04.jpg


メインボードに1枚搭載されている《影槍》《魂標ランタン》は、効くデッキには明確に効くカードで、尚且つ1マナのアーティファクト。
《アーティファクトの魂込め》や《爆片破》で有効に使えるので、メインに入れても無駄になりにくいのが良いですね。
サイドボードの《ガラスの棺》は白を入れているメリットの一つ。
追放除去で尚且つアーティファクトなので、ビートダウンとの戦いを有利に進めてくれます。


夢の巣のルールス》を強く使えるデッキでもあります。
より爆発力が高まったハサミデッキ、良いですね。


 


 


モダンからは、赤単果敢を紹介。


1599853817846.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


とは言え、以前の赤単果敢とは形が違います。


boku145 05.jpg


膨れコイルの奇魔》は果敢のような能力を持つ1マナ域。
1マナ域を12枚にする事で、スタートを安定させています。
歴戦の紅蓮術士》は言わずと知れた強力なクリーチャー。
そして《砕骨の巨人》はスタンダードやパイオニアで活躍中のカードですが、性能が高いのでモダンでも強力です。


呪文の構成も変わっています。


boku145 06.jpg


炎の稲妻》はマナフラッドしても放てる火力。
炎の斬りつけ》はこの手のデッキにしては珍しいクリーチャー限定火力ですが、4点というダメージは相手の受けを破壊するのにちょうど良く、また果敢クリーチャーもある程度安心して除去出来ます。
血染めの月》は露骨な土地系デッキ対策。
実はそこまで有利とは言えないどころか、結構負ける相手なので、しっかり4枚採用しています。


相棒に《獲物貫き、オボシュ》を採用し、奇数で纏めたデッキ。
赤単速攻デッキが課題としているマナフラッドに強く、中盤以降も戦えるデッキとなっています。


 


 


最後にレガシーから、グリクシスデルバーを紹介します。


1599853735214.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


環境を見た対策カードを黒から調達。


boku145 07.jpg


取り除き》は《自然の怒りのタイタン、ウーロ》や《王冠泥棒、オーコ》を一撃で倒せる優秀な除去。
これを入れれる事が最大のメリットで、環境に存在する多くの脅威を破壊出来るようになっています。
思考囲い》は瞬殺を狙うコンボに対して。
勿論、《王冠泥棒、オーコ》を出て来る前に落とす役割も持てます。
そしてサイドボードの《疫病を仕組むもの》は、今勢いを増すエルフ、ゴブリンの他にデス&タックス等の低タフネスクリーチャーを主力にするデッキに漏れなく効きます。
これが有ると無いとでは、部族デッキに対する勝率がかなり変わってくるので、黒のメリットの一つだと言えます。


《王冠泥棒、オーコ》の影響が強いレガシー環境ですが、これからもプレイヤー達の解答探しは続きそうです。


 


 


いかがだったでしょうか。


今回も4フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0