【GP京都2017】日本レガシー選手権2017夏 Round3 浅井 裕登(奈良県)vs 山崎 敏寛(岡山県)

日本レガシー選手権2017夏 Round3 浅井 裕登(奈良県)vs 山崎 敏寛(岡山県)


by Sekimoto Tatsuo


P1070780.JPG


浅井は大阪布団會に所属するプレイヤー。黒を愛し、黒単リアニメイトや黒単ポックスなどを使う。今日はANTを使いここまで全勝と快調だ。だがここで立ちはだかったのがなんと山崎の黒単ポックス。何とも数奇な運命だ。



黒単ポックスはレガシー黎明期から存在する由緒正しきコントロールデッキだ。《小悪疫》でクリーチャー除去と手札破壊、土地破壊を平行して行うことで相手を機能不全にするデッキだ。デッキもその歴史の長さを語るかのように《Nether Void》や《The Tabernacle at Pendrell Vale》のような古いカードから、《ヴェールのリリアナ》のような新しいカードまで新旧混在するリストだ。最新設備のストームコンボか温故知新の黒単ポックスか。二つのデッキが激突する


Game1
浅井がダブルマリガンしたところに山崎は容赦なく《トーラックへの賛歌》を突き立てる。追撃に《小悪疫》まで唱え浅井のリソースをズタズタにする。さらに動けなくなった浅井に《ミシュラの工廠》を向かわせ着実にライフを削る。その後も山崎は《不毛の大地》でしっかり浅井の足を止め続ける。


P1070786.JPG(浅井 裕登)


だがそこはストームコンボ。クロックを刻まれている間に手札を貯め続け一発逆転の機会を窺う。果たしてライフが尽きる前にその刻がやってきた。《暗黒の儀式》《暗黒の儀式》《陰謀団の儀式》《冥府の教示者》と唱えコンボを始動させる。《炎の中の過去》を唱え墓地の黒い呪文を次々にフラッシュバックさせる浅井。《強迫》で脅威がないのを確認してからストーム9の《苦悶の触手》を唱えた。



浅井 1-0 山崎



Game2


P1070784.JPG(山崎 敏寛)



先手の山崎は《墓掘りの檻》で《炎の中の過去》を封じ込める。
後手の浅井は《強迫》で《暗黒の儀式》を捨てさせ山崎のペースをスローダウン。


返しに山崎は《不毛の大地》で浅井の《Underground Sea》を破壊する。さらに次のターンに《トーラックへの賛歌》を唱えた。
浅井は対応して《渦まく知識》で重要なスペルを逃がしたが《トーラックへの賛歌》によって《ギタクシア派の調査》と《蒸気の連鎖》が失われる。


浅井も《強迫》でやり返して《陥没孔》を捨てさせる。
しかしここで山崎が《Chains of Mephistopheles》をトップデッキ。さらに《陥没孔》、《トーラックへの賛歌》とトップデッキを続ける。


浅井のリソースは《汚染された三角州》《ライオンの瞳のダイアモンド》2枚と手札1枚のみとなる。しかしこれでも引き次第では勝てる状況だ。


だが時間は有限だ。山崎は《Nether Void》を唱えてロックを完璧なものとする。


山崎の《ミシュラの工廠》がゆっくり浅井のライフを減らしていく。山崎が《思考囲い》を唱えたところで浅井は投了した。


浅井 1-1 山崎



Game3
お互いに1マリガン。先手の浅井は《ギタクシア派の調査》で山崎の手札に《暗黒の儀式》があることを確認。


浅井「占術は上ですよね?」


と確認すると山崎の手札の《暗黒の儀式》に危機感を覚える。2回目の《ギタクシア派の調査》を唱えるが手札破壊は引けずにターンを渡す。


山崎は後手1ターン目に《暗黒の儀式》から《ヴェールのリリアナ》。トップに眠っていたのはこのカードだった。山崎は《ヴェールのリリアナ》で浅井の手札を削りつつ、《陥没孔》で盤面の妨害もする。さらに《Nether Void》が駆け付け浅井を完璧にロックする。


《ヴェールのリリアナ》の忠誠値が10に膨れ上がるころには浅井の手札はなくなり、《ミシュラの工廠》が20点を駆け抜けた



浅井 1-2 山崎


山崎 win!


グランプリ・京都2017 カバレージページに戻る

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0