【GP京都2017】日本レガシー選手権2017夏 準々決勝 此口 勇志(富山県)vs 永橋 玲(大阪府)

日本レガシー選手権2017夏 準々決勝 此口 勇志(富山県)vs 永橋 玲(大阪府)


by Tatsuo Sekimoto



準々決勝のマッチアップはスイスラウンドの再現となった。二人はすでにスイスの時点で激突しており互いのデッキについて知っているようだ。


此口の今日のデッキは青白石鍛冶だ。触れることが出来ない《真の名の宿敵》を装備品で強化して殴る。というシンプルながら力強い戦略が持ち味だ。
永橋は異色のグリセルピットサイクルを使って決勝ラウンドまで駒を進めた。Tinfinsと同じく《暗黒の儀式》《納墓》《浅すぎる墓穴》というパッケージを備えているのだが、コンボが始まったあとのエンジンが特殊である。通常のTinfinsならライフ回復に《コーリスの子》を使っているが、永橋のデッキでは《毅然たる大天使》が使われている。そしてマナの供給源には元祖「ピットサイクル」で活躍した《スカージの使い魔》が採用されている。


JPLS_01.jpgJPLS_02.jpg


Tinfinsの亜種というにはあまりにも禍々しいリストである。その動きはどちらかといえば往年の「ピットサイクル」に近いだろう。



Game1


P1070819.JPG
(此口 勇志)

先手の此口は即座にキープを決めた。後手の永橋は悩んでマリガンをする。永橋は占術でライブラリートップを見て下に送ってゲームが始まった。


ゲームが動いたのは後手2ターン目。永橋は《陰謀団式療法》をプレイしてジャブを放った。
此口は対応して《渦まく知識》を唱えて手札を隠す。
解決後、永橋は《意志の力》を指定してヒットさせ《意志の力》を墓地へ送る。そのあとに《暗黒の儀式》から《納墓》、《死体発掘》を唱える永橋。


ここで待ったがかかり、此口は手札にあった2枚目の《渦まく知識》を唱える。しかしそれ以上対応がなく《グリセルブランド》が戦場に出る。


「ピットサイクル」で活躍した《ヨーグモスの取り引き》は違法パーツだが《グリセルブランド》は合法。何の気兼ねもなく永橋は14点ライフを支払いもりもりカードを引いていく。《水蓮の花びら》から《暗黒の儀式》を唱えマナを確保。そのあとに《納墓》から《毅然たる大天使》を墓地へ送り《死体発掘》でつり上げる。ライフが20点に戻り、また《グリセルブランド》のドローが始まる。今度は《スカージの使い魔》を墓地に送り釣り上げる。これでマナ、ライフ、ドロー三位一体が揃った。




P1070823.JPG




現代に蘇った「ピットサイクル」であるグリセルピットサイクル。ライフ、デッキ、手札、盤面のリソース。あらゆるものを使って勝つその姿から「最も美しいコンボデッキ」と呼ばれた「ピットサイクル」にふさわしい動きだ。最後は現代の《魂の饗宴》、《苦悶の触手》を唱えて此口を葬った



此口 0-1 永橋




Game2
此口はワンマリガン。
互いに6ターン目までは土地を置きあう静かな展開だ。


此口はその間に《対抗呪文》と《狼狽の嵐》を構えて待ち受ける。しかし相手が仕掛けて来ないと見るや、此口は自分からゲームを動かし始めた。エンド前に出した《瞬唱の魔道士》で殴り、さらに《精神を刻む者、ジェイス》をプレイする。


これまでじっと待っていた永橋にとって土地が1枚しか立っていない今はチャンス。永橋は《集団的蛮行》を増呪でプレイして《瞬唱の魔道士》の除去と手札から《狼狽の嵐》を捨てさせる。その後《Grim Tutor》で《墓所のタイタン》をサーチしてエンド。


P1070817.JPG
(永橋 玲)




ターンが返ってきた此口は《精神を刻む者、ジェイス》を起動してエンドする。


永橋は《思考囲い》で《対抗呪文》を捨てさせたあとに、《暗黒の儀式》を唱える。そこから《集団的蛮行》で《墓所のタイタン》を唱えるためのお膳立てをする。
此口は対応して《渦まく知識》。《真の名の宿敵》を退避させ手札破壊を受け入れる。


永橋は《剣を鍬に》を捨てさせて《墓所のタイタン》をプレイ。《精神を刻む者、ジェイス》の攻略に乗り出した。
此口はエンド前に《封じ込める僧侶》をプレイ。さらに自分のメインに《真の名の宿敵》を2体並べて《墓所のタイタン》を待ち受ける。


永橋は《精神を刻む者、ジェイス》に向かってフルアタック。《真の名の宿敵》2体によって《墓所のタイタン》が討ち取られ、《封じ込める僧侶》はゾンビ・トークンと相討ちになる。
防衛線を1体のゾンビ・トークンが抜け、《精神を刻む者、ジェイス》の忠誠値を1にまで削る。


戦闘によってゾンビトークン3体のみとなった永橋はもう一度《墓所のタイタン》を釣るべく《暴露》を唱える。しかしその思惑を察知され此口から《外科的摘出》が飛んできて《墓所のタイタン》が追放される。永橋はやむなくターンを渡す。


