BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『必殺のカードが入った注目デッキ』編 - スタンダード・モダン・レガシー・パイオニア

こんにちは!朴高志と申します。


リアルの大会が無い関係で、MOやアリーナ等のオンライン側が盛り上がっていますね。
今までオンラインではやっていなかった人も、これを機にやってみると良いのかもしれません。


さて、今週も4フォーマットからデッキを紹介していきます。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


 


まずはスタンダードから、青緑のデッキを紹介。


boku123 09.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


青緑のランプデッキです。


boku123 01.jpg


序盤はこれらでマナ加速。
枝葉族のドルイド》はエレメンタルなので、《発現する浅瀬》の能力を誘発させる事が出来ます。
自然の怒りのタイタン、ウーロ》も使って4ターン目に5マナ出るようにします。


boku123 02.jpg


そうしたらこれらの出番。
茨の騎兵》はエレメンタルで尚且つ優れたサイズを持つクリーチャー。
世界を揺るがす者、ニッサ》も強力なフィニシャーとして頼れます。
これらで更に伸ばしたマナから《ハイドロイド混成体》を叩きつけ、大量ドローをする事でロングゲームにも対応しています。


青緑のカードは強力な物が揃っているので、このデッキはその2色のみで構成されています。
軽めの除去が無くても、十分に戦えるという事なのでしょう。


  


  


次はパイオニアから、赤緑のアグロデッキ!


boku123 10.jpg


※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


赤タッチ緑で構成された、超速攻デッキ。


boku123 03-2.jpg


ずらりと並ぶ1マナ圏のクリーチャーからスタートし、《炎樹族の使者》から《無謀な奇襲隊》か《終わりなき踊りのガリア》へと繋げるデッキ。
《終わりなき踊りのガリア》は息切れ防止が出来るアタッカーですが、何とこのデッキでは4枚投入されています。
それがけ強力で重要という事なのでしょう。


さて、3ターン目以降はお馴染み《アタルカの命令》で押し込む訳ですが、このデッキには他にも押し込めるカードが用意されています。


boku123 04.jpg


鍛冶で鍛えられしアナックス》と《エンバレスの宝剣》という組み合わせはスタンダードでお馴染みですが、パイオニアでも当然強力。
更に《ゴーア族の暴行者》も入っているので、一撃でとんでもないダメージを与える事が出来ます。
序盤を凌がれてもこのコンボがあるので、中盤以降も諦めずに勝利を狙っていけますね。


ライフを削り切る為の強力なカードは揃っており、可能性を感じさせるデッキ。
かなり爽快感の高い作りとなっています。


  


  


モダンからは、《新たな造形》デッキを紹介。


boku123 11.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


《新たな造形》は、戦場のアーティファクトをデッキの中のアーティファクトに変えるカード。


boku123 05.jpg


デッキの中のアーティファクトは《荒廃鋼の巨像》だけなので、必ずこれが出てきます。
では、元となるアーティファクトはどうやって用意するのか。
その答えは《金のガチョウ》による食物トークンです。


その他の部分は、青と緑の優秀なカードで固めています。


boku123 06.jpg


謎めいた命令》《精神を刻む者、ジェイス》は共に青トップクラスのパワーを持つカード。
《新たな造形》がまだ手札に無い場合の4マナの動きをこの2枚で埋める事で、相手にプレッシャーを与えつつ時間を稼ぐ事が出来ます。
そしてサイドボードの《活性の力》ですが、代替コストでマナを払わずに使える強力な効果を持つサイドカードとして活躍します。
2枚破壊出来るのはやはり強力ですね。


モダンならではのコンボデッキ。
最近の青緑に吹く追い風の恩恵を受けていますね。


  


  


最後にレガシーから、ペインターデッキを紹介します。


boku123 12.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


ペインターと言えば赤単ですが、このデッキは多色構成。


boku123 07.jpg


絵描きの召使い》が居る状態で《丸砥石》の能力を解決すれば勝利となるこのデッキ。
コンボパーツを墓地から拾う事もあるのですが、その場合《湖に潜む者、エムリー》はかなり良いカードとなります。
勿論《ゴブリンの溶接工》《ゴブリンの技師》も搭載しており、コンボはかなり揃いやすいですね。


オパールのモックス》等を使って好きな色マナを出せるので、色を問わず強力なカード達を自由に採用出来ます。


boku123 08.jpg


王冠泥棒、オーコ》は最近特にレガシーで流行っているカード。
やはり高い対応力と忠誠度、軽いマナコストは強力無比です。
ボーラスの城塞》は強力なカードアドバンテージを生む1枚で、このデッキには0~1マナのカードが多く入っているのでかなりデッキを掘り進める事が可能です。
そして《渦まく知識》はコンボデッキなら是非とも採用したいカード。
これが入っているだけでコンボの揃いやすさは段違いとなります。


最近効かないデッキが増えている《血染めの月》を採用せず、多色化して環境に適応しようとしています。


 


いかがだったでしょうか。


今回も4フォーマットのデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0