BIGs 朴高志のスタイリッシュ!『フォーマットを飛び越えて活躍するデッキ』編 - スタンダード・モダン・レガシー・パイオニア

こんにちは!朴高志と申します。


新型コロナウィルスの流行で、各地の大会が中止になっていますね。
マジック的には厳しい状況ですが、逆に友人同士の練習やMO、MTGアリーナでデッキを煮詰める絶好の機会なのかも知れません。


さて、今週も4フォーマットからデッキを紹介していきます。


それでは早速、本題に入っていきましょう!


 


まずはスタンダードから、白黒エンチャント!


boku118 09.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


パイオニアに存在するデッキをスタンダードでも!


boku118 01.jpg


エンチャントに関係するクリーチャーを出し、ビートダウンをしていきます。
憎しみの幻霊》《騒音のアフィミア》はカードアドバンテージを稼ぎ、オーラ戦術の弱点を埋めてくれます。
これにより、息切れを防ぎしつこく攻める事が可能。
星原の神秘家》はエンチャントのコスト軽減が魅力的なクリーチャー。
このデッキは《太陽の恵みの執政官》を入れているので、コスト軽減したエンチャントを同一ターンに出しやすくなるのはメリットとなりますね。


採用されているエンチャントはというと・・・


boku118 02.jpg


定番のオーラ《きらきらするすべて》で打点を上げ、《ぬかるみの捕縛》で相手のクリーチャーを除去していきます。
これによってクリーチャーを除去した場合、《憎しみの幻霊》をコントロールすれば追加でドローする事が可能です。
《裏切る恵み》は《命の恵みのアルセイド》の絆魂でライフを補填したり《最後の支払い》の追加コストに充てる事で無理なく使用できます。
これらのエンチャントが墓地に落ちた場合《星原の神秘家》の能力が誘発するのでお忘れなく。


コンセプトが明確で、構築のし甲斐があるデッキタイプ。
まだまだ新しいデッキですので、これから活躍するかが楽しみですね。


 


 


次はパイオニアから、青緑エルドラージ!


boku118 11.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


エルドラージの寺院》はありませんが...


boku118 03-1.jpg


土地ではなく8枚投入されたマナクリーチャーで加速し、《難題の予見者》《現実を砕くもの》を展開していきます。
《難題の予見者》は手札破壊が強い今の環境だと相当強力なクリーチャー。
カードを捨てさせるのではなく追放するので、《時を越えた探索》の餌にされる事も無く、多くのデッキが脅威と感じるカードです。
《現実を砕くもの》は最高級のスペックを持ったエースアタッカー。
パイオニアでもほぼ敵無しの戦闘力で、相手のライフをガンガン削ります。


そしてこのデッキはパワーが高いクリーチャーを多く採用している事で、こんなカードも入っています。


boku118 04.jpg


頑固な否認》《キランの真意号》は共にパワーの高いクリーチャーが多く入っている事で運用しやすくなるカード。
特に《頑固な否認》は環境に刺さりやすく、4枚採用されています。
アーク弓のレインジャー、ビビアン》は+1能力、-3能力共にパワーが高いクリーチャーと相性が良く、このデッキなら素晴らしい働きを見せてくれます。
また、大型クリーチャーが除去された後でも《ラノワールのエルフ》達を強くして攻撃させる事も出来、デッキの中核を担っていると言っても過言ではありません。


《難題の予見者》と《頑固な否認》で流行のデッキを対策しつつ殴り切るデッキで、膠着していると思われていたパイオニア環境に一石を投じそうです。


 


 


モダンからは、白単のデッキを紹介。


boku118 12.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


ヘリオッドバリスタコンボ。


boku118 05-3.jpg


パイオニアでお馴染み無限ダメージ。
オーリオックのチャンピオン》も加わり、スピードアップしています。


このデッキは土地が18枚とかなり少なく、しかもそのうち4枚は《ニクスの祭殿、ニクソス》。
それはこのデッキが「信心」シナジーによりマナを確保する事でデッキを動かそうとしているからです。


boku118 06.jpg


力線による信心確保はパイオニアの青タッチ黒インバーターでも使われている手法。
かつては緑信心が使い暴れたように、このデッキでも沢山のマナを出す事に貢献しつつ手札破壊から身を守ります。
荒原の境界石》《原霧の境界石》は《ニクスの祭殿、ニクソス》しか土地が無くても白マナを確保出来るカードとなり、同時に信心も稼げます。
また、土地を戻しつつマナは減らないので、《雨ざらしの旅人》と相性が良いです。
これらでブーストし、マナを食うコンボであるヘリオッドバリスタをサポートします。


あまりに多くのマナが出る場合、ビートダウンしつつそのまま巨大な《歩行バリスタ》で仕留めにかかる事も狙えるデッキ。
高速環境であるモダンでも競り勝てるポテンシャルを秘めていると言えそうです。


 


 


最後はレガシーから、《タッサの神託者》コンボ!


boku118 10.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


青黒で構成されるコンボデッキ。


boku118 07.jpg


パラダイム・シフト》か《Thought Lash》でライブラリーを無くし、《タッサの神託者》か《神秘を操る者、ジェイス》で勝利。
《Thought Lash》はライブラリーを1枚追放して与えられるダメージを1点軽減する能力で一気にライブラリーを好きな枚数削れるのは勿論の事、単純に身を守る手段としても使えるカード。
このデッキにぴったりですね。


その他も特徴的なカードが多く採用されています。


boku118 08.jpg


占骨術》はコンボパーツを揃えに行きながら墓地の枚数を調整出来る便利なカード。
《大祖始の遺産》は墓地対策と自身の墓地掃除を兼ねる一品。
また、デッキには《Thought Lash》や《占骨術》等の重めのカードが採用されている事から、青のシンボルが濃いにも関わらず《古えの墳墓》が入っています。


パイオニアではメジャーなコンボをレガシーで作ったらこんな感じになったよと言わんばかりのデッキ。
レガシーの強力なドローと打ち消しに支えられてるので、侮れないデッキとなっています。


 


いかがだったでしょうか。


今回も4フォーマットのデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で。



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0