【GP名古屋2018】日本レガシー選手権・秋 準決勝 石丸 直樹(東京)vs. 田村 一(愛知)

text by Yohei Tomizawa



 準決勝を戦うのは「グリクシスコントロール」の石丸 直樹と「5色サルベージャーコンボ」の田村 一だ。


 石丸にレガシーの調整方法を聞くとMOと教えてくれ、オンライン上で調整された「グリクシスコントロール」の秘儀を明かしてくれる。基本地形の多いマナベースとサイドボードの《基本に帰れ/Back to Basics》は、特殊地形の多い「エルドラージ」や「ポスト」を確実に狙い撃つ。


 「パックがもらえればくらいの軽い気持ちで参加を決めたので、まさかここまで勝てるとは。」と望外の勝利に驚いているようだったが、これまでの研鑚の結果だろう。



 対する田村はパーカーにプリントされた「TEAM四日市レガシー」の文字を見せてくれる。三重県四日市を中心に結成されたチームへの加入条件は強さと親密さの両方が必要とのことだ。


 使用するのは《オーリオックの廃品回収者》と《ライオンの瞳のダイアモンド》を主軸に据えたコンボデッキ。このエンジンへ《堀葬の儀式》を組み合わせることで、《直観》1枚でコンボ体制を整えることができるお手軽エンジンが採用されている。


 更にコンボのサーチ手段だけでなくフィニッシャーも独自のチョイスがなされている。定番の《歩行バリスタ》に加え《小悪魔の遊び》《練達飛行機械職人、サイ》といった無限マナエンジンと相性のいいカードたちと、「グリクシスコントロール」のようにエンチャントやアーティファクトといった置物への対処手段が限られているデッキ用に《アンティキティー戦争》、《軍勢の集結》が用意されている。独自の調整がなされたこのデッキは『エターナル・ウィークエンド・アジア2018』でも10位と好成績を残している。



nagoyalese2握手.jpg


ゲーム1


 先手の石丸は《汚染された三角州》から《島》をフェッチすると《思案》。チェックした3枚はいずれも呪文であり追加の土地を持たないためリシャッフルを選択するが、このドローも土地ではない。表情にこそ出さないが、次のドロー次第では早々と決着がついてしまう可能性すらある。


 田村が《古えの居住地》と《オパールのモックス》を並べると、石丸は無事《Underground Sea》をトップデッキし《思考囲い》。


 《練達飛行機械職人、サイ》、《軍勢の集結》に《古えの居住地》を含む3枚の土地を確認すると、《ウルザの後継、カーン》を落とし《渦まく知識》を唱える。



nagoyalese2石丸.jpg石丸 直樹


 《古えの居住地》の2枚目をセットすることで金属術を達成し、田村は2ターン目に《練達飛行機械職人、サイ》を召喚し、サルベージャーコンボではなくクリーチャーによるダメージクロックを用意し、早期決着を図る。


 石丸の問題は手札に《意志の力》がないことでも、《練達飛行機械職人、サイ》への対処方法でもない。《渦まく知識》を使ってまでも3マナへと伸びないマナベースだ。《渦まく知識》で土地もリシャッフル手段も引き込めなかったということは、この後2ターンに渡りドローが固定され、土地を引き込めないことを意味している。


 コンボデッキでありながら対処の難しいパーマネントを採用している田村は、追加のダメージソースとして《軍勢の集結》をキャストする。


 石丸のマナベースとは対照的に田村のクロックはターンの経過とともに膨れ上がり、僅か2ターンでライフは半分以下へと落ちる。


 インスタントによる干渉手段をもたない田村のデッキは受けるのではなく攻めることに活路を見出し、脅威を展開し続けることで早期決着をも狙うことができる。


 田村の目論見通り、倍化するクロックを前に石丸のライフは0を割った。


石丸 0-1 田村




ゲーム2


 石丸は《思考囲い》を唱え、田村の行動を丸裸にする。


 《アンティキティー戦争》、《突然の衰微》、《アズカンタの探索》、《ディミーアの印鑑》を確認すると、《古えの墳墓》に着目して《虚空の杯》が捨てさせる。


 田村は《古えの墳墓》から《ディミーアの印鑑》をプレイし一気に2マナのジャンプアップ。


 《悪意の大梟》でドローを進めた石丸に対し、田村がキャストするのは《アンティキティー戦争》。2ターン目に4マナへ辿り着いている事実もさることながら、なんとこれが解決されてしまう。



nagoyalese2田村.jpg田村 一


 《思案》、《アズカンタの探索》とドローを進め解決策を求めるが、石丸は有効なカードを引き込めない。


 打ち消し呪文を掻い潜り《虚空の杯》をX=1で通すころには《アンティキティー戦争》の上には2つ目の伝承カウンターが置かれ、計4枚のアーティファクトをコントロールする状況を作り上げる。


 度重なるフェッチランドの使用により石丸のライフは15であり、ブロッカーは《悪意の大梟》1体のみ。解決策である《紅蓮破》を求めるが、手に入るのはこの状況下で神ではなく紙となり果てた《精神を刻む者、ジェイス》ばかり。


 田村が英雄譚の上に3伝承カウンターを配置し場のアーティファクトたちへ生命の息吹を注ぎ込むと、石丸は苦笑しながらも右手を差し出した。


石丸 0-2 田村


田村、Win!


グランプリ・名古屋2018 特設ページに戻る

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0