BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード・モダン『エルドレインの力を得た新デッキ』編

こんにちは!朴高志と申します。


『エルドレインの王権』発売間近!
MTGアリーナとMOでは早速環境に入っており、既に様々なデッキが試されています。


さて、そんな訳で今週は特に追加カードの恩恵を受けているスタンダードとモダンから2つずつデッキを紹介していきます。


それでは早速、本題に入っていきましょう!



まずスタンダードからは、


boku098 01.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


エスパーカラーのコントロールデッキですが、その動きは中々に特殊。


boku098 05.jpg


キーカードはこの2枚。
ケイヤの怒り》等で盤面を更地にしたら《予言された壊滅》を出し、相手が枯れるのを待ちます。
こちらは《黄金の卵》等でドローしつつ粘り、先に相手が干上がるように仕向けるのです。
そうして無事《予言された壊滅》の能力が決まり墓地へ行ったら《屋敷の踊り》で《黄金の卵》共々4/4として戦場へと戻すわけです。


boku098 06.jpg


《予言された壊滅》は複数枚出せるのが良い点で、しかも生け贄は相手からなのでかなり強烈。
《黄金の卵》《ギルド球》で引き増せるので複数出す事も珍しくはないでしょう。
当然のように4枚積まれている《時を解す者、テフェリー》もこのデッキとは抜群に相性が良く、とても有効に時間を稼ぎつつ相手を苦しめてくれます。


boku098 07.jpg


ケイヤの誓い》に至ってはエンチャントなので更にたちが悪く、このデッキの為に生まれて来たのかと思うくらい最高の相性を誇っています。
その他の部分に関してはコントロールデッキと言う感じで、サイドボードも良く見るカードが並んでいます。


4/4が大量に戦場へ出ながら相手のアップキープに生け贄を要求する様は悪夢そのもので、その組み合わせをみるとコンボデッキと呼んでも良さそうです。



もう1つスタンダードから、黒単アグロ!


boku098 02.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


何とクリーチャーと土地だけ!


boku098 08.jpg


かなり強い黒のクリーチャーがいくつも追加された事によって実現した黒単アグロ。
ロークスワインの元首、アヤーラ》はこのデッキの主役で、とりあえず出て他のクリーチャーを出すだけで仕事をする凄い奴。
これでライフをもりもり削っていきます。
悪ふざけの名人、ランクル》《残忍な騎士》は除去担当。
当然強いのですが、《悪ふざけの名人、ランクル》は打点が、《残忍な騎士》はカードアドバンテージでそれぞれ優れており、このデッキの重要カードとなっています。


他の小粒達もいぶし銀。


boku098 09.jpg


何といっても《真夜中の騎士団》です。
序盤なら2/2飛行、後半引いても墓地回収しつつ2/2飛行と、いつ引いても無駄にならないと言って良いアグロクリーチャーは本当に素晴らしいですね。
ラゾテプの肉裂き》は貴重な2マナで2体の黒いクリーチャーを出せるカード。
そして《忘れられた神々の僧侶》はこのデッキのどのカードとも相性が良く、実に良い動きをします。
何せ全部クリーチャーですから、生け贄には困らないでしょう。


これらのカードで殴りつつ、なんなら殴らなくてもライフを削りまくれるというデッキになっています。


サイドボードには期待の新サイドカード、《魔女の復讐》を搭載、相手のクリーチャーだけ一方的に流す事が出来るようになっています。
これだけ思い切ったデッキ構成は使ってて楽しいと同時に相手からしたら相当厄介なので、中々に良いデッキだと思います。



モダンからは、マーフォークを紹介。


boku098 03.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


マーフォークに追加カードなんてあったっけと思ったら...


boku098 10.jpg


マーフォークでは無いけど強力なクリーチャーです。
特に《霊気の薬瓶》に頼りがちなこのデッキでは相性が良く、《霊気の薬瓶》を引けたときはマーフォークを展開しつつ構える事が出来、引けなかった時も出遅れをバウンスでカバーし3ターン目に飛行を出しながら4ターン目に2マナマーフォーク同時展開で攻め返す事が出来ます。
その他の構成は普通にマーフォークで、《広がりゆく海》を使える点からトロンとも戦えるビートダウンとなっています。


追加カードはむしろサイドボードに多くあります。


boku098 11.jpg


メインボード戦で《厚かましい借り手》を構えているのを知った相手に対して《惑乱スプライト》を構えるというのは結構いやらしい動きになりそうです。
飛行クロックである点も素晴らしいですね。
神秘の論争》は青に対するアンチカード。
欲深い衝動》は青単なのに優秀な手札破壊を行える凄いカードで、相手のカードを使える所なんかはとんでもない強さです。
今流行りの装備品等を奪えたら最高ですね。


さり気に多くの追加を得ているデッキで、他の青いデッキも例に漏れないのでこれらのカードは良く見る事になりそうです。



最後にもう1つモダンから、ウルザソプターです。


boku098 04.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます


最高の追加カードを貰ったデッキと言っていいのではないでしょうか。


boku098 12.jpg


何とコンボが一種類追加されてしまいました。
ジェスカイの隆盛》がある状態で《湖に潜む者、エムリー》《ミシュラのガラクタ》が揃うと無限ドロー&無限パンプ。
勿論《弱者の剣》《飛行機械の鋳造所》のコンボもあるので、とても止めにくくなっています。
どちらかを揃えれば勝てるため、かなり楽ですね。


コンボのスピードは早く、上手く行けば2ターン目には無限コンボが決まります。
そうなるともう並のデッキでは止められないので、これは凶悪。


その他の部分は新たに《魔法の井戸》が追加されたくらいで、従来のものと大きく変わってはいないです。
ホガークに変わる最速デッキとして、これからは要対策になると思われます。


いかがだったでしょうか。


今回はスタンダードとモダンからデッキを紹介しましたが、この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!



MTG『エルドレインの王権』Bigweb特設サイト


MTG『エルドレインの王権』シングルカード予約受付中


↑↑『エルドレインの王権シングルカードの予約はこちら』↑↑

カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0