BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『一筋縄ではいかない曲者デッキ』編 - スタンダード・モダン・レガシー・パイオニア

こんにちは!朴高志と申します。


「ゼンディカーの夜明け」のカードが、少しずつ公開され始めましたね。
どんなカードが収録されているのか、楽しみになっちゃいます。


さて、今週も4フォーマットからデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!



最初はスタンダードから、青緑のデッキ!


boku144 09.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


夜群れの伏兵》を軸に戦う、打ち消しメインのデッキです。


boku144 01.jpg


どれも瞬速で出せるクリーチャー。
《夜群れの伏兵》と《サメ台風》のサイクリングは打点も期待出来、これらのクリーチャーを守っているだけで勝てる可能性を持っています。
《厚かましい借り手》は打点こそ普通ですが、バウンスしつつクリーチャーも用意出来る所がやはり優秀。
バウンスしてもカードアドバンテージを損しないという性質により、相手の《サメ台風》に強いカードとなります。


打ち消し呪文は大量に投入されています。


boku144 02.jpg


巻き直し》は《夜群れの伏兵》と最高の相性を誇る打ち消し。
この組み合わせを起点に攻めます。
火消し》や《悪意ある妨害》まで入っている程に打ち消しを重視したデッキ構成になっており、脅威となる呪文は一切通さない、強い意志を感じます。


デッキ名をカウンターウルフと言って良い程にデッキコンセプトが明確で、一貫した動きが強みのデッキです。


 


次はパイオニアから、青黒コントロールを紹介。


boku144 10.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


真実を覆すもの》を失い、コンボによる勝利は無くなったものの、優秀な呪文達によるコントロールとして生き残っています。


boku144 03.jpg


クリーチャーは軽めの構成。
《氷の中の存在》は短期決戦も狙える、横並び対策カード。
ゲトの裏切り者、カリタス》は除去が多いデッキと相性が良いフィニッシャーで、ひとたび生存するとあっという間に逆転する強さを持っています。
そしてここでも《厚かましい借り手》は優秀なカードとして採用されています。


実はコンボも入っています。


boku144 04.jpg


覆いを割く者、ナーセット》が居る状態で、《一日のやり直し》を使えば、相手の手札は1枚に。
こちらは7枚の状態ですから、これはかなり有利になれますね。
《覆いを割く者、ナーセット》で《一日のやり直し》を探せるのも良い点です。


一撃必殺こそ無くなったものの、手札破壊や除去、打ち消しで戦うコントロール要素は健在。
今後も見かけるデッキになるでしょう。


 


モダンからは、白のトークンデッキ!


boku144 11.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


まずはひたすらトークンを並べます。


boku144 05.jpg


どれも大量の飛行トークンを出せるカード。
これらに加え《急報》《町民の結集》等の地上トークンカードも入っています。


並べたら次は全体強化。


boku144 06.jpg


無形の美徳》はコストが軽い全体強化エンチャント。
警戒も付くので、攻防一体のカードとなります。
美徳の力》《弱者の力線》はマナを払わずに出せる全体強化エンチャントで、これがあればかなり早いターンから強力な打点で殴り始める事が可能です。
複数の全体強化エンチャントが出れば、戦闘で太刀打ち出来るデッキはかなり限られます。


高い展開力と打点で戦うトークンデッキ。
単体除去に強く飛行も多いので、攻める力は相当高いです。


 


最後にレガシーから、少し変わった《実物提示教育》デッキを紹介。


boku144 12.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


《苔汁の橋》を使ったコンボが入っています。


boku144 07.jpg


苔汁の橋》が起動出来る状態で、《ファイレクシアン・ドレッドノート》を出せば、《ファイレクシアン・ドレッドノート》の能力にスタックして《苔汁の橋》を起動出来ます。
後はそこから《引き裂かれし永劫、エムラクール》を召喚すれば勝利。
秘匿能力を助けるのはお馴染み《渦まく知識》と《俗世の教示者》。
これでデッキトップに《引き裂かれし永劫、エムラクール》を積めば、確実に秘匿出来るという訳です。


勿論《実物提示教育》も入っています。


boku144 08.jpg


もみ消し》は《ファイレクシアン・ドレッドノート》とのコンボの為に入っていますが、別のコンボが既に完成しているなら、相手の妨害に使っても良いですね。
タルモゴイフ》まで入っているのがこのデッキの特徴で、普通のコンボデッキならこういった普通のクリーチャーは採用しないのですが、このデッキだと《苔汁の橋》起動の条件達成の為になる可能性があるので搭載しています。


面白い形のコンボデッキ。
不毛の大地》という弱点が、《もみ消し》で多少解消されているのも良いですね。


 


いかがだったでしょうか。


今回も4フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。


 


カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0