睨みあいになるが《精神を刻む者、ジェイス》がいかんともしがたくアドバンテージ差がどんどん広がっていく。ついに《真の名の宿敵》も殴り始め、ゾンビ・トークンもバウンスされていく。《真の名の宿敵》2体と《封じ込める僧侶》が永橋のライフを削り切った。


此口 1-1 永橋




Game3
両者7枚キープ。先手の永橋は《思考囲い》で《渦まく知識》を捨てさせる。永橋の残りの手札は《グリセルブランド》《墓所のタイタン》《虐殺》《毒の濁流》《死体発掘》とどちらかと言えば受けの手札だ。しかし、《納墓》か《集団的蛮行》をトップデッキ出来たならすぐにでも仕掛けられそうだ。


此口は《封じ込める僧侶》でリアニメイトプランを封じつつ攻める。
永橋も《思考囲い》で此口の牙城を崩そうとするが非常に硬い。《意志の力》《外科的摘出》《外科的摘出》《瞬唱の魔道士》《狼狽の嵐》《渦まく知識》を公開されげんなりする永橋。とりあえず《意志の力》を捨てさせるがまだまだ問題が山積している。




P1070828.JPG




永橋は《封じ込める僧侶》を除去すべく《虐殺》をプレイする。
此口は対応して《瞬唱の魔道士》。《渦まく知識》をフラッシュバックしてから《狼狽の嵐》で《虐殺》を打ち消そうとする。
しかし、ここが勝負どころとばかりに永橋は《暗黒の儀式》を持ち出して無理矢理マナを払う。


まだ準備が整っていない永橋はダメージクロックを排除したい。《暴露》で此口から《真の名の宿敵》を捨てさせる。


我慢が功を奏して《陰謀団式療法》を引き当てた永橋。さっそく《外科的摘出》を狙うが《渦まく知識》でかわされる。しかも公開された手札は相変わらず固い。


永橋はリアニメイトプランは不可能と判断して直接プレイする方針に切り替えた。永橋は《厳かなモノリス》をプレイして素出しの準備が整ってから《思考囲い》を唱える。《対抗呪文》を落とし《墓所のタイタン》をプレイ。対応で出てきた《瞬唱の魔道士》は《根絶》で誘発対象を潰す。


ここまで永橋の作戦通りだが、此口も座して見ているわけではない。《剣を鍬に》で《墓所のタイタン》を即座に農場送りにする。


それでも永橋にとっては十分。《墓所のタイタン》の落とし子たちががっちり《瞬唱の魔道士》を止め永橋のライフを守る。


だがこれはあくまで前哨戦。本命のぶつけ合いは次のターンに起こった。此口が《精神を刻む者、ジェイス》を出した返しに永橋は《グリセルブランド》を通常コストでプレイ。これを通す。


ターン終了時に此口は《剣を鍬に》をプレイ。
永橋は対応して7枚ドロー。ドローが解決後に《外科的摘出》で《意志の力》を追放してターンエンドする。その手札にはしっかり《墓所のタイタン》を確保している。


此口は《精神を刻む者、ジェイス》で自らの《瞬唱の魔道士》をバウンスして《対抗呪文》を構える。
永橋はゾンビ・トークンを生け贄に《陰謀団式療法》をフラッシュバック。手札に戻った《瞬唱の魔道士》を狙う。


此口は対応して《外科的摘出》で《虐殺》を追放してから手札の《封じ込める僧侶》と《瞬唱の魔道士》を出す。
永橋は《毒の濁流》を唱え全滅させようとするが《狼狽の嵐》によって阻まれる。しかしこれは囮で、本命は《Lake of the Dead》からの《墓所のタイタン》通常プレイ。


だが、此口はそれの上を行く《終末》で対処!事前に読み切って準備していたようだ。


それでも永橋は《動く死体》で《真の名の宿敵》を釣り上げてビートダウンを続行。まだまだゲームは終わらない。
此口も《封じ込める僧侶》で殴り合う。


そして迎えたライフ6対6。ダメージクロックはお互い2点だが、永橋の方が先に殴り初めているため有利。


しかしここで此口が《真の名の宿敵》をトップデッキ。此口はこれで2回の攻撃でライフを0に出来る。だが、永橋の戦場には《真の名の宿敵》が。普通なら万事休すなのだがこのときは違った。


《動く死体》は釣り上げたクリーチャーのパワーを-1するというデメリットがある。つまり3度アタックしなければならない。そのため先に殴り切るのは此口。ここに来てデメリットが大きくのしかかった。




JPLS_03.jpg




《封じ込める僧侶》を止めるためしぶしぶ《真の名の宿敵》を立てる永橋。しかし此口の《真の名の宿敵》はお構いなしに殴ってくる。これで永橋のライフは残り3点。


こういうときは流れというものがあるのだろうか。永橋の最後のトップデッキは《解放された者、カーン》だった。普通なら頼もしいプレインズウォーカーなのだが《真の名の宿敵》を触ることはできない。無念!



此口 2-1 永橋


此口 win!




永橋「《解放された者、カーン》の枠は《精霊龍、ウギン》と悩んだところなんですよ」


永橋「(最後の場面は)《精霊龍、ウギン》ならなぁー!」


永橋「《精霊龍、ウギン》に換えます」


グランプリ・京都2017 カバレージページに戻る

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0