【GP名古屋2018】日本レガシー選手権・秋 決勝 塩見 泰久(愛知)vs 田村 一(愛知)

GP名古屋2018日本レガシー選手権 決勝 塩見 泰久(愛知)vs 田村 一(愛知)


by Tatsuo Sekimoto


DSC_0203.JPG



GP名古屋2018日本レガシー選手権決勝。勝ち残った二人は「TEAM四日市レガシー」を通して知り合ったそうでお互いのデッキも把握しているようだ。つまり塩見がグリクシス・デルバー、田中が5色サルベイジャーであるとお互いが認識した状態で決勝が始まった。


田中のデッキは《直観》から《オーリオックの廃品回収者》《ライオンの瞳のダイアモンド》《堀葬の儀式》の他にも、《アズカンタの探索》+《小悪魔の遊び》といったギミックが大量に含まれている。そういった意味ではデッキがばれている影響が大きいのは田村と言えるのだろうか。


だが、そんなことは実際に試合をやってみなければわからない。泣いても笑ってもこれで最後。決勝が始まる。



Game1
互いに1マリガン。先手の田村が《古えの墳墓》を倒すと塩見から「死んだ...」と呻き声がする。
《虚空の杯》X=1がプレイされ1マナが封殺される。


1ターン目に唱える呪文がなくなった塩見は何もせずターンを返す。
その間に田村は《オパールのモックス》と《アズカンタの探索》を並べる。


塩見は2ターン目に《若き紅蓮術士》を出す。この《若き紅蓮術士》は返しの《小悪魔の遊び》で除去されるが《目くらまし》をプレイしてトークンを最後に残す。その後も《直観》を《意志の力》でカウンターするなど要所要所は抑える塩見。しかし、追加で出た《虚空の杯》X=2に頭を悩ます。


攻め手が1/1のエレメンタル・トークンに限られた塩見。田村のライフは《古えの墳墓》でガリガリ削れているのだがまだまだ遠い。



DSC_0212.JPG


田村 一


 


田村はさらに《虚空の杯》X=3をプレイ!《虚空の杯》が2枚並ぶことはしばしばあるが3枚並ぶことなど滅多にない。ギャラリーも思わず噴き出してしまう。
しかし塩見に取っては笑いごとではない。残された呪文は《意志の力》と《グルマグのアンコウ》のみだ。それ以外はただただ虚空に消えていく。


塩見はエレメンタル・トークンで殴るがまだ8点もあり遠い。
そうしている間に田村は《アンティキティー戦争》をプレイ。さらに《アンティキティー戦争》から引き寄せた《歩行バリスタ》で戦線を固める。


1・2・3マナ域を封じられた状態の塩見には為す術がない。刻一刻と進んでいく歴史を見守るのみだ。《アンティキティー戦争》が最終章に達したとき35点分のアーティファクト・クリーチャーが塩見を圧殺した。


塩見 0-1 田村



Game2


先手の塩見は初手をキープ。田村は少し悩んでマリガンを選択。先程マリガンして良い手札が来たためそれほどためらいはないようだ。
だが、今度はため息と苦笑が出る。


田村「まあ、やります」


《虚空の力線》をゲーム開始時に2枚並べる田村。しかし、あまり本意ではないようだ。


先手の塩見は1ターン目に出した《秘密を掘り下げる者》を勢いよく変身させる。さらに追加した2枚目も《渦まく知識》で変身させあっという間に6点クロックを作る。
田村が動き始める前に11点まで削った塩見。手札に《目くらまし》まで構えて万全だ。


返しで出た《虚空の杯》はスルーして盤面のクロックに託す。《目くらまし》は本命に温存してアタックを続行する。
しかし、その前に田村が先に音を上げた。


田村「今のはきつい...」


塩見「流石にね」



塩見 1-1 田村



田村「初手に《虚空の力線》が3枚来たからマリガンしたら2枚来た。変わってない(苦笑)」



Game3
3戦目は二人ともそれほど悩まずに7枚の手札をキープした。お互いに自身のある初手のようだ。
1ターン目の田村の《虚空の杯》は《意志の力》で打ち消した塩見。その勢いのまま《秘密を掘り下げる者》を自分のターンに出す。


田村「強い...」


ここで変身...となればいよいよ勢いづくのだがそこまではいかない。1点の状態で殴ったあとに塩見は《思案》を唱える。1枚取ってからフェッチランドを挟みもう一度《思案》。


田村は《地平線の梢》を起動してから《ディミーアの印鑑》をプレイ。だが、塩見の《目くらまし》によって打ち消される。


DSC_0209.JPG


塩見 泰久


《思案》で積みこんだ《呪文貫き》をめくり変身した《秘密を掘り下げる者》。塩見は《昆虫の逸脱者》でアタックしてから《グルマグのアンコウ》をプレイする。展開と妨害を流れるようにこなすデルバーデッキのお手本のような攻め方だ。


田村も《仕組まれた爆薬》X=1で抵抗するが《グルマグのアンコウ》が止まらない。《グルマグのアンコウ》のアタックが通り田村のライフは残り7点。


塩見「これでお願いします!」


《真の名の宿敵》を叩きつけたのは塩見。残り7点を押し込むのに全てを、優勝をかけて勝負に出る!


残り1ターンしかない田村。ドローを見ると少し吹っ切れた表情で投了を宣言した。その瞬間回りから割れんばかりの拍手が生まれた。



塩見 2-1 田村


塩見 win!


DSC_0217.JPG



GP名古屋2018日本レガシー選手権を制したのは塩見 泰久(愛知)!おめでとう塩見!


グランプリ・名古屋2018 特設ページに戻る


関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0