【GP京都2017】プロツアー予選『イクサラン』デッキテク:阿嘉俊介の赤青果敢

Text by 森安 元希


(このインタビューはスイスラウンド6回戦終了地点のものです。)





―...第6ラウンドお疲れ様でした。


赤青カラーでの全勝とのことですが、コントロールとは大きく違う構成のようです。



「そうですね。"赤青果敢"の方です。1ターン目《損魂魔道士》2ターン目《嵐追いの魔道士》や《謎変化》といったクロックを並べて、そして3ターン目に《熱病の幻視》を貼って手数で攻めるというものです。」




ptq 03.jpg




―...第6ラウンドでも正に2ターン目に設置した《謎変化》が緑黒エネルギーアグロに対して、迅速なクロックで攻め立てていましたね。《熱病の幻視》はメインからということで、基本的には相手を問わずに貼るのでしょうか?



「自分よりあっちの方が早くて手数の多い赤単には、ちょっとですね。」





―...その赤単ですが、今回上位卓に何人か見かけられますね。想定されていたメタゲームとしては、どういったものだったのでしょうか?



「コントロールと機体が多いのかな、と考えていました。機体には軽い除去で対応していこうかなと。


コントロールには正直メインからかなり有利なので。赤単多いのはちょっと意外でしたね。


特に《熱烈の神ハゾレト》はさわれないのでキツいです。」





―...第6ラウンドは緑黒エネルギーアグロでしたが、そこはいかがでしょうか。



「正直言うと《巻きつき蛇》のようなタフネス3が多いデッキなので、ちょっと辛いですね。


2点火力が多いので。キープ基準が難しいですね」



《巻きつき蛇》は乗せるカウンターを無条件に増やすので、"《損魂魔道士》+《ショック》"で落とせるのは優秀なんですね。





―...サイドボードについても伺えればと思います。



「基本はコントロールをみたカウンター(《否認》、《払拭》)と


アグロを想定した軽い火力(《マグマのしぶき》、《焼けつく双陽》)ですね。


《機略+縦横》はマナランプのウラモグを出すようなデッキに入れます。ライフ10以下になったら、ウラモグに合わせるというような形です。」



―...今日の当たりはいかがでしたか?



「最後緑黒で、赤単2回、機体1回。赤青コン1回。あとはグリクシスアーティファクトのようなデッキですね。


赤単には《マグマのしぶき》と《焼けつく双陽》がしっかり引けたというところですね。」





―...他に特徴的なカードとしては、メインの《嘲笑+負傷》の使用感触はいかがでしょうか?




ptq 04.jpg


「好感触、ですね。1ターン目2ターン目にクロックを出せていれば、3ターン目に10点とか入れられるので。


相手からすると、ケアしにくいカードなんですよね。ライフ18あるからまだ大丈夫だろ。


というところに《嘲笑》で16点とかいれて、残りライフ2で《負傷》と《反逆の先導者、チャンドラ》を用意するとか。」



急に打点が跳ね上がるので、隙を突きやすいわけですね。




―...赤青コントロールと機体を想定されていたというところで、サイドインアウトをお聞きしても宜しいですか?



「赤青コントロールには、カウンターと《機略+縦横》を入れますね。《突破》や《送還》《ショック》のようなカードを抜きます。機体には、《否認》と火力を入れて《突破》のようなカードをやはり抜きます。


あとは先手後手の違いで《損魂魔道士》を抜いたりします。」





―...両マッチで《突破》を抜いて《否認》を入れるというようなインアウトのようですが、メインの《突破》はどのような役割を持っているカードなのですか?



「イメージとしてはキャントリップとして使います。サイド後はより効果的なカードに入れ替える、というところですね。もっと良いカードがあれば、メインも《突破》じゃなくて良いかもしれないですね。」



お話、ありがとうございました。


スイスラウンド残り2戦、決勝トーナメントも応援してます。





ptq 06.jpg


[デッキリスト]


土地
4《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
8《山/Mountain》
5《島/Island》
4《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
2《高地の湖/Highland Lake》


クリーチャー
4《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
4《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》


スペル
4《ショック/Shock》
2《送還/Unsummon》
4《突破/Crash Through》
4《謎変化/Riddleform》
2《削剥/Abrade》
2《嘲笑+負傷/Insult+Injury》
4《焼夷流/Incendiary Flow》
4《熱病の幻視/Fevered Visions》
3《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》


サイドボード
2《機略+縦横/Refuse+Cooperate》
1《ジェイスの敗北/Jace's Defeat》
2《バラルの巧技/Baral's Expertise》
2《払拭/Dispel》
3《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
2《マグマのしぶき/Magma Spray》
2《否認/Negate》
1《力ずく/By Force》


グランプリ・京都2017 カバレージページに戻る

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0