BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『必殺の動きを内蔵する注目のフェアデッキ』編 - スタンダード・モダン・レガシー・パイオニア

こんにちは!朴高志と申します。


来週に迫った『ダブルマスターズ』の発売。
今までかなり入手しにくかったカードも入るので、この機会に欲しかったカードを手に入れるのも良さそうですね。


さて、今週も4フォーマットからデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


最初はスタンダードから、白黒赤のウィノータ!


boku139 09.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


今まで色々な形が試されてきた《軍団のまとめ役、ウィノータ》デッキですが、プレイヤーズツアーファイナルにて新たな形が結果を出しました。


boku139 01.jpg


まずは《軍団のまとめ役、ウィノータ》の能力を誘発させる人間では無いクリーチャー達ですが、これは徹底して1枚で2体出せるものが採用されています。
しかも《ラゾテプの肉裂き》《急報》《悲哀の徘徊者》はどれもかなり軽く、《軍団のまとめ役、ウィノータ》が出る前にしっかりと下準備をする事が出来ます。


呼び出す人間はと言うと...


boku139 02.jpg


普通に召喚可能で尚且つパンチ力の高いカードや、《帆凧の掠め盗り》のような妨害持ちを採用。
バスリの副官》《災いの歌姫、ジュディス》は共に自軍を強化出来、次のターンに入れば止めを刺せるという状況を作りやすいカード。
どちらも強力なカードなので、普通に展開していった際にも役に立つのが良いですね。


かなりの調整を重ねた結果完成したようなデッキで、これからの《軍団のまとめ役、ウィノータ》を使ったデッキの一般的な形になりそうです。


 


次はパイオニアから、緑信心を紹介。


boku139 10.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


緑系のマナ加速するデッキと言えば、《茨の騎兵》等で繋いで《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を出すようなイメージですが、このデッキは異なる方法で勝ちます。


boku139 03.jpg


序盤はこれらでマナ加速。
翡翠光のレインジャー》は加速にはならないものの、土地2枚獲得のチャンスとキーカードにたどり着ける確率を上げる上では重要な役割を担っています。
世界を揺るがす者、ニッサ》《ニクスの祭殿、ニクソス》は強力なマナ加速で、これら1つ出るだけでフィニッシャーまで繋がります。


決め技はアーティファクト達。


boku139 04.jpg


ビッグマナの定番《歩行バリスタ》《大いなる創造者、カーン》が入っています。
《大いなる創造者、カーン》のサーチ能力はパイオニアでも強力。
状況に応じて妨害かフィニッシャーを持って来れるのは他のフォーマットと変わらずで、本体は軽い事からそこまでマナ加速出来てない時でも腐りにくい長所を持ちます。


炎樹族の使者》が重なった時の爆発力は癖になる強さ。
こういうビッグマナデッキもアリですね。


 


モダンからは、デルバーデッキを紹介します。


boku139 11.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


白青赤のデルバーデッキ。


boku139 05.jpg


アタッカーはこの3種。
秘密を掘り下げる者》と《カマキリの乗り手》は強力な軽量飛行アタッカーで、モダンでもその強さは健在。
特に《カマキリの乗り手》はプレインズウォーカーにも強く、頼りになるクリーチャーです。
石鍛冶の神秘家》は最高の2マナアクション。
これが生き残れば勝てるゲームは多く、相手からすればかなり困るカードとなります。


呪文も強力なラインナップ。


boku139 06.jpg


何といっても《否定の力》は大きいです。
これによってレガシーに近い動きが可能なので、デルバーデッキが成立すると言っても過言ではありません。
稲妻のらせん》は速攻デッキに強く、部族系アグロに弱いこのデッキの弱点を《石鍛冶の神秘家》と共に埋めてくれます。
最近また見かけるようになり始めた《差し戻し》は大振りアクションをするデッキに強く、トロンデッキや《謎めいた命令》を使用するコントロール等に有効です。


土地を使って戦う重めのデッキが増え始めたモダンに現れたデルバーデッキは、速攻と火力と打ち消しで戦うテンポデッキとなっています。


 


最後にレガシーから、バントカラーのクリーチャーデッキ!


boku139 12.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


8枚のマナクリーチャーからスタートする、コンボに近いデッキ。


boku139 07.jpg


2ターン目にはこれらのどれかをプレイします。
どれを唱えても強力な動きとなり、特に《時を解す者、テフェリー》は相手の打ち消しを機能不全に出来るので、後のカードに繋げやすくなります。


このデッキは、クリーチャーサーチカードも8枚入っています。


boku139 08.jpg


ゴールは《自然の秩序》からの《大祖始》ですが、《緑の太陽の頂点》から《聖遺の騎士》等を探して来る動きも可能。
この2種のサーチを探すのが《渦まく知識》や《森の知恵》で、これらはサイド後のゲームでもサイドインしたカードを探して来る役割が持てるので、《王冠泥棒、オーコ》《時を解す者、テフェリー》《自然の怒りのタイタン、ウーロ》の事も考えるとバントカラーで組む価値は高そうです。


パワーカード多めのデッキで、どれもが無視出来ない脅威となり得る、強力なデッキです。


 


いかがだったでしょうか。


今回は4フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0