BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『オンラインの注目デッキ』編 - スタンダード・モダン・レガシー・パイオニア

こんにちは!朴高志と申します。


各店舗が続々とデュエルスペースを閉鎖していますね...
コロナが終息するまではこんな感じでしょうが、今を耐えて未来へ繋いで行きたいところです。


さて、今週も4フォーマットからデッキを紹介していきます。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


まずはスタンダードから、ティムールカラーのデッキ!


boku122 09.jpg


※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


荒野の再生》デッキです。


boku122 01.jpg


《荒野の再生》から大量のマナを出し、《発展/発破》で止めを刺すデッキ。
タッサの介入》も《荒野の再生》と相性が良く、必要なカードを探して来たり打ち消したりと状況に応じて使い分けれる強力な呪文です。


クリーチャーによるビートダウン戦略も搭載。


boku122 02.jpg


瞬速持ちをメインに、少数精鋭で構成されています。
厚かましい借り手》《夜群れの伏兵》は言わずと知れた瞬速デッキの主力。
打点も高く、隙無く展開出来るこれらはかなり頼りになります。
自然の怒りのタイタン、ウーロ》は、とりあえず青緑なら入れておけばいいというくらいには見かけます。
このデッキでもその強さは健在で、序盤を支えつつ中盤以降はフィニッシャーとして活躍します。


コントロール系ティムール再生と青緑フラッシュの中間のようなデッキで、少ない隙でパワーの高いカードを扱えるのが魅力的ですね。


 


 


パイオニアからは、青黒緑昂揚デッキを紹介。


boku122 10.jpg


※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


墓地に4種類以上のカードがあると高い効果が出る「昂揚」を使うデッキです。


boku122 03.jpg


目指すのはこの2枚、《墓後家蜘蛛、イシュカナ》《約束された終末、エムラクール》による制圧。
ウルヴェンワルド横断》によってサーチ出来るようになればこっちのもの、一瞬で戦局をひっくり返すパワーを持ちます。
他にも《残忍な騎士》を持って来てクリーチャーやプレインズウォーカーを破壊したり、《漁る軟泥》で墓地対策をする事も出来ます。


その他の部分は除去が多めとなっていますが、昂揚の特性上、様々な種類のカードが入っています。


boku122 04.jpg


歩行バリスタ》なんかも採用し、積極的に昂揚を狙っていきます。
悪夢の詩神、アショク》はタフな5マナプレインズウォーカー。
単純に強く、やられても昂揚の条件を満たしやすくなるので、無駄がありません。
クルフィックスの狩猟者》はエンチャントでもある点がこのデッキにとってはありがたいところとなります。


昂揚を達成出来た時の強さはかなりのもの。
序盤を凌げばかなりの強力さを誇ります。


 


 


次はモダンから、ほぼグルールの速攻デッキ!
白要素は《野生のナカティル》のサイズ修正とサイドボードの《スレイベンの守護者、サリア》2枚だけなので、実質グルールと言ってしまっていいでしょう。


1boku122 10.jpg


※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


2ターン目に大量展開し、そのまま押し切る事を狙ったデッキです。


boku122 05.jpg


炎樹族の使者》《隠れた薬草医》を連打し、《無謀な奇襲隊》へと繋げます。
《隠れた薬草医》は緑マナしか出ませんが、《炎樹族の使者》で赤マナを発生させる事が出来るので、《無謀な奇襲隊》へと繋げる事が可能となるのです。
他にも1マナクリーチャーを2体出したり、《タルモゴイフ》を投入したりと、2ターン目の動きはかなり凄まじいものがあります。


他のカードも速攻と相性のいいカードばかり。


boku122 06.jpg


3ターン目以降はこれらでバックアップ。
終わりなき踊りのガリア》は他のサテュロスこそいませんが、ドロー能力によって息切れを防ぎ火力を探す事が出来ます。
アタルカの命令》《ゴーア族の暴行者》は共に最高の押し込み性能を持つカード。
このデッキはかなり速度があるので、《アタルカの命令》《ゴーア族の暴行者》のどちらか一枚でゲームが終わってしまう事も珍しくはありません。


超速攻とも言えるビートダウンデッキ。
一瞬でライフを持って行き、相手の度肝を抜く事が出来ますよ。


 


 


最後にレガシーから、赤単バーンを紹介します。


boku122 11.jpg


※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


レガシーのバーンと言えば、《ゴブリンの先達》から攻めて《火炎破》で止めを刺すデッキですが...


boku122 07.jpg


このデッキは《損魂魔道士》《僧院の速槍》のダブル果敢クリーチャーを序盤に出して攻める構成になっています。
信仰無き物あさり》はこのデッキだと捨てて嬉しいカードはありませんが、果敢を進めて要らない土地を捨てられるので、割と重宝します。
そうやって呪文を墓地に溜めたら《騒乱の歓楽者》で一気にドロー、火力の連打で止めを刺します。


他のカードも、果敢を意識しています。


boku122 08.jpg


溶岩の投げ矢》は最近多い《氷牙のコアトル》に対して有効で、果敢クリーチャーが居ればダメージ効率も悪くありません。
削剥》は本体にダメージが当たらない事から本来はメインに入らないカードですが、このデッキは《虚空の杯》が出てしまうと何も出来なくなってしまう為、採用されています。
そして《ミシュラのガラクタ》4枚投入。
タダで果敢出来るとあって実質パンプスペルのような運用をします。
デッキの一番上を見る能力によって、相手のデッキタイプを1ターン目から予想しながら攻めれるカードでもあるので、メイン戦をより強く戦う事が出来ます。


徹底的に果敢に拘り抜いた構成。
新時代のレガシーバーンと言う感じですね。


 


 
いかがだったでしょうか。


今回も4フォーマットのデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0