BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード『マジックフェストに向けた注目デッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


いよいよ今週末はマジックフェスト名古屋!
王冠泥棒、オーコ》を巡る攻防となる事は必至。
そんなわけで、今週はモダンとレガシーをお休みし、スタンダードに絞ってデッキを紹介します。


それでは早速、本題に入っていきましょう!



まずは、青単から紹介します。


boku102 01.png


※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


青単はローテーション前こそメタ内のデッキでしたが、今はあまり見かけません。


boku102 04.jpg


それでも得たものは結構あります。
まず何といっても《厚かましい借り手》でしょう。
出来事とクリーチャー、それぞれの性能はそこらのコモンやアンコモンぐらいの強さですが、1枚のカードになっているとなれば話は別。
バウンスなのにカードアドバンテージの損失が無く、尚且つ3/1の飛行はこの環境で止めにくい存在となります。
瞬速によってバウンスかクリーチャーとしてプレイするか選べるのも良いですね。


老いたる者、ガドウィック》は結構凄い事が書いてあるカード。
引ける枚数は大体2~3枚が目安ですが、青い呪文を唱えると土地でないパーマネントをタップ出来る能力はこのデッキと良く合っています。


プテラマンダー》は前から存在している戦力ですが、強化方法が+1/+1カウンターなので《王冠泥棒、オーコ》に強いのがポイント。


クリーチャーでないカード達も色々変わっていて、こんなカード達も入っています。


boku102 05.jpg


紋章旗》は単色なら良い全体強化になります。
飛行が多いのでタフネスは上がらないという点はあまり気になりませんし、マナが増える事は《老いたる者、ガドウィック》の事を考えると結構いい動きをします。


翼ある言葉》は《航路の作成》が抜けた穴を綺麗に埋めてくれてます。
そして《神秘の論争》はメインに入っている事も珍しくないカードとなりましたが、このデッキでも貴重な低マナカウンターとして仕事をしています。


デッキ構成的にどのデッキよりも《本質の把捉》を上手く使える事も利点ですね。
青緑系デッキ全盛の今ですが、あえての青単、割と価値がありそうです。



次は4色のデッキです。


boku102 03.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


どうやらアリストクラッツ系の、生け贄エンジンを使うデッキのようです。


boku102 06.jpg


基本的には《魔女のかまど》による《大釜の使い魔》使い回しコンボによって《波乱の悪魔》でダメージを与えていく事を目的としています。
そうなると《意地悪な狼》は相性が良いカードですね。


その他の部分は青黒緑フードデッキのような感じですが、見慣れないカードも入っています。


boku102 09.jpg


誰?って思った人もいるはず...ですが、実はこのデッキの主役と言ってもいいのかもしれません。
出るか攻撃するたびに生け贄を要求してくるので、扱いにくさは凄まじいです。
何となく《高みのドラゴン》を思い出してしまいます。
しかしもう一つの能力、何かを生け贄にすると+1/+1カウンターを乗せてカードを1枚引く能力があるので、上手い事生け贄を用意出来ればモリモリ強くなっていっぱいカードを引けます。
《王冠泥棒、オーコ》や《魔女のかまど》、《金のガチョウ》でパーマネントを増やせるので現実的です。
こうして大量のカードと大幅なサイズアップによってゲームを制するのです。


4色によるマナベースの不安は《むかしむかし》《金のガチョウ》《寓話の小道》で解消。
デッキはパワフルで動きも面白いのでオススメです。



最後に紹介するのは、青赤のデッキです。


boku102 02.png


※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


イゼットカラーといえばフェニックスデッキですが、このデッキは違います。


boku102 10.jpg


そして《老いたる者、ガドウィック》というクリーチャー陣。
青赤フラッシュとでも言うべきデッキです。


クリーチャーは単純にこのデッキにおいて合っている強いものが揃います。
その他呪文はと言うと...


boku102 11.jpg


さながらカウンターバーンのような構成です。
イオン化》《ラルの発露》はついでのようにライフを削るカード。
これで見た目よりも高いクロックを出し、相手の計算を大きく狂わせます。


クロックパーミッションのような動きを取る為、サイドボードもそんな感じになっています。


boku102 12.jpg


霊気の疾風》4枚、《炎の一掃》3枚と思い切っています。
《霊気の疾風》はこのデッキなら最大限に強さを引き出せます。
また、横並びに弱いため、《炎の一掃》は多めの採用となっています。


弾けるドレイク》は一撃の重さからそれが必要な相手に対して入ります。
1ドローによってサイド後除去されやすいクリーチャーの補充役も担える優秀さはこのデッキでも健在です。


青赤のクロックパーミッション系デッキという、好きな人にはたまらないデッキですね。


いかがだったでしょうか。


今回はスタンダードから3つデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0