BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『禁止改定後の注目デッキ』編 - スタンダード・モダン・レガシー・パイオニア

こんにちは!朴高志と申します。


レガシーにて、《夢の巣のルールス》《黎明起こし、ザーダ》が禁止に。
両方ともかなりの強さで《夢の巣のルールス》に至っては凄まじい採用率だったので妥当ですね...


さて、今週も4フォーマットからデッキを紹介していきます。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


  


まずはスタンダードから、赤単オボシュ!


boku129 09.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


獲物貫き、オボシュ》を相棒とした赤単デッキです。


boku129 01.jpg


このデッキは大量の1マナ域クリーチャーを採用し、毎ターンクリーチャーを戦場に追加出来るように構築されています。
その展開力はかなりのもので、3ターン目に4体のクリーチャーが出ている事も珍しくはありません。
それらを《ショック》《砕骨の巨人》でサポートし、道を開けて攻撃していきます。


展開したらバックアップして押し込みます。


boku129 02.jpg


紋章旗》はマナ加速兼全体強化。
打点を大幅に向上させると共に《獲物貫き、オボシュ》へと繋げるマナ加速を行います。
エンバレス城》は後半の土地が余る状況で強いカード。
これら全体強化で数による攻めをより活かした戦いをします。


エンバレスの宝剣》や《朱地洞の族長、トーブラン》が入らないデッキですが、それが気にならない程に高い打点を有しています。
また、この2種の重いカードが無い事で手札事故は起きにくく、安定性もピカイチ。
《獲物貫き、オボシュ》は想像以上に強力なカードだと言えそうです。


  


パイオニアからは、アブザンラリーを紹介します。


boku129 10.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


ラリーとは《戦列への復帰》《先祖の結集》を使ったコンボデッキです。


boku129 03.jpg


序盤はパーツを集めながら戦います。
悪魔の職工》で欲しいクリーチャーを探し、《ズーラポートの殺し屋》《カルテルの貴種》等を戦場か墓地に置きます。
サテュロスの道探し》等も使いながら墓地を肥やし、コンボの準備をします。


ある程度墓地が溜まったらコンボスタート。


boku129 04.jpg


《戦列への復帰》《先祖の結集》で一気に大量のクリーチャーを戦場へと戻し、《ズーラポートの殺し屋》《カルテルの貴種》の組み合わせでライフを削ります
《ズーラポートの殺し屋》が複数枚戦場に出ていればそのまま勝てる事も多く、《戦列への復帰》《先祖の結集》を使う事が一つのゴールとなっています。
勿論削り切れなくても、相棒《夢の巣のルールス》でクリーチャーを使い回して勝利を狙えます。


《悪魔の職工》と《夢の巣のルールス》の追加で大幅強化されたデッキ。
特にスタンダードの頃にラリーを使っていた人は、パイオニアでも使ってみてはいかがでしょうか。


  


モダンからは、《巨像の鎚》デッキを紹介!


boku129 11.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


何としても《巨像の鎚》を装備したい、そんなデッキです。


boku129 05.jpg


《巨像の鎚》は装備コストが重すぎる難点を抱えていますが、それを《シガルダの助け》《磁力窃盗》等で解消、一撃で勝負を決めに行くデッキ。
他にも《コーの装具役》まで入っており、《巨像の鎚》を探すカードは《鋼打ちの贈り物》《石鍛冶の神秘家》、装備したクリーチャーを守るカードは《ルーンの与え手》《呪文滑り》とサポートも充実。


出来れば二段攻撃のクリーチャーに付けたいところ。


boku129 06.jpg


この3種のうちのどれかに付けて殴れば一撃で勝てます。
どれもマナコストが軽く、運が良ければかなりの早さでゲームが終わります。
また、トランプルを付けたい時の為に《影槍》も入っています。


最速2ターンキルのコンボデッキで、相棒の定番《夢の巣のルールス》も無理無く入っています。
相手から1ターン目に《コーの決闘者》が出て来たら慎重にゲームを進める必要があるでしょう。


 


最後にレガシーから、呪いデッキ!


boku129 12.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


兎に角《不幸の呪い》を出す事から。


boku129 07.jpg


マナ加速を使って《不幸の呪い》を出し、そこから毎ターン呪いカードを探して相手に張り付けるデッキとなっています。
勿論毎回早く出せる訳では無いので、《虚空の杯》等のその他初動カードも入っています。


上手い事《不幸の呪い》を出したら...


boku129 08.jpg


毎ターンこれらのどれかを相手に付けて、ロックします。
圧倒的輝き》は単体でも強力ですが、《死の支配の呪い》と組み合わせれば相手のクリーチャーを封殺する事が出来ます。
残酷な現実》は勝利手段。
そのうちに毎ターン5点のライフが削れて行くので、これが出せるような状況になっていればゲームエンドと言って良さそうです。


相棒《空を放浪するもの、ヨーリオン》を採用し、デッキは80枚。
相棒を取らずともコンセプトは崩れないので、どちらか好きなように組めるのも良いですね。


   


いかがだったでしょうか。


今回も各フォーマットからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